FC2ブログ



バリ島到着!

IMG_07611108

もう日付を超えてるので、ヴィラへ直行!
心配事は、海外のホテルって深夜になってもチェックインしていないと、
予約取り消してしまうところがよくあるみたいなのです。
ましてや日付超えてるし。。。

そんなわけで日本から
「フライトの関係で日付超えてしまうけど必ず泊まるので予約キープしておいてください」
と英文で連絡するべき、宿泊予約したagodaからメールを送ろうとしたのだけれど、
何故か予約確定後だからか、宿泊先へ質問みたいなページからエラーで何も送ることが出来ず・・・

調べだすと???になってきたんですよね。
実は「Bhavana praivate villas」という名前は新しい名前みたいで、
旧:アストン・ババナ・ヴィラスというのか、何調べても完璧にヒットしてこなくって。。
バリスタイル」とか「Trip Star」とか経由して、なんとか公式サイトに辿りつき、
メールで連絡したんだけれど、いざヴィラに着いてみると、
「なかなか来ないから心配してた」と言われて、苦労が水の泡。。
結果ちゃんと待っててくれたし、よかったんだけどね

フロントで、明日(実質は今日)の朝食スタイルの希望
(洋食・中華・和食・インドネシア)を選んで、
更にドリンクなども選んで、待ちに待ったお部屋へLet's go!!!

扉を開けると、目の前に広がるプライベートプール!
先ほどのテンションはどこへ行ったのやら、とにかくぐぐ~~~んとテンション急上昇
すごぉぉい、もう超リッチな気分にひたれちゃう

つめたぁいおしぼりと、ウェルカムドリンクを頂いて、
プールが目の前に広がる、オープンリビングのソファーで早速くつろぎます
[ 2011/08/13 02:32 ] Bari | TB(0) | CM(0)

2011 summer バリ島~韓国

bari koreanair

3年ぶりのバリ島!!!
前回はお正月休み(雨季)にツアーで行きましたが、
今回はど~しても素敵なヴィラで泊まりたい!!
しかも1箇所だけでなく2箇所楽しみたい!!
ということで、個人旅行☆
そして、大韓航空でのフライトということで、韓国にもいってきまぁす!!

予定表


工程表
8/12(金) 大韓航空 15:20 セントレア発 → 17:20 韓国着
            18:05 韓国発 → 0:05 デンパサール着
       ババナ・プライベート・ヴィラス泊
8/13(土) クタ散策  タナロット寺院
8/14(日) レンボンガン島でシュノーケル & バナナボート (バリハイクルーズ)
       ヴィラ・アイル・バリ泊
8/15(月) スパ  スミニャック散策
8/16(火) ウブド観光

8/17(水) 大韓航空 1:20 デンパサール発 → 9:25 韓国着
       明洞観光  カジノ(セブンブラック)
8/18(木) 東大門(広蔵市場)散策
      大韓航空 19:00 韓国発 → 20:50 セントレア着
[ 2011/08/12 10:56 ] Bari | TB(0) | CM(0)

最後のショッピング

スパを後にして、マタハリへ向かいました。
スミニャックは渋滞。
まだNew Yearで交通量が多いみたいです(>_<)
ホテルまで帰る時間も、かなり多めにみておかないといけません。

マタハリ・デパートに着くと、急いでお買い物。
食料品はめっちゃくちゃ安いので、かごいっぱいに買いました。


帰国して写真を撮るまでに食べちゃったりしたのもあるので、
実際にはもっとたくさんお買い物してます。
それでも3000円もしてないと思います。
Tim Tamばかり買っちゃってますけど、すごく安いんです。
味も知っているから、安心して買えましたしね。
ポテトチップス類も、ちっちゃいサイズなら10円ちょっとのお値段。
買いまくりました^^
あとかなり安かったのが、甘辛いサンバルソースと、ナシゴレンの素。
どちらも、日本円で50円しないくらいのお値段!!
彼氏なんか、サンバルソース5本くらい買ってました^^
ミーゴレンもインスタントで簡単に帰国しても食べれるし、
あとバリ島の名産じゃないですけど、
最近個人的にはまってる、李錦記のオイスターソース。
日本で買うより断然お得だったので、買いました☆
ナシゴレンなどの横によく添えてあったえびせんも
めっちゃ大きな袋に入って、こちらも40円くらいだったかな??
とにかく、何もかもがお買い得で、
買い物かごい?????っぱいに詰めてしまいました!
なにやら、計算機持って買い物してる日本人いましたが、
そんなことする必要なし!
お買い得と思ったら、すべて購入すべし!!
だって、それほどお買い得なんですから。


アロマオイルもとっても安くって、10本入って300円くらい。
ジャスミンやローズ、オレンジ、レモン、バニラetc...
置いてるだけでもかわいらしいです☆


POLOでポロシャツも買いました。
セール時期でもあったので、約3000円!!
安すぎて涙が出ます(T-T)
あまりきれいに撮影できませんでしたが、
黒地に濃いめのピンクPOLOマークの刺繍が入ってます。
この色の組み合わせ、すごく好きで見た瞬間に決めちゃいました☆


もっともっとお買い物したかったですけど、
時間があまりなかったので、タクシーに乗り込みました。
今日もすごい渋滞なのがわかります。。。
英語で運転手さんに、○時までにホテルに着かなければいけないど、
大丈夫か聞いたら、難しいとの事。。
一方通行なので逆側のタクシーに乗ればもっと早く着くとの事だったので、
初乗りのRp.5000を払ってタクシーを降り、
反対側を走っているタクシーに乗りました。
さっき乗ったタクシーは初日にすっごい渋滞に巻き込まれたように、
クタの真ん中の道を走って向かうルートでしたが
今回乗りなおしたタクシーは、ビーチ側を走るルート。
始めはちょっと混雑してたものの、その後はすいすい走り、
あっという間にホテルに着いてしまいました。
おそらく、始めに乗ったタクシーより40分?1時間は早く着いたでしょう。。
そういうことも、バリ島滞在4日目になってようやくわかるんですね。

[ 2008/01/03 22:01 ] Bari | TB(0) | CM(0)

街スパ

バリ滞在4日目。最終日です。
12時チェックアウトだったので、朝はゆっくり起きて、
部屋で彼とオセロゲームをして(3連勝です☆)、
12時ちょうどにチェックアウトしました。
本当にいいホテルでした。

今日の予定は、スミニャックで街スパ。
その後、初日に行ったクタのマタハリスクエアに行ってお買い物。
夕食を食べて、7時半にホテルに戻り、
そのまま空港へ、22:00のフライトで日本へ帰国です。

12:30には「ウェルビーイング・スパ」のスタッフの方が
ロビーに迎えに来てくれました。
エステは楽しみでしたが、彼氏が全然興味ないのに、
無理矢理一緒にやりたいって、誘ってしまったこともあって
あまりよくなかったらどうしようかとちょっと不安もありました。

バリ・チャンティックという135分のコース。
時間が長いわりに、お値段もそう高くないのが人気みたいですね。
アロマテラピーマッサージ・フラワーバス・
二人のセラピストによるインテンシブクリームバスと足のマッサージ。
HISでオプションで紹介していたので予約をしていました。

