スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

祇園小石 さくら飴

IMG_0419.jpg
春の京都といえば、祇園小石のさくら
毎年買って、今回で3回目♪
ほ~んと美味しいんだよね♪

IMG_0422.jpg
年中あればいいのになぁ。
でも4月の1ヶ月間限定だから、これがまた魅かれるのかも(笑)。
スポンサーサイト
[ 2011/03/27 23:31 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

京都のお土産

IMG_0406_20130112232641.jpg
今回はお土産たくさんです☆
七味・コーヒー(Unirび~んず亭)・ロシアケーキ大極殿茶の菓
あと、新幹線の構内に出町ふたばの「豆餅」を発見したので即買い♪
すごいね~出町柳いかなくても買えちゃうんだぁ。

IMG_0407.jpg
出町ふたば行ったのは旅行の中日だったから、
当日に、しかも帰りがけに持って帰れるのは嬉しいですね♪
家族も絶賛でした☆

IMG_0409.jpg
二條若狭屋の家喜芋(やきいも)♪
山芋(つくね芋)をすりおろした生地のもっちりとしたおまんじゅう。
大中小の3個入りで・つぶ餡・こし餡・白餡とあるとのことで、
家族で分けたのですが、みんなつぶ餡ねらい(笑)。
私は中くらいのを選んだら当たりでした~(^0^)v

IMG_0416.jpg
そして、舞妓はんのクッキー♪
かわいぃ(*^^*)
舞妓はん大好き☆
[ 2011/03/27 23:30 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

マールブランシュカフェ

IMG_0398.jpg IMG_0397.jpg
京都2泊3日の旅ももう終わり。
いつも高速バスなのだけど、今日は早く帰りたいので新幹線で帰ります☆

やっぱり〆はスイーツとコーヒーで♪
ってなわけで、近鉄京都駅の地下みやこみちのマールブランシュへ。

IMG_0402.jpg
パフェとマフィンのセット、茶の菓付き♪
ここは特にコーヒがた~~~っぷりなのがいいですね♪

IMG_0408.jpg
もちろん、茶の菓もお土産に買って帰りました♪
会社用にもね☆
[ 2011/03/27 23:27 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

神護寺(高雄)

IMG_0371.jpg
お天気もよく、西明寺からの道も清滝川のせせらぎを耳にしながら
お散歩気分で歩いて、とても気持ちよかったです(^0^)

今日の最後の目的地は神護寺。

IMG_0393.jpg
平安遷都に手を尽くした和気清麻呂が、
古くからこの地にあった和気氏の氏寺である高雄山寺と、
和気清麻呂が建立した神願寺を合併し、
824年に護国祚真言寺としたのが始まりといわれています。

IMG_0387.jpg
空海が住持し、真言密教の礎を築いたお寺でもあります。
その後は長らく荒廃、平安末期になって文覚上人によって再興されました。

源頼朝の肖像画がありました。

IMG_0380-.jpg
神護寺で有名なのはかわらげ投げですよね。
やってますやってます(^^)

IMG_0386.jpg
もちろん私もやりました☆
眼下に広がる谷に向かって、素焼きのかわらけを投げます。
厄除けのご利益があるそうで^^

でも腕力のない私は谷どころか、2枚とも手前の方に落ちました・・・(_ _)

IMG_0389.jpg

IMG_0394.jpg
かつて空海がこの石で墨をすったと言われる硯石。

桜が咲くにはまだ少し早いし、やっぱり三尾は紅葉の名所とあってか、
人がとっても少なかったです。
帰りのバスも、途中まで1人だったし(笑)。
紅葉の時に、また来てみたいです。
[ 2011/03/27 23:25 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

西明寺(槙ノ尾)

IMG_0352.jpg
高山寺をあとにして、てくてく歩いて西明寺へ。
お散歩気分で気持ちいいのだけれど、紅葉の頃にきたらもっと気持ちいぃだろうなぁ。

清滝川に架かる赤い指月橋。

IMG_0355_20130112232135.jpg
天長年間(824~834年)に空海の高弟・智泉大徳が
神護寺の別院として創建したのが始まりとされています。
戦国時代に兵火にあって焼失しましたが、1602年に再興。
現在のご本堂は、1700年に徳川綱吉の母・桂昌院の寄進により再興されたものだそうです。

