スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

下関グルメ

DSC00279

DSC00280 DSC00281
いつも梯子しないんだけど、1件目に行ったお店では
ちょっと「下関グルメ」って感じでなかったので、2件目へ。
これが大正解でした(^▽^)

あん肝の味噌漬けというのがおいしくって、彼が大満足♪
あまりにもおいしいので再オーダーまでしてしまいました。
私は一番おいしかったのは「ひれ酒」。
どうも液体の中にひれが浮いているのは生臭そうな感じがして
とてもじゃないけど飲める気もしなかったんですが、
その土地の名物は食わず嫌いはダメ!がモットーなので、
とりあえず、飲めなかったら彼が飲んでくれると言ってくれたので飲んでみたら、
(@▽@)♪なにこれ♪超お出汁って感じじゃん♪
とってもとってもおいしかったのです。
ひれ酒がおいしだなんて、自分でも超意外。
やっぱり食わず嫌い、飲まず嫌いはダメね~。

食べ物もお酒もとてもおいしく、彼と一緒の旅行も大変楽しく、
いい感じに酔ってしまったので、肝心な2件目の写真がありません(笑)。
スポンサーサイト
[ 2011/01/01 21:02 ] 広島・山口 | TB(0) | CM(0)

大歳神社

DSC00282
内陸は雪が積もってると危ないので、海沿いを走ってきましたが、
こちらはすんごい雨で、これもまた大変な道のりだったけれど、
下関のホテルに着いて、外へ食事に出掛ける時には雨はあがってくれてました。

下関で一杯やる前に、大歳神社でお参りm(_ _)m
鎌倉時代に遡ると、源義経が壇ノ浦の合戦の際に戦勝を祈願した神様を祀っています。
また幕末には兵隊の発足の際に、高杉晋作が旗揚げの旗を大歳神社に奉納。

そしてこの大歳神社の大鳥居。
陰の力となって資金面から志士たちを支えた豪商の白石正一郎が、
攘夷戦必勝を祈願して寄進したとのこと。
お金持ちだけあって、大きく立派な鳥居でしたが、
晩年はお店は傾いてしまったそう。
人それぞれ行動や思いは違うけれど、
白石正一郎も大きな志を持って幕末を生き抜いた人なんですね。
[ 2011/01/01 20:13 ] 広島・山口 | TB(0) | CM(0)

桜山神社

DSC00276
萩から下関へ向かう道は雨・雨・雨。
結構降りました。
私の晴れ女伝説はもうどこかへいってしまったようです(_ _)

持っていたガイドでは詳しく紹介されていないので地図もあいまいで
ちょっと迷いましたが、無事桜山神社へ到着。
境内の裏手に明治維新に散った志士の396柱の霊が祀られていて、
こういうのが立ってるとお墓だと思っちゃうんだけど、お墓ではないんですね。


[ 2011/01/01 14:38 ] 広島・山口 | TB(0) | CM(0)

円政寺

DSC00270
円政寺境内にある金比羅社の拝殿にかかげてる大きな天狗。
高杉晋作がまだ幼い頃、親にこのお寺に連れて来られてはこの面を見せられ、
幼い頃から物怖じしないようにしつけられたそう。

この円政寺は伊藤博文との縁もあるお寺だそうで、
当時の住職の従兄弟の11歳になる子供、利助を預かって
約1年半ほど雑用させる傍ら、読み書きを教えたのだそう。
その子は伊藤利助、将来の伊藤博文ですね。
高杉晋作と伊藤博文が遊んだという神馬も残ってます。

[ 2011/01/01 13:00 ] 広島・山口 | TB(0) | CM(0)

Kimono Style Cafe

DSC00267c
菊屋家住宅、木戸孝允旧宅を見て、ちょっとコーヒーブレイク。
萩焼で萩コーヒを。
このカフェおすすめのコーヒーらしいですが、コクがあるけどまろやかで
とてもおいしいコーヒーでした(^^)

このコーヒーブレイク中に、雪が降り出してきました(>_<)
午前中に萩の町を回ってしまう予定で、
お天気はもってくれるだろうと傘をおいてきちゃったよぉ(>Д<)
[ 2011/01/01 12:00 ] 広島・山口 | TB(0) | CM(0)

萩の町散策

DSC00259c DSC00217


萩の城下町は武家屋敷が続く風情のある町。
屋敷の石垣塀の向こうや空き地等、どこを歩いても夏みかんが成ってました。
明治の初め、禄を失った武士の救済目的で栽培されたのが始まりなんだって。
今でもたくさん残ってるんですね。

[ 2011/01/01 11:00 ] 広島・山口 | TB(0) | CM(0)

萩焼体験

DSC00255p
あけましておめでとうございます。
2011年は萩焼体験ではじまりはじまり。

朝から元旦のイベントの餅つきでロビーは盛り上がってますが、
ロビーの隅っこの方で焼き初め?です。

[ 2011/01/01 10:56 ] 広島・山口 | TB(0) | CM(0)