フロントで少しお茶をいただきました。

フロントにあったお花です。


スパのお部屋に向かいます。
ちょっと期待が高まったものの、お部屋に入ってちょっとがっかり。
あんまり高級感を感じられなかったんですよね。
両端にベッドがあって、真ん中にお風呂があるんですが、
なんか壁の色が昔の日本のお風呂にあるような
くすんだブールのタイルで、なんだかぱっとしない。

ロッカーがないので、手荷物と服は荷物置きではない
明らかに、スパの道具を置くような棚に、申し訳なく置いて、
それでも全部置けないので地べたに。。

アロマオイルを使ったマッサージもなんだか全然たるくって
まったく気持ちよさを感じない。。。
その後、フラワーバスに入りましたが、
部屋の雰囲気もあってあんまりお姫様気分を味わえませんでした(T-T)
彼氏も、たいして気持ちよくなかったというので、
ちょっと申し訳なくなってくるものの、私はそれでもいいところを探して
明るくフラワーバスのお湯につかっていました。


その後、お部屋を替わって次はクリームバス
(紙にクリームを塗ってさらさらに)。
荷物は持って移動です(-"-)
まずは美容院のように、髪を簡単に洗ってくれました。
でも簡単すぎませんか!?(-"-)
頭のてっぺんだけだったんですけど。。。
シャワーの水圧がめちゃくちゃ弱く、シャワーさえ気持ちよく感じず、
おまけに、始め冷たくてそのあとはずっとぬるかった。。
別に暑いバリ島だからいいけど、冷たいのはどうかと思うよ。

その後は頭にクリームをつけて髪と頭皮のマッサージ。
その間中、もう一人の人が足のマッサージをしてくれました。
けど、その足のマッサージの人、下手すぎてびっくり。
足の裏のつぼを押してるのに、それって押してるの?ってくらい弱く、
なんかその人の目の焦点があっておらず、
ぼ??っとしながらとりあえず、足を触ってくれてます。。
全然やる気が感じられませんが、、しかもあくびするし!!(`д´)
全然気持ちよくないのに、
足触るの(もうマッサージに思えません!)長すぎ!
申し訳なく彼氏のほうを見ると、彼氏の表情も微妙。。。。
うぅぅぅ(T-T)

クリームバスも、足を触れるのも終わり、
髪を洗い流してもらうために洗面台へ。
また弱ぁ?い水圧のシャワーで頭のてっぺんだけ洗ってくれました。
って、頭のてっぺんだけですよ!??
クリームつけたのに、
頭の後ろ首の上はまったく洗ってもらってませんよ!?

そのまままた先程の席に座り、ドライヤーで髪を乾かされる。。。
このままでは気持ち悪いし、後からずっともやもやするのも嫌だし、
わたしは思い切って、シャワーを浴びさせてくれと頼みました。
なのに、シャワーは必要ないとのこと。
足もオイルでなんかべとべとするんですけど・・・!?
なんとかシャワーを貸してくれることになり、隣の部屋に案内されました。
その部屋は始めにマッサージしてもらった部屋に似ていて、
お風呂がありました。
けど、シャワーがないんですけど。。。。??
そしたら、なんか壁からちょろちょろと
細い一つの穴からお水が出てきましたが、
お湯がでないとのことで、なんとお風呂の蛇口で洗う羽目に。。。
シャワーでなく、蛇口で髪を洗うんですよ???
ありえないんですけど。。。。(_ _)

それでも何とか髪をすすぎ、
元の部屋に戻ってドライヤーで乾かしてくれました。
ところが、まだ半乾きの状態で「OK?
」と言われ終了。ちーん。
最悪です。
だって、私の髪はくせがひどく、
ちゃんと乾かさないとぼさぼさなんですよ?
でも、思ったより買い物する時間がなかったので、
もういいと着替えました。
せめて、化粧直しするお部屋で。。。と思ったものの
それさえないんですよ!????
ほんっと、あり得ない、最悪なスパでした!!!!!!

2時間15分のコース、始終リラックスすることもなく終わりました。
彼氏にとってもとっても申し訳なかったです。
レギャンの道もまた少し渋滞で、お買い物の時間が
ゆっくりできない時間となってしまいました。

街スパって、ホテルに比べてこんなものなんでしょうか。。。
日本に帰ってホームページで口コミ見ても悪いことは書いてありません。
うぅぅぅん。。。(> <)
せめてもの救いは、ホテルで最高のスパを体験できたことかな。
あれで$58は高すぎる気がします。。

[ 2008/01/03 21:59 ] Bari | TB(0) | CM(0)

バリダンス

サレン・アグン宮殿でバリのダンス、
レゴンダンスとバロンダンスを鑑賞しました。
あいにく雨が少しだけ降っていたので、隣の集会所で鑑賞です。
もう少し早く着たら前のほうで見れたのになぁ。
真ん中あたりからしか席が空いていなかったので、
残念ながら人の頭がいっぱい写ってしまいました(T-T)


序章。
男の人達が奏でるガムラン音楽。
これぞバリの伝統音楽!!っていう感じで
胸にそして、涙腺にどんどん響いて刺激します。
学生の頃からあこがれてた、バリの伝統。
胸が溢れてきます。


レゴンダンス。
舞っている女性もとってもきれいでした。
独特の指の動きはしなやかな弧を描くようで、
美しさ、また神聖なものさえ感じました。
人間も美しさが表現できるんですね。感動です。
また、目の動きとそれに合わせた顔の表情。
一瞬にして、喜びや哀しみや表情に表れます。
くぎ付けになってしまいました。


バロンダンス。
バロンがサルと戯れる場面がありましたが、ユニークでした。







ダンスといってもバリのダンスは、
今までに見たことのない「芸術」だと私は思いました。
華麗で繊細で、華やかで、美しい。
音楽もどこか神様の奏でる音色のような不思議な音色。
にぎやかだけれど、重みがあって、胸に響きました。

観光によって発展したバリの芸能。
確かに宗教儀礼の伝統的な踊りでなく、
何度か観光客に「見せるため」に造られたような場面もあったと思いました。
学生時代にちょっと学んで(勉強できないので浅かったですけど・・・)
憧れていたバリ、実際に行って肌で感じることが出来て、
そして少し考えさせられて、すごくすごくいい経験が出来ました。

[ 2008/01/02 20:57 ] Bari | TB(0) | CM(0)

ウブド

行きたかったバリの名所は周り終え、ウブドへやってきました。


車を降り、パサール・ウブドという市場をくるっと見て周りました。

ガイドさんと別れて約1時間の自由。
ウブドにはおしゃれなお店がいっぱい並んでました。
ショーウィンドーから見えるワンピースなどのお洋服はとってもかわいく、
あちこち回って入りたかったのですが、
しばらくして雨が降り出してきまいました。。(>_<)
今まで特に外に出ているときは雨に降られたことがありませんでしたが、
ここで降ってきてしまいました。