IMG_0358.jpg

IMG_0359.jpg
[ 2011/03/27 23:21 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

高山寺(栂ノ尾)

IMG_0301.jpg
京都2泊3日女一人旅の最終日は三尾です♪

京都の世界遺産を全部制覇したいのだけど、
あとは比叡山延暦寺と、ここ高山寺だけなので。
これで、京都市内および周辺の世界遺産17箇所のうち、16箇所は制覇です♪

IMG_0302.jpg IMG_0303.jpg
IMG_0304.jpg IMG_0305.jpg
高山寺で有名といったら、学生の時にも習った「鳥獣戯画」だよね。
日本最初の漫画だっけ?
ウサギやカエルなどを擬人化して描いた絵巻物。
誰が何の為に描いたかは謎らしいのです。
ちなみに全4巻あって、こちらはレプリカなので写真撮り放題(笑)。
本物は東京と京都の博物館に2巻ずつあるとのこと。

IMG_0317.jpg
774年に光仁天皇の勅願によって創建された高山寺。
鎌倉時代に明恵上人が、後鳥羽上皇の命により、
華厳宗復興の道場として再興しました。

IMG_0322.jpg
で、こちらの小鳥やリスに見守られて、木の上で座禅する肖像画が明恵上人
密教や禅を取り入れた厳しい修行をした一方で、
亡くなるまでの約40年間、夢に見たことを日記に書き残し続けた人でもあったそう^^

IMG_0328.jpg
石水院は明恵上人が暮らしていた元学問所で、
当時から唯一残っている国宝建築です。

IMG_0334.jpg
せっかくなので、お抹茶をいただきました
栂の月というお菓子つき♪

IMG_0336.jpg
お茶券は鳥獣戯画に描かれているうさぎさん(^^)
[ 2011/03/27 23:20 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

びーんず亭

IMG_0293.jpg
コーヒーが飲みたくて、でもお店に入って座って飲むのではなくて、
手軽に飲みたいな~と思い、ふと錦市場の入り口にあるコーヒー屋さんを思い出して。

コーヒーテイクアウトしたついでに、豆まで買ってしまいました。
今日、Unirで豆2袋買ったばかりなのにね、3袋も(笑)。
オリジナルブレンド、スペシャルブレンド、マンデリン・ビルセレクシ。

IMG_0413.jpg
オリジナルブレンドは、コーヒー好きな会社の上司へのお土産に。
ちなみに、手作りのクッキーも一緒に買ったので、
お家に帰ってから、コーヒーと一緒にいただきました♪
[ 2011/03/26 23:10 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

紫野和久傳

IMG_0283.jpg
お夕飯は、前々から食べたかった「れんこん菓子」が目的で、
紫野和久傳で、れんこん菓子「西湖」がセットの穴子茶漬けをいただきました☆

山椒きいて美味しい^^
永谷園のお茶漬けのようなお茶漬けしか食べたことないから
贅沢で上品なお茶漬けが食べれて、なんだか嬉しい^^

IMG_0288.jpg
そして、西湖☆
れんこんの根から採れるでんぷんと和三盆でつくられた和菓子

和三盆の上品な甘み、そしてとぅるんとした食感♪
京都の和菓子ってどれもおいしさだけでなく、食感までこだわってて、
本当に上品でもっともっと知りたくなります(*^^*)
[ 2011/03/26 23:08 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

ぎおん徳屋

IMG_0281.jpg
ぎおん徳屋、ここも人気でいっつも並んでますよね。
私も女一人で、頑張って並びました(^^;

ど~しても食べたかったのは本わらびもち

IMG_0280.jpg
このわらびもち、すごいよ!
だって、飲める!(笑)
それほどめちゃめちゃとろ~~~~~んっとしてるのです。
箸で持っても、とろ~~んと落ちちゃいそうなほど!