年越し in 萩

DSC00224
萩の千秋楽で年越しです。

本当に寒い1日だったので、温泉につかって体のしんから温まって
お食事はふぐ料理で、極楽極楽でした

ふぐでお腹いっぱいなので、雰囲気だけ楽しみました☆
でも、彼はもちろん食べましたよ。
[ 2010/12/31 19:46 ] 広島・山口 | TB(0) | CM(0)

高杉晋作☆

DSC00216
高杉晋作が好きです(*^▽^*)
歴史上の人物で誰が好きって今まで言えなかったけど、言えるようになった自分がすごい?
というか、ちょっと自分でも意外な自分をこの歳で発見したって感じ。
ホントにかっこい~のです。

本当の話かどうかわからないけれど、
将軍しか渡れない橋を馬に乗って堂々と渡ったり、
将軍家茂が天皇の供をして賀茂社へ参拝する際に、
開国してしまった(攘夷をやまてしまった)幕府の将軍である家茂に向かって
「よっ!征夷大将軍!」と野次を飛ばしたり、
4ヶ国連合艦隊に敗北して、全権大使として連合艦隊の軍艦へ乗り込んだ時、
戦国武将のような甲冑姿でのりこみ、神代からの日本の歴史を早口でまくし立て
日本は神国であるから異国からの支配は受けないと要求を取り下げることに成功したり、
はたまた、着流しで三味線を抱えて戦にのぞんだり。。


[ 2010/12/31 16:22 ] 広島・山口 | TB(0) | CM(0)

萩焼でコーヒータイム

DSC00210
コーヒーが飲みたくて、せっかく萩でカフェに行くなら萩焼でお茶できるカフェへ。
ということで、早速ナビで検索してカフェへれっつごー☆
大晦日なのに営業してくれてほっとしました

畔亭という、広い日本庭園を眺めながら畳でゆっくりできるカフェ
萩焼のカップで出されたコーヒーで、芯から冷えている体がちょっぴりあったまりました(^^)
[ 2010/12/31 15:30 ] 広島・山口 | TB(0) | CM(0)

松陰神社・松下村塾

DSC00194c
萩の中心部にやってきました!
相変わらず風が強く冷たく、時折雪が降ったりで寒さが身にしみます(>_<)

こちらは吉田松陰を祭神として祀る神社。
その境内には、松陰が主宰し幕末の多くの志士を輩出した松下村塾が残っています。

[ 2010/12/31 13:29 ] 広島・山口 | TB(0) | CM(0)

萩往還公園

DSC00192c
道の駅萩往還公園に立ち寄りました。
吉田松陰・高杉晋作・久坂玄瑞の3人と一緒に記念撮影♪
松陰先生は2人の弟子に何か熱く語ってるようですね^^


[ 2010/12/31 12:28 ] 広島・山口 | TB(0) | CM(0)

秋吉台

IMG_9845c
3億5000万年前のこのあたりは珊瑚礁があった海の底。
珊瑚などの死骸が堆積して出来た石灰岩は水に溶けやすく、
雨水や地下水などで侵食されて、長い時間をかけてこの地形ができました。
この秋吉台は石灰岩できたの台地、カルスト台地というそうです。
現在は草原となって、ところどころ石灰岩柱がたくさん見ることが出来ます。

[ 2010/12/31 11:27 ] 広島・山口 | TB(0) | CM(0)

秋芳洞

IMG_9816
昨日の夜から雪が降ってて、道大丈夫かなぁと心配していたけど、
やっぱり少し積もっていて、ちょっと危険です。。(>_<)

湯田温泉を後にして、2010年最後の日に最初に向かったのは秋芳洞。
秋芳洞は秋吉台の地下100mにある鍾乳洞。
3億5000年前は海底の珊瑚礁だった場所だそうで、
珊瑚などの死骸が堆積した石灰岩は水に溶けやすく、
地下水が石灰岩を溶かして出来きた、神秘的な地底世界が広がっているとの事。

秋芳洞の入り口です。
水がごうごうと流れてるけれど、この水は雨水が上にある秋吉台の地下にしみんで
地下水脈となって流れてきた水なのだそう。

IMG_9818
エメラルドのようなきれいな色。

DSC00167
この日もすっごく寒かったのだけれど、洞窟の中は一年を通じて17℃に保たれてるんだって。
中に入ってみると温かくはなかったけれど、身にしみる寒さは和らいだ感じでした。

入り口からすぐの広い空間は青天井と呼ばれていて、入り口から差し込む光が水に反射して、
水の青さが天井に映って神秘的な空間です。

[ 2010/12/31 08:50 ] 広島・山口 | TB(0) | CM(0)