ちょっとカフェでお茶をすることに。
ここはサッカー場の角を曲がってデウィシタ通りに入って
ちょっと歩いたら左側に合ったカフェ。
お座敷(日本のお座敷ではありませんが)のようなところに
靴を脱いであがって、クションにもたれてくつろげました。
私はチョコレートシェークをオーダーしましたが、
とってもおいしかったですよ☆

その後、ほとんど時間がありませんでしたが、
あるお店でボディが着てたワンピースに一目ぼれして、
ボディーから脱がしてもらって、試着もせずお買い上げ。
後からホテルに戻って着ましたが、ちゃんとぴったり入りました(^^)


黒地に白のお花の刺繍とビーズがあしらわれた、
ちょっとおとなっぽいホルターワンピースです(*^^*)
ちなみにネイビーのワンピは、ウブドに向かう途中で寄った
お土産やさんで、彼氏がプレゼントしてくれました(*^-^*)
胸元がシャーリングでキュート☆
デザインがかわいいけれど、色と柄が落ち着いているので
とっても着やすく、リゾート地に限らず普段使いも出来そうです。
どちらも、バリ滞在中に着て過ごしました(^^)v


その後、ガイドさんと再会して夕食へ。
モンキーフォレストの近くにある「パディ・プラダ」というレストランです。
レストランの2階に上がると、そこは緑が見える素敵なレストランでした。
さっきまで街を走ってたのに、すぐそこに自然が広がってたんです。
ウブドはお店もおしゃれだし、自然も近くにあるし、
今度バリ島に来ることがあったら、ぜひウブドで泊まりたいです。


ガイドさんお勧めのクリスピーダックをいただきました☆
(上の写真はバーベキューソースですが)
すっごくさくさくしてました。
けれどもメインよりも意外と、スープが独特の味でおいしかったです。
何かいんげんに似た緑色をした野菜と、
やわらかい豆の付け合せもおいしかったです。


食べているうちに雨も上がり、夕日が空をオレンジに染めていました。
ホントにいい景色が見られるステキなレストランでした。

[ 2008/01/02 20:46 ] Bari | TB(0) | CM(0)

ゴア・ガジャ

ゴア・ガジャ。
「象の洞窟」といった意味だそうです。




女神様の彫刻が施された沐浴場。
7体あったそうですが、今あるのは6体だけ。


バロンか何かと思っていましたが、こちらは魔女ランダだそう。
目玉の視線のある方は今で移動してしまったそうですが、
当時は入り口があったようです。
悪いものが入ってこないように、じっとにらんで監視してたんですね。

口の中は洞窟になっていて、中に入れます。
入ってすぐ両端は人が座って入れるほどのくぼみがありますが、
昔はここにじっと座って僧侶が修行をしたそうです。
また、置くには神様のシンボルがまつられていました。

[ 2008/01/02 20:25 ] Bari | TB(0) | CM(0)

トゥガララン

トゥガラランのライステラス。
棚田の間に広がるヤシの木に独特の雰囲気を感じます。
時間がないので、ここは車から降りて少し眺めただけ。
店がたくさん並んでしまって、ちょっと見にくかったですが、
こちらのライステラスもとてもきれいでした☆


[ 2008/01/02 20:16 ] Bari | TB(0) | CM(0)

ティルタ・ウンプル寺院


ティルタ・ウンプル寺院に入る前に、大きながじゅまるの木がありました。
がじゅまるの木にはオスとメスがあるそうで
オスは上から根が垂れています。
ブサキ寺院に向かう途中で、車の中からオスの木を見ました。
こちらはメスのがじゅまるの木です。


門が狭いのは、泥棒が大きな荷物を持って逃げれないように。
神様のいるところに繋がる入り口に立つ割れ門ではありません。


お供えがたくさん。
このお供え寺院に限らず、いろんなところで見られました。
ホテルのロビーや、民家やお店の前、車の中。。。
中には一番下に神様のシンボルが入っていて、
その上からお花やお菓子でシンボルを隠してるみたいです。
毎朝毎朝、このお供えは捧げられます。


置く場所には意味があるようです。
地面に置かれているのは、悪霊への捧げもの。
地上に出てきて悪いことをしないように、ご機嫌をとるものなんだって。
そして、地面より上に置かれているものは神様への捧げもの。
ガイドさんの車に置かれていたお供えは、
交通安全のお守り代わりなんですって。


沐浴です。
「ティルタ」とは聖なる水の意味だそう。




こちらの割れ門をくぐると、すぐに壁があります。
それは、悪いものが直接中に入ってきにくいようにとの事です。


いろんな姿をした神様の石像。


祈りを捧げている人も見られました。



聖なる泉。
光が反射して写真にきれいに写りませんでしたが、
したからボコボコと水が湧き出ているのが良く見えました。



[ 2008/01/02 19:54 ] Bari | TB(0) | CM(0)

バリ・コピ

キンタマーニ高原を後にし、ティルタ・エンプルへ向かう途中。
ガイドさんがバリ・コピを味わえるところへ連れて行ってくれました。
そこは、田舎道のような何もないところに突然姿を表した感じでした。


入り口にはカカオの木やバナナ等の
フルーツの木が沢山植えてありました。
そこを通り抜けると、バリ・コピを作っているところが。
このコーヒー豆、2時間以上ひたすら混ぜて炒っているそう。



奥では緑が広がるテラスがあって、そこに掛けると
いきなり、4つのグラスが出てきました。
私、そんなに頼んでないのに!?
実はこれ、すべて無料サービスです。
左からココア・ジンジャー・レモングラス・バリ・コピ。
以外にレモングラスがとってもおいしく、
またバリ・コピも深いコクがあって、
ぜったいフレッシュがなくちゃコーヒーが飲めない私でしたが、
このバリ・コピはブラックで飲めちゃいました!!

バリ・コピは、挽いた豆にそのままお湯を注ぎます。
入れてすぐはコーヒーの粉が浮いて口に入るので、
少し時間を置いて、粉が沈んだら飲むバリ独特のコーヒーです。

そうそう、写真左上に箱が置いているのがわかると思いますが、
これは手作りたばこです。
たばこに中に入ってるなんていうのかわからないけど、
わらみたいなものを、紙に巻いて完成です。
私はタバコを吸わないのでわかりませんが、
彼氏はライトだといってました。


目の前に広がる緑も美しくてリラックスできました。

先程飲んだバリ・コピやレモングラス、
アロマオイルなど置いてあるお店もあったので、
私はここで飲んだバリ・コピとレモングラスを買っていきました。
バリ・コピは街で売っているのとは全然味が違うのだそうです。

また、フルーツも置いてあって、
サービスだといってただで食べさせてくれました。
ライチに似た「ランブータン」とスネークフルーツと呼ばれる「サラック」。
ライチ大嫌い、しかも南国系フルーツは一切だめな私でしたが、
食も文化なので、思い切っていただきました。
そしたら意外。
ランブータンはぜんぜんライチと味が違うし、
スネークフルーツは酸味がきいてなかなかおいしくいただけたのです。
やっぱり、食わず嫌いはだめですね☆

[ 2008/01/02 19:25 ] Bari | TB(0) | CM(0)