きなこか黒蜜つけてたべてもいいけれど、
そのままでもほんのり上品なあまさでとってもおいしい。
でもやっぱり、食感というかのど越しがなんとも言えない!!!

ほんとにそのまま飲めてしまうくらい、とろ~~~~んなわらびもちでした(*^^*)
[ 2011/03/26 23:08 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

長岡天満宮

IMG_0262.jpg
長岡京は、784年に桓武天皇が平城京から都を移し、
794年に平安京が移されるまでの10年間、都があった場所。

菅原家の私有地があった旧都の一角に創設されたのが、この長岡天満宮だそうです。

IMG_0266.jpg
901年に菅原道真が九州の大宰府へ左遷された際、都との別れを惜しんでここに立ち寄り、
「我が魂、長くこの地に留まるべし」と詠んで、自作の木造を祀ったのが始まりとのこと。

IMG_0264.jpg
本殿は昭和16年に平安京の社殿を移築したもなので、新しいんですね。
梅の模様がきれいです☆
ちなみに梅は、長岡天満宮の紋です。

IMG_0275.jpg
八条が池、周囲およそ1キロ。
お散歩している人、たくさんみえました(^^)
なんかのんびり出来ていいところだなぁ~。

IMG_0279.jpg
池の向こうにある建物は錦水亭といって、たけのこの会席がいただけるそう。
この時は知らなかったのですが、たまたまこの日の夜、
ホテルでテレビをつけたら、この景色が映ってて!
観てたら、長岡京はたけのこの産地として有名なんだって。
地図見たら、確かに「竹林公園」とか「竹の径」とか「竹の里」とか竹がいっぱい!
錦水亭では、とても貴重な白く綺麗なたけのこがいただけるみたいです。


さて、長岡京を後にしてレンタサイクルの洛西口まで戻ったのですが、
結構遠くて、さすがに疲れてしまいました(^^;
金蔵寺とか、善峯寺とか、自転車で行ったのが無謀だったのかも
あそこまで山だと、電動アシストの意味まったくないしね(苦笑)。

それでも私にしては、一人でこんな旅したことなかったので
とってもいい経験、思い出になりました(^^)

さぁ、市内に戻ったら甘味をいただくぞ~!
[ 2011/03/26 23:05 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

Unir

IMG_0251_20130112230254.jpg
雑誌に載ってたコーヒー屋さん、Unir。
なんでもコンテストで受賞されたバリスタの方がいらっしゃるとか^^
コーヒー豆もお土産に買って帰りたいので、楽しみにしてました♪

IMG_0258.jpg
店内はかわいらいい色使い(*^^*)

IMG_0252.jpg

IMG_0254.jpg
鳥さんみたいなペンギンさんみたいなキャラクターもかわいいです(*^^*)

IMG_0256.jpg
豆を購入するとカプチーノサービスとのこと♪
わぁい、しかもラテアートすてき!!

IMG_0261.jpg

IMG_0295_20130112230401.jpg
ブラジルアグアリンパという豆をお土産に買って帰りました。
すごくおいしい♪
こんなステキなコーヒー屋さん、近くにあったらいいなぁ。
せめて、京都市内にでもいいから。。
[ 2011/03/26 23:04 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

乙訓寺(おとくにでら)

IMG_0245.jpg
推古天皇の勅願によって、聖徳太子が建立したという古いお寺。
平安京遷都後は荒廃してましたが811年、唐から帰朝した空海が、
このお寺の別当になり、再建にあたったそうです。

IMG_0247.jpg
ぼたん寺と言われているこのお寺は、
ゴールデンウィークの頃には、2000株もの牡丹に彩られるそうです(^^)
[ 2011/03/26 22:50 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

光明寺

IMG_0243.jpg
本当はね、十輪寺からまた坂を上って善峯寺に行きたくて、少し頑張ったんだけど、
雪が結構降ってきて、しかもさっきの金蔵寺並の坂ではないかと想像したら
しんどいから、諦めて途中で坂を下りてしましました
雪が理由といえば理由だけれど、やっぱり自転車を押しての山登りは無理だわ