湯田温泉

DSC00161 DSC00159
DSC00164 DSC00163
本日の宿は湯田温泉。
宿泊はしていないけど、近くの松田屋ホテルの温泉は、
当時長州、薩摩、土佐の勤皇の志士 高杉晋作・木戸孝允・西郷隆盛・
大久保利通・伊藤博文・大村益次郎・山県有朋・井上馨・坂本竜馬らや
七卿落の公卿三条実美らが、倒幕・皇政復古の密議をした東屋が残っていて、
志士達がと入浴したといわれる湯船もあるのだそう。


夕食はいつものごとく、近くの居酒屋さんでご当地グルメを堪能☆
山口で有名なのはふぐ、美東ごぼう、瓦焼きそばなど。
ホテルの人に紹介してもらったお店で、恒例の二人宴会楽しみました(^^)
[ 2010/12/30 20:58 ] 広島・山口 | TB(0) | CM(0)

瑠璃光寺

DSC00149c
山口県へやって参りました!
まずやって来たのは瑠璃光寺。

周防・長門二国の守護となり、大内氏繁栄の基礎を固めた大内弘世は
京に上って幕府の政治にも関与していた際に、京に憧れを抱き、
地形的に似ている山口の地に、京の都を模した街づくりを始めたとのこと。
その後大内氏は、朝鮮や明との交易によって富を得ることができたり、
国内の文化人を多数招いた結果、大内文化が開花し、
「西の京」といわれるほどまで繁栄したのだそうです。

写真の五重塔は法隆寺・醍醐寺と並び、建築日で日本三大名塔の一つに数えられています。。
確かに見た目がすっきりして美しいです。
塔身が上部に行くほど間隔が狭くなっているから、全体的に安定感を感じるんですね。

[ 2010/12/30 16:53 ] 広島・山口 | TB(0) | CM(0)

100種類のソフトクリーム

DSC00139c
錦帯橋を渡った所に有名なソフトクリーム屋さんがあります。
ソフトクリームの種類が100種類もあるのです。
なんでも「珍百景」で放送されたそうで、店頭で延々とテレビ録画が流れてました(笑)。

気になるところでは、とまと・生姜・大麦若葉・アロエ・あんず・わさび・
錦帯せんべい・落花生・うこん・ブルーアイス・梅・いちご大福 etc・・
中には、お茶漬け・カレー・にんにく・ハバネロ・鮭・数の子
と、うげっ・・っと思うものもちらほら・・(^^;

[ 2010/12/30 15:43 ] 広島・山口 | TB(0) | CM(0)

錦帯橋

IMG_9804
岩国に着いた頃には完璧の青空!(^0^)
浮かれ気分も束の間、車から出た途端、風の強さと冷たさに一瞬で身が縮みました{{(>_<)}}
うぅぅぅ~~激さむぅぅ~~{{(>_<)}}
とは言うもののやっぱり青空の写真が撮れるとテンション上がります(^^)

錦川に架かる錦帯橋は、日本三大名橋の1つに数えられる木造の橋。
岩国3代目の藩主・吉川広嘉の考案で、石組みの橋脚と組み木を応用したアーチ橋です。
幅は5m、全長193.3mで遠くから見てもアーチが綺麗だけれど、
それよりも橋の真下から橋を見上げると、その精巧な造りが目を楽しませてくれます(^^)
[ 2010/12/30 14:26 ] 広島・山口 | TB(0) | CM(0)

あなごめし

DSC00123c
お昼ご飯は、あなご飯で有名なお店「うえの」。
ちなみに私は、今回で2回目の来店です。
人気のお店とあっていっぱいのようで、どうしようか・・と
彼が他のお店があるか見てみたいというので、とりあえず名前を書いて周辺を散策。
けどやっぱり戻ってきました(笑)。

お勧めが壁に貼られてました。
「注文のおすすめ お二人なら 白焼き一皿を・・」と。

[ 2010/12/30 11:46 ] 広島・山口 | TB(0) | CM(0)

厳島神社

IMG_9753c

昨年の年末年始は、四国で「坂の上の雲」を巡る旅でしたが、
今年2010年度、年末年始の旅行先は山口で「高杉晋作」を巡る旅です☆

以前より、彼が山口に行ってみたいと言っていたんだけれど、
山口で思いつくのは「フグ」だけで、それ以外に何があるのかよくわからず、
あんまり興味がなかったので、何気に却下してたんですが・・・
平安時代以前の歴史が好きで、武士が出てきてからの歴史があまり得意でなく、
幕末なんかさっぱりまったくわからなかった私が、
大河ドラマの「竜馬伝」がすっごく面白くて幕末に興味を持ち始め、
その中でも「高杉晋作」という人物に惹かれて彼を知りたいと思い、
そう言えば、高杉と言えば長州藩やん!!ってなわけで、山口行きに決定(^ー^)♪

高杉晋作も知りたいけれど、吉田松陰とか長州がわかる本がないか彼に聞くと、
司馬遼太郎の「世に棲む日日」を持っていたので貸してもらい、
この旅行直前に4巻頑張って全部読み終わって、歴史の下調べは準備万端で出発です☆(-_^)v
[ 2010/12/30 08:04 ] 広島・山口 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。