キンタマーニ高原

キンタマーニ高原。
なにやらあやしげな名前で、大きな声では言えません(>_<)
彼氏はバリ島行くと決めて、ガイドブックを買ってこの地名を知って以来、
ずっとこの言葉を連呼してきました。。。
けど、この火山の景色はとても雄大さを感じます。

キンタマーニにそびえ立つのはバトゥール山。
標高約 1717mの火山です。
バリ島で一番高い山は、前に訪れたブサキ寺院の
向こう側にそびえるアグン山でした。


絶景を満喫できるレストラン。
キンタマーニのレストランはどこもバイキング形式だそう。
お値段の違いは、景色が見えるか見えないか。
私たちは、一番きれいな絶景が楽しめるレストランをリクエストしました。

そこは、目の前に広がる大パノラマ!
日本で火山を見たことないけれど、観光地って観光化されて
店がたくさん並んでしまってかなり景観を壊してしまっていて、
十分にその美しさを堪能できずがっかりすることが多いですが、
ここはそれはいっさいありませでした。
目の前に広がる風景は、火山と、空と、緑。
そして、そこで暮らしている人々の民家が少しだけ。
晴天ならもっときれいに見えたでしょうが、
霧がかったところもまた火山らしい雰囲気をかもし出していて
それはそれでよかったです☆


お料理の味は普通です。
けれども外で食べるので、ハエと虫との闘いでした(´д`)
ハエはまだ手で払えるものの、ちっちゃな虫がお料理の油で
お皿にも、お料理もぺたぺたとたくさんくっついていきます。。
これ、外国の人は全然気にしてませんでしたが、
私は無理でした......
(´д`)(´д`)(´д`)


噴火によってできた火口湖のバトゥール湖。
この湖の右側に、今なお昔から住んでいる原住民の村があるとの事。
そこへ行くには、船で湖を渡っていかなければなりません。
この村は風葬の村と知られていて、骸骨がたくさんあるそう(>_<)
行きたい人は行けるそうです。

[ 2008/01/02 19:01 ] Bari | TB(0) | CM(0)

ブサキ寺院

バリのヒンドゥー教の総本山でバリ島で一番大きな寺院、ブサキ。
大小30もの寺院が立ち並んでるそうですが、
全部見て周れば半日がかりだということで、
手前のほうのいくつかの寺院を見て周りました。


奥に見えるのは割れ門。
なぜ二つに割れているのかとガイドさんに聞くと、
地上では男と女、善と悪などすべて二つに分かれてるが、
天では分かれるものなく、すべて一つなのだと教えてくれました。
だから、二つに分かれているところが、地上で
そこからは天をあらわすんだと。


神様にお祈りしてるところ。


頭は象、体は人間のバリ島の神様「ガネーシャ」
バリ島にはたくさんの神様の石像が置かれています。
「神々の島」と呼ばれるバリ島は、神様がたくさんいると思われがですが、
実は神様は一人で、その役目ごとに姿を変えるんだそうです。
水の神様だったり、火の神様だったり、力の神様だったり。。
一方、寺院はたくさんあり、街ごとに必ず3つの寺院があるとの事。
だから、バリ島は神々の島ではなく、寺々の島なんだと
ガイドさんは言っていました。




日本で言う三重塔や五重塔のことをバリ島ではメルといいます。
ここで注目したいのは、必ず奇数だということ。
7層、9層、11層と確かにすべて奇数でした。
それは割れ門のときに説明してもらったとおり、
偶数だと二つに割れるけれど、
神様のいるところは分かれるということはないので、
割り切れない奇数なのだそう。
ちなみに、偶数のメルがありました。
このメルは神様を崇めるところではなく、
氏神様を崇めるところなんだそうです。
なるほどぉ!奥が深いです。




割れ門の前にある竹のようなものは、
神様のお祭りのときにたくさんの飾りがつけられるそう。
神様がおりてくるところの目印にって。
日本でいったら鐘楼流しとが門松のような意味と一緒ですね。

そうそう、駐車場から寺院までは少し距離があります。
歩いていける距離ですが、
バイクの後ろにのせて寺院まで連れて行ってくれます。
もちろん有料でがRp.2000で、日本円いったら30円程度。
時間がなくいろいろなところを回りたい人は、利用してもいいと思います。

[ 2008/01/02 18:10 ] Bari | TB(0) | CM(0)

ブキッ・ジャンブル


ブサキ寺院に行く途中にあるライステラス「ブキッ・ジャンブル」
いわゆる段々畑です。
バリ島は四季がないので二毛作なんだそうです。
傾斜地に広がる緑。
ヤシの木が生い茂っているところが、日本では見られない景色だと思いす。

広大なスケールに圧巻すると同時に、どこかのどかで癒されます。
ここはちょっと見ただけ。
午後にはもう1箇所、有名なライステラスに行きます。

[ 2008/01/02 17:53 ] Bari | TB(0) | CM(0)

名所観光

バリ島3日目。
車をチャーターしてバリの名所を周りました。
私たちが車をチャーターした会社はmonsという会社。
1日チャーターしてRp.600.000で延長料金なし。
日本円で8000円弱。
HISでツアーを申し込んだら1万円はします。
しかも、他の観光客も一緒です。
ガイドをしてくださったマロットさんも日本語がとっても上手で、
いろいろなバリを教えてくださって、本当に濃い1日満喫できました。
そうそう、1日回ってホテルまでの間、
日本で予約した際にメールでいろいろ手配やアドバイスをくれた
日本人スタッフの方(社長さんなのかな?)が
ガイドさんのお電話から、挨拶をしてくれました。
今日はたまたま予定があってだめだったのことですが、
普段はホテルまで挨拶に来てくれるとの事でした。
最後まで楽しく、気持ちよく1日を過ごすことができました。
今でもバリ滞在4日間のうち、この日が一番思い出に残っています。

1日の予定は以下のとおりです。





ブサキ寺院
  ↓
キンタマーニ高原 (ランチ)
  ↓
 
ティルタエンプル寺院
  ↓
トゥガラランのライステラス
  ↓
ウブド散策と夕食
  ↓
舞踊鑑賞

途中、
私はゴア・ガジャにも行きたかったので連れて行ってくれたし、
有名なお店やレストランも紹介して連れて行ってくれました☆

まずは、「アシタバ」という自社工房で
アタを使った製品を売っているお店へ。
アタとはバリの植物で、
自然乾燥させた茎を裂いて編み上げます。
その後、燻製にするのですが、
これによって防虫やカビ防止しになるんだそう。
燻製がしっかりしてるほど、
あめ色で光沢のある仕上がりになるとの事です。

また、アシタバは質も良くとても人気のお店で
観光客がたくさん足を運ぶために良く売れるので、
製品も新しいそう。
すぐ横が工房なのでアタを裂くところや
燻製にするところも見学できました。


私はそこでかごバッグを購入。
きれいなあめ色で、ちっちゃな四角形が気に入って(^-^)
彼氏は財布や鍵などまとめられるようなかごを2つ購入しました。
編み方がすごくきれいなので、
でこぼこがなくて平らでとってもいいでよ☆
お値段は、街の安いところよりは高く思えますが、
それでも質の良さ、
また日本で購入することを考えるとかなりお買い得です。

[ 2008/01/02 17:07 ] Bari | TB(0) | CM(0)

ホテルスパ



夜はホテル内にある「マンダラ スパ」でスパ♪
最終日に街スパを予約してあるので、予定に入れてませんでしたが、
時間が空いてるし、せっかくだからバリ島でしかできないスパがしたいと、
夕食へ行く前にホテルのフロントで「シロダラ」を予約しました。
空いてないかな?と心配でしたが、希望の時間で予約が取れました。


「シロダラ」は「アユールヴェーダ」というインドに伝わる伝統の医学のこと。
身体の状態を表す風・火・水の3つのエネルギーのバランスを整える為に
その人の持つタイプにあったトリートメント法で施術するそうです。

スパに入ると、入り口でいくつかのタイプの質問が書いた紙を渡され、
3択で自分はどれに当てはまるのか、○をつけていきました。
何を不安に思うとか、どんなときにリラックスするかとか、体の調子とか、
体と心に関する質問が10問くらいだったかな。
私は3つのタイプのうち「カッパ」というタイプに分類されました。
これでオイルが決まったのかな?

更衣室で着替えをしました。
スパは紙おむつみたいなのを履かされてはずかしいと聞いていましたが、
ここではそんなことはありませんでした。
サロンを貸してくれ、身にまとい、
後は台の上に寝転がったら、シーツのような布を掛け、
そのシーツを折って、大事なところが隠れるようにしてくれます。

まずは部屋に案内されると、
とってもリラックスできる雰囲気のお部屋でした。
部屋の奥には水が流れ、バリの石像が追いあります。
雰囲気ばっちりです!
椅子にすわり、まずは足を花びらいっぱいの桶に入れて、
軽くマッサージをしてくれました。
そのときに、3種類のオイルから選んでと言われ、
私はペパーミントを選び、オイルをお湯にたらしてくれました。
とてもいい香りです。
また、おしぼりとお茶を出されたのですが、
このお茶は、「カッパ」というタイプの人にお勧めのお茶だそうです。
本当にリラックスされます。

いよいよシロダラへ。
その前に、全身をオイルでマッサージしてくれました。
始めはうつぶせに寝かされたのですが、顔の部分には穴が開いていて、
首を横に曲げなくてもうつぶせになれるようになっていました。
しかも、うつぶせになって下を見るとそこには、
水の入ったガラスの入れ物にバリの花が浮かんでいました。
本当におしゃれで癒されます。

マッサージのテクニックもかなり高くてとってもきもちよかったです。
あったかぁいオイル全身に垂らし、足の裏、足、背中、首、腕、肩、
仰向けになって、足、お腹、腕、肩、顔、そして耳つぼまで!
こんなに気持ちいいマッサージは久しぶりでした。

全身の老いるマッサージが終わった後は、
「第三の目」と呼ばれる眉間のあたりに、
ゆっくりと10分ほど掛けてオイルを流していきました。
脳がリラックスして、
だんだん神経がリラックスしていくのがわかりました。
その後はそのオイルで、頭のマッサージ。


以上、50分のエステでした。
すごくすごくリラックスできてよかったです(^ー^)

[ 2008/01/01 16:45 ] Bari | TB(0) | CM(0)

夕食

夕食はホテルを左に出ると、すぐ角にあるビールバーのようなレストランで。
ここは通るたびに、いつも欧米人がお酒を飲んでいるのが見えました。
雰囲気はアメリカのバーといった感じかな?
けれどもインドネシア料理もちゃんとおいてあります。

ここのレストランは食事が出てくる間も安心していられました。
まず、オーダーした時に、最後にオーダーの確認をしてくれました。
バリではオーダーしたら店員さんは、
そのまますぐに立ち去ってしまっていたので、ちゃんとしてるなと思した。
他の人が頼んだビールも、ビールサーバーに注がれた後、
カウンターに置かれ、
他の店員の人がテーブルに持って行くために手にするとき、
泡が少なくなっていたら、ちゃんと泡を入れなおしていました。
値段もナシ・ゴレンやミーゴレンだったらRp.20000以下で食べれます。



「アヤム・ケチャップ」
アヤムとは鶏肉のことだそう。
ケチャップソースの酸味でさっぱりと食べれました。
鶏肉がめっちゃはいってたので、お腹いっぱいで食べきれませんでした^^;


こちらは、「シーフード・ナシ・チャンプルー」。
おかずがえびやイカ、ほたてなど豪華で、
とってもおいしかったですよ☆
私的には、味でいったら
昨日いったワルン・ジョグジャよりおいしかったです。
Rp.60000弱でちょっとお値段あがりますけどね。
とってもおいしかったですよ☆

[ 2008/01/01 16:10 ] Bari | TB(0) | CM(0)

ホテルでのんびり

パドマ・バリのホテル内はとっても広く、お散歩も楽しめます。
いくつかご紹介します。

ホテルにはたくさんの石像があちこちに置かれています。
エントランス

 



さんま???
そうそう、どの石像もバリの花が飾ってあります。
ホテルに限らずどこへいってもバリの花が置かれています。
たとえば、お手洗いなら洗面台の周りや、プッシュ式ソープの上にまで。
階段には両端にすべての段に置かれていたり、
灰皿の横、鏡の前、ちょっとしたくぼみやでっぱりの中。
あらゆるところに、毎朝毎朝花を置くんですね。


ホテルには緑がたくさんあります。
フルーツのなってる木もありました。


中庭。
上を見上げると、木の枝になんとリスがたくさん!!
動物もすみやすいところなんですね。


イタリアンレストランの前には池が。
レストランに向かうまでの雰囲気もとってもいいです。

 
寺院の入り口に置かれる門などもありました。


朝食バイキングがあるレストランから、門を抜けるとプールです。


スパへと続く階段。


ピンク色のバリの花です。
ホテル内にはお花もたくさん咲いてます。


ロビーラウンジでウェルカムドリンクをいただいて、休憩。
ちょっとジンジャーのきいたジュースです。
ロビーラウンジはすわり心地も良く、大きなスクリーンも置いてあります。
落ち着けるラウンジでした。
[ 2008/01/01 15:27 ] Bari | TB(0) | CM(0)

昼下がりのプール

クルーズで朝早かったので、戻ってお昼ごろまで2度寝しました。
今日は元旦なので、街に出てもしまっているお店があると聞いていたので、
1日ホテル内でのんびりする予定でした。


昨夜の夜のプールと違って、お昼のプールはまさにリゾートのビーチ!
メインのプールは深さ140cm?175cmのところもあります。
もちろん、子供用のプールもあります。
とっても広いので、自由に泳げます。


タオルはかなりおっきなバスタオルを貸してくれます。
タオルで場所さえとっちゃえば、OK。
プールサイドなら荷物置いたままでも取られる心配もありませんでした。


紫外線が日本より強いので日焼け止めは必須。塗りたくりです。
気づいたらうとうとと5分くらい寝ちゃってました。


プールサイドで昼食です。
私はセットでサンドイッチを食べましたが、
中の具が量も種類も多く、とってもおいしかったです!



こちらはインドネシア料理の定番「サテ」。
日本でいう串焼きです。
ピーナッツソースがたまらなくおいしかったです(^?^)
ビールによく合うみたいですね。

パドマ・バリのプールは広くて雰囲気もよく、
食べ物も飲み物もおいしいのでとってもお勧めです☆

[ 2008/01/01 14:54 ] Bari | TB(0) | CM(0)

New Year クルーズ

HISの企画で、1日は元旦クルーズです。
そのため、ホテルにお迎えが来るのは朝の4:30だったので、
起きたのは4時前でした。。。眠すぎる。。。

昨日の夜はホテルでNHKが見れました。
なので、日本の時間で彼氏と新年の挨拶をして、
バリ島の新年を迎える時間には寝てました。。
だって疲れてたし、翌朝早いんだもん(>_<

バリハイ・クルーズで日の出を見れるなんてステキ☆☆
なんて期待してたものの、あいにくの小雨。
しかも、クルーズに向かう途中でまたまた渋滞!!!!
午前4時ですよ!?
そう、今日はNew Year。
バリ島の人は若い人も子供も通りに溢れていました。
朝方まで騒いでお酒飲めるお店がある通りを通ったために、
またまた路駐が多く、
人が溢れて車が動かなかったんですよね。。。
その道でまたまた30分くらい止まってしまいました。。
クルーズに間に合うのかな!??
船が出てしまわないか心配でした。
しかも、渋滞を抜けて広い道に出ると、
ドライバーさんは100km/hちかくのスピードで飛ばすし
めっちゃこわかったですぅ(>д<)
眠かったので渋滞中に寝ようと思ったけど、いらいらして寝れず、
はたまたスピードの出しすぎでひやひやして、
一気に目が覚めてしまいました(>_<)


クルーズもたいしたものではありませんでした。
雨は止んだものの、雲が多く日のでは全く見れなかったし、
軽いビュッフェがあったのですが、お雑煮やら日本の卵焼きやらで
まったく食べたいとも思わない。。。
こんなものでお腹を膨らますくらいなら、ホテルのバイキングで
いろんなものを食べたいと思い、ほっとんど食べませんでした。


船内は2階建てだったのですが、1階でバリのダンスやショーが行われ
2階に案内された私たちは、
1階で座ってショーが見ることが出来ず、立ち見。
2階は男の人がギターを持って日本の歌を歌っていましたが、
「すきやき」やらよく知らないけど「ベサメムーチョ」?やら
カーペンターズの「Yesterday once more」など新年にふさわしくない。。
ますますテンション下がります↓↓↓(-"-)

観光客の中にはもう完全に椅子寝転がって寝てる人も何人かいました。
朝から体が動かず面倒なのか、テーブルから離れずに
デッキに出ない人も多くいました。
HISもとんだ企画をしたものです。


とりあえず、このままの気分では終わりたくないので、
デッキでの写真を何枚か撮って少しでも楽しもうと思いました。
日本ではかわいすぎてあまり着る機会のない白のワンピースで
おしゃれにきめたかったのに。。。。
あまりおしゃれするほどでもなかったです(--;
日本でないからか、日の出が見られなかったからか、
あまりお正月という気分がしなかったです。

[ 2008/01/01 14:32 ] Bari | TB(0) | CM(0)

夜のプール

夕食を食べ終わって、ホテルに戻りました。
夜のホテルは、お昼と違ってまた雰囲気が出ててgoodでした。
また違ったリゾートの雰囲気を楽しめます。


真ん中の建物がロビーです。

ロビー



夜は早速クタで買ったビキニを着てプールで泳ぎました。
昼間と違って人も少なく、すごく雰囲気があってよかったです。
夜に屋外のプールで泳いだのは生まれて初めて☆


プールバーです!!
プールに入ったままドリンクをオーダーするのが憧れだったので
嬉しくて嬉しくてたまりませんでした!(≧▽≦)♪♪
カクテルが飲みたかったのですが、
夜なので冷えると嫌だなと思い、パイナップルジュースをオーダーしました。
絞りたて、グラスにはパインがのってました☆
とってもおいしかったです(^▽^)


ちなみに現金持たなくても、部屋番号とサインだけでOKです。

[ 2007/12/31 14:03 ] Bari | TB(0) | CM(0)

ワルンで夕食

夕食はインターネットの口コミでの評判が高かったお店へ行きました。
ホテル(パドマ・バリ)のすぐ近くにある「ワルン・ジョグジャ」というお店。
「ワルン」とは、地元の人向けの安いレストランの総称で、
日本で言えば定食屋さんといったところでしょうか。
たしかRp.150,000前後のお値段だったと思います。
Rp.100=1.32円くらいなので、
だいたい日本円で100円台で食べれちゃうのです!!
飲み物をつけても300円以下ですよ!?
バリ島では、ワルンごとに味付けが違うので、
お気に入りのワルンを探すのもいいみたい。


私はナシ・チャンプルーを食べました。
ナシ・チャンプルーとは、ご飯に数種類のおかずをのせたもの。
なんのお肉がのっていたのかわかりませんでしたが、
お肉の味付けが甘辛くておいしかったです!!
しかも、ココナッツミルクカレーのスープ付き!
本当にお得です。
ちなみに、ココナッツミルクもだめな私ですが、やっぱりだめでした^^;
けど彼氏は絶賛してました☆



こちらはミー・ゴレン。
こちらもインドネシア料理の定番です。
食べ掛けですが・・・^^;
ミー・ゴレンはインドネシアの焼きそばです。
バリ島滞在中に、いろんなインドネシア料理をいただきましたが、
私はミー・ゴレンが一番おいしいと思いました(^?^)
サンバルソースをつけて食べると、1品で2度おいしいです☆

[ 2007/12/31 13:17 ] Bari | TB(0) | CM(0)

バリの交通事情

クタ・スクエアからホテルまではタクシーで帰りました。
メーター式のタクシーなら初乗りRp5000。
日本円なら60円くらいなのでかなり安いです。
ホテルまでなら通常10分かかるかかからないか位の距離でしょうか。
けれども、この日は12/31。
交通量がとっても多くて渋滞に巻き込まれてしまいました。
それもひどい渋滞。。。

バリ島の道路は狭いので一方通行が多いみたいです。
そんなことも知らない私達はとりあえず
タクシーに乗ってしまったのです。
クタ・スクエアから南北に伸びる主な道路は、
ビーチ沿いのパンタイクタ通りと、もっと内陸側のレギャン通り。
確かにタクシーに乗り込んだ時に、
運転手さんにこちら側で乗ると渋滞だと言われました、英語で。
でも私たちはそんな事言われても、その真意はわかりません。

数分走ると、もうタクシーは渋滞で止まってしまいました。
まったく動きません。
なのに、後ろからどんどん原付が追い抜いていきます。
一方通行のはずなのに、
なぜか向かい側からもどんどん原付が来ます。
道が狭いだけでなく、路駐だらけでさらに道が狭いのに。。
車の右側で双方向の原付がすれ違うにも狭すぎて、
それでも次から次へと無理やりすれ違っていきます。。
この道は原付優先の道ですか?ってくらい、
原付は走っていくのに、車は全然動きません。。
やっと動いたと思っても、車1台分しか動かず。
タクシーのドライバーはすっごくいらいらしていて、
こちらの気分もすごく悪くなります。
ほんっと最悪です。

渋滞の原因はたくさんあると思いました。
1.道が狭いのに路駐が多く更に狭い
2.原付が車の狭い間を縫っていくので、車が止まってしまう
3.信号がないため、交差点になかなか入れない
4.手押しの車ものろのろと道中を通っており、道が狭い事もあり抜かすに抜かせない。
5.New Yearのため、車も原付も半端じゃなく多かった

結局ホテルに着くのに1時間もかかりました。。。
ありえない。。。
タクシードライバーも機嫌悪くってホントに気分悪かったです。
まぁ、タクシー料金がもともと安かっただけに
お金でへこむことはありませんでしたが。
それにしても、ほんっと渋滞には参りました。
一気に疲れましたよ(-_-;;
[ 2007/12/31 12:47 ] Bari | TB(0) | CM(0)

マタハリ デパート

マタハリデパート。
ここは品揃えがかなり豊富!!
バリの民芸品から食料品、洋服、アクセサリー、靴、水着、
かばん、化粧品、生活雑貨まで何でもそろっているので
ここですべてお土産が買えちゃいます!
4階建てだったか5階建てだったか、かなり広いので
全部は回りきれなかったので、きっと1日中いても飽きないと思います。
しかもお値段もかなり安い!!!
食料品はとってもとってもとってもお買い得でした!

バリ猫

アロマオイルも種類が豊富

バリの民芸品


私は何を撮ってるんでしょうか・・・^^;
いえいえ、これはバリ島の神様のシンボルです。
とても神聖なものです。
それは後で知りましたが、寺院に祀ってあったり、
お祭りの時にはこの神様のシンボルが、
お神輿にのせて崇めるのだそうです。

彼氏が「my sieze!」って言ったら、
ガイドさんやショップの人は肩を抱き合ってえらく喜んでましたよ(笑)

服や食料品など買いたいものがい??っぱいありました!
あっというまに5時も過ぎていたので、また最終日に来ることにしました☆^^

[ 2007/12/31 12:44 ] Bari | TB(0) | CM(0)

クタでショッピング(路面店)

正午過ぎ。
クタの街までショッピングへ出かけました。
地図を見たら歩いていけそうな距離だったので、
とりあえずプラザ・バリというショッピングセンターまで行くことに。
でもホテルの出口でプラザ・バリまでは歩いて1時間かかるといわれ、
HISからもらった、無料タクシーチケットでプラザ・バリまで向かいました。
どんなガイドブックにも載っているしちょっと楽しみでしたが、
到着するや否や、これは違う・・と思ってしまいました。
なんか全然活気ないし、日本人客しかいない。。。(-_-;
別にエルメスとかフェンディとか世界ブランドなんて全然買うつもりないし、
まるで空港の免税店でした。
中華海鮮レストランの無料食事券も持ってましたが、
バリまで来て初日から飲茶はどうかと思ったし、
朝のバイキングでお腹いっぱいだったし、
くる?っと一周して店を後にしました。
ちょっと期待はずれ。

次はクタの中心地のクタスクエアまで行くことに。
これも地図見たら歩いてすぐにいけそうな距離でしたが、
20分くらいは歩きました^^;
クタスクエアに着くとお店がいっぱい並んでいて、
テンションがあがります(^^
最初に見たお店はアクセサリーのお店。
ビーズや石のネックレスバングル、ピアスなどが
お店の中い??っぱいに吊り下げられてました。
さっそく大人買いです♪


ターコイズブルーのネックレスとバングルとピアスを買ってしまいました☆
値切ったので、これだけ買って日本円で1000円もしなかったと思いますv

他にかわいいお店を発見。
サーファーガールっていうお店なんでけど、キャラクターがかわいい(*^^*)
私はそこで、ビキニとTシャツを購入。
短パンとパーカーも買いたかったのですが、
あいにく気に入ったのはありませんでした。
人気のお店みたいで、レジもいっぱい並んでました。
←センスもよくてお勧めのお店です☆


黒のビキニは、鮮やかなピンクで蝶々とお花が。
ヒップにも大きなお花が描かれていて、とてもステキで一目惚れでした♪


彼氏はラルフローレンでポロシャツを購入してました。
セール時期でもあったため、日本円で3000円くらいで買えたんです。
もちろん本物。これはお得です♪
私も最終日にポロシャツ買いました☆


ちなみにビーチはすぐそこ。
ちょっと足を運ぶと、寺院もありました。

[ 2007/12/31 12:17 ] Bari | TB(0) | CM(0)

1日目の朝

泊まったところははクタ地区にある、パドマ・バリ。
クタ地区では最大級のヴィラになります。
お部屋はインターネットの口コミからデラックスシャレーという
ワンランク上のお部屋がよかったのですが、
パックツアーなのでランクを上げることは不可能だったので、
泊まったお部屋はスーペリアルームに。
ロビーやレストラン、プールから離れてるので
ちょっと貧乏な気持ちに・・・(笑)
でも、ヴィラ自体はとってもよくって、
すごくいいホテルだなって思いました。

寝たのが朝方4時くらいだったので、朝起きたのは9時過ぎ。
眠たい目をこすりながら、朝ごはんを食べにレストランへ向かいました。
朝食はタマンアユンというダイニングでバイキングです。

バイキング★
水と緑に囲まれた場所で、すかさず外の風景が見える席を確保!
なんだか日本にはない光景で、わくわくてきました♪
どこからかガンサというバリ島ではお馴染みの、
鉄琴のような楽器の音色が聴こえてきます。
種類もとーーっても豊富で、あれもこれも食べたくて迷っちゃう!



パンやウインナー、スクランブルエッグなどの洋風食や、
お粥とかお味噌汁といった和食もありました。
でも、やっぱりバリに来たんだから始めはインドネシア料理でしょう!
っていうことで、定番のナシ・ゴレン。
えびせん?なんかも乗せてこれこそインドネシア料理!って感じ*^^*
お味もとってもスパイシーでおいしかったです☆
こういう味なんだなぁって、味わって食べました。


こちらはなんていう食べ物かわかりませんが、麺です。
香草の味というのか独特な味でさっぱりと食べれました。
私、この味好きです!
毎朝バイキングでしたが、毎朝食べちゃったほど☆
お勧めです☆


バリ島の雨季はフルーツがたくさん取れて、すごくおいしいのだそう。
そのためかフルーツはかなりの種類があって、
フルーツジュースもいっぱいありました。
私はマンゴーやライチといった南国系のフルーツは
嫌いなので食べれません。
でも、やっぱり食も文化。嫌いでも食べます!
(以前辛い物が嫌いでキムチも食わず嫌いで無理でしたが、
韓国行った時に無理してチャレンジしたらい、
予想外にもとってもおいしくって
今では辛いものやキムチが大好きになったのです)
でも、マンゴーはやっぱりだめでした。。。(>д<)
スターフルーツは初めてで期待して食べましたが、癖があって無理。
バナナもパパイヤのジュースも、だめでした(T-T)
顔立ちは南国系でも、南国フルーツはだめなのね(自爆)

朝からめっちゃ食べてしまって、お腹ぱんぱん!!(´▽`)
おいしかったですよ、パドマ・バリの朝食バイキングはお勧めです!!

朝食食べ終わってから、ホテル内をお散歩しました。

エントランス。
                                         左の屋根の方がロビー


ロビー
ホテルにチェックインした時、ロビーを見てすごく感動しました!
ホテルのロビーって自動ドア入って、屋内にあるという観念でしたが、
ドアがなくって吹きさらしなんですね。
リゾートホテルって感じですごくいい雰囲気!!!!(≧▽≦)
しかも、天井はすごく高くて開放感溢れてます。
素敵なホテルです。



ちょっと暗くてきれいに撮影できませんでしたが、
いたるところにこうして、花が水に浮かべてあります。
ステキ(´▽`*)



石像もたくさんいたるところに立ってます。


クタの海はホテルのすぐ横にあります。
ホテル内の海の見える場所に椅子が置いてあったりしてgood。
私は利用ようしてませんが、イタリアンレストランのベルローズからは
この海の眺めがよく、雰囲気がいいと思います。
海で泳ぎたかったのですが、クタのビーチは波が高いんですね。
ガイドブック通り、サーフィン向きのビーチでした。

[ 2007/12/31 01:39 ] Bari | TB(0) | CM(0)

出発?到着

30日の20:15頃、セントレアから
デンパサール行きのJALへ乗り込みました。
デンパサール空港に到着の時刻は夜中の2時過ぎの予定。
バリ島へのフライトはは6時間です。
時差は-1時間。
お正月は日本より1時間遅く迎えることになります。


日付は変わって31日、大晦日です。
デンパサール空港に着くと、飛行機の外は大雨でした。
そう、今の時期のバリ島は雨季です。
雨音も激しくって、バケツをひっくり返したような雨とは正にこの事。
でもこんな雨がずーっと降っているのではなく、
スコールで短時間に大量の雨が降るというパターンだそうで、
少し雨宿りすれば止むので、1日降り続くことはあまりないそう。
空港を後にして、ホテル行きの車に乗り込む頃には
雨はほとんど小降りになっていました。


そうそう、空港から出た時にHISのスタッフさんがたくさんいました。
それぞれのホテルまで案内してくれる現地スタッフの方です。
その中で妙に私の顔を見てニコニコする人がいます。
なんだろうな、もしかして私の事かわいいと思ってくれてるのかな^^
なーんてあほなことを思ってると、その人が他のスタッフの人に
何か話をして、何人か私のほうを見てニコニコします。
はぁい、なんて言ってくれる人もいます。
私は、なんとなく悟りました。
私の顔立ちははっきりしていて、昔からよく
東南アジア系の顔だねと言われたり、
沖縄出身?日本人?とよく聞かれます。
めっちゃ日本人やっちゅうねん!(-"-)""むっ
でも案の定、その中の1人のスタッフが
「あなたバリの人そっくりね」って言ったんです!!(>д<)
やん、ビンゴじゃないですか!!!(>д<)
ちょっとむっとしながら笑顔を返しましたが、
まさか現地の人に言われるなんて・・・(苦笑)
まぁネタになるかな。


でもその後、毎日毎日行く所行く所で
バリの人に似てる、You are like Brlinese.といわれ続け、
おしまいにはお店で支払い時にインドネシア語で話しかけられ、
店のメンバーズカードを持ってるかと聞かれたのでした・・・(_ _).。o
私はバリ人の生まれ変わりなんでしょうか。
なぁんて。
顔立ちが東南アジア系だという事、認めざるを得ないでしょうね(^^;



ホテルに到着するなり、ロビーを見て感動。
また後ほど写真で紹介します。
お部屋に入ってシャワーを浴びて、さぁ寝るだけと思った途端、
なぜか、ブレーカーが落ちて真っ暗になりました。。。
まぁ寝るだけだしいいかと思ったけれど
、クーラーも消えてしまっているので、
暑く苦しくなって寝れなかったら困る思い、
フロントに電話をしてホテルのスタッフの方に来てもらいました。
眠たいのに。。。。。。
クーラーとちょっとした電気しか使ってないのになぜ
ブレーカーが落ちたのかはわかりません。
彼氏は、海外でこういうトラブルで困るのが
楽しいといって気楽に寝てました。

でも朝、またブレーカーが落ちました。。。
今度はブレーカーの位置がわかるので触って直しましたが、
それでもすぐに落ちます。(-"-)ム
またロビーに電話して直してもらいました。
初日から最悪だなぁと思ったけれど、ホテルの人の対応も早かったし
すぐに直してくれたので、まぁよかったことにします(^ ^;

[ 2007/12/31 01:28 ] Bari | TB(0) | CM(0)

バリ島

12/30?1/4。バリ島へ旅行へ行って来ました。
学生の頃からずっと行きたかったバリ島。
大学で社会学部だった私は
「文化人類学」という講義をとってました。
講義はあんまり覚えてませんが、
バリ島は「観光」によって発展した島、
バリの伝統文化や芸能は観光によって新しく生み出されたもの
だという内容だったかな・・・?
観光のためにバリがあるのではなくて、
バリのために観光があるのだと。

講義ではケチャやバロンダンス等のバリ島の伝統文化を
何度もビデオで見ました。
けれども、これらのダンスは「伝統」文化ではなく、
観光用に変容し、発展していった「観光」文化。

それまで私は、伝統というと太古から変わらず受け継がれてきた
どこか神聖なもののようなイメージを持っていました。
一方で、町おこし等のためにどこかやらせっぽいものをも
感じることもありました。
けれども、観光によって文化が創造されたバリ島を学ぶことにより、
観光によって強く発達し、成長する文化があるということに
どこか胸がドキドキしたというか、
不思議な感覚になったというか・・・
私は海外旅行に行くなら、絶対ヨーロッパ!!と思ってましたが、
バリ島に、少しずつ惹かれ、興味を持つようになりました。

また、レゴンダンスは生で見てみたくて仕方ないほどでした。
あの独特の指の動きや、目の動き。
今までに見たこともない踊りに、美しさを感じずにはいられませんでした。

夢まで見たバリ島。
6日間(バリ島滞在4日)の旅に出発です!!
(ちなみに、社会人になって初の海外旅行です)
[ 2007/12/30 00:03 ] Bari | TB(0) | CM(0)

クリスマスツリー


セントレアのクリスマスツリーです。
クリスマス過ぎても置いてあるんですね。

今日からバリ島へ旅行です☆
日本は寒いですが、バリ島は暑いです。
いってきま?す♪(^▽^)
[ 2007/12/30 00:01 ] Bari | TB(0) | CM(0)