大原野の辺りを後にして、長岡京市へ向かいます☆
だんだん民家も多くなってきて、しかも平坦な道の電動自転車は快適♪

光明寺は浄土宗の開祖、法然が比叡山を下りて始めて念仏の教えを説いたとされるお寺です。
御影堂にあがって仏様にお参りだけして、次の目的地へ向かいました。
[ 2011/03/26 22:50 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

十輪寺

IMG_0230_20130112225505.jpg
金蔵寺を後にして、ここに来るまで道に迷ってしまって、
ものすごく田舎道だったので泣きそうになったけれど、
なんとなくバス停があるから?みたいな勘で自転車を走らせたら
なんとかここ、十輪寺に到着することが出来ました

在原業平が晩年を過ごしたといわれるお寺。
別名、なりひら寺ともいうそうです。

ご本堂は鳳輦(ほうれん)形といって、
お神輿のような独特なカーブを描いた屋根が特徴になっています。

IMG_0231.jpg IMG_0235.jpg
IMG_0236.jpg
三方普感の庭。
業平御殿、渡り廊下、茶室とそろぞれ三方から眺めると、違った趣向を楽しめるという心の庭。
特に、御殿からの眺めは極楽浄土の境地に浸れるといいます。

IMG_0238.jpg
三方普感の庭を覆うように枝を伸ばした桜。
お寺の方に説明をしてもらった際、お茶室で手枕で横になって眺めると
桜の傘のように見えるので、「天蓋の桜」ともいうんですよ、とのこと。
ちょっと失礼して、横になって見上げてみました。
そうだね~桜が咲いてたら桜の傘になってるのだろうな~(^^)

IMG_0226_20130112225823.jpg
伊勢物語の主人公、プレイボーイの在原業平は、
ご本堂の裏手にあるこの「塩竃」で海水を汲んで塩を焼き風流を楽しんだそうです。
また、二条妃である藤原高子(たかいこ)を思う業平は、
高子が大原野神社に参拝する際に、ここで塩を焼いて紫色の煙をたなびかせ、
思いを託したというお話が、物語の小塩山という段に書かれているそう。

IMG_0227.jpg
大原野神社って、さっき行ったところよね。
ここから煙を上げて見えるのかしら???
と、塩竃の上を見上げてみる。
今はお家がたってたり障害物が多くてあまり想像できないけれど、
昔なら思いは届いたのかなぁ。
[ 2011/03/26 22:50 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

金蔵寺

IMG_0225.jpg
地図を見て明らかに結構な山の上にあると思われる金蔵寺(こんぞうじ)。
小塩山の中腹にあるのですが、標高350mらしく、
坂を自転車引いて上るのがものすごくしんどかった・・・。
本当に半端なくものすごくしんどかったので、何度も諦めそうになったもん・・・
よくのぼったわ・・・。

IMG_0224.jpg
718年に、元正天皇の願いにより隆豊禅師が建立したのが始まり。
平安遷都の際には、子院49を数えるまでに栄えたそうですが、応仁の乱でほぼ全焼。

IMG_0219.jpg
へぇぇぇ、こんな高い山の中腹にあるお寺にも戦火が及んだんですね。
応仁の乱ってすさまじいですね。。
現在の建物は、桂昌院によって再建されたものだそうです。

IMG_0221.jpg
標高350mからみえる京都の景色。
おにぎり持ってたので、この景色を見ながらお昼ご飯。

IMG_0222.jpg
でもね、むっちゃ寒かったので、いそいそと食べて金蔵寺を後にしました(^^;
[ 2011/03/26 22:50 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

正法寺

IMG_0189.jpg
唐招提寺を創建した鑑真の高弟、智威抱いとくが隠世したのが始まり。
応仁の乱で消失しましたが、1615年に再興されました。

IMG_0191.jpg
赤と白の椿が水に浮かんでたので、ちょっと触って並べてみました(^^)

IMG_0194.jpg
境内はお花で飾って綺麗にされてます^^

IMG_0197.jpg
あ、こちらにもピンクと白のお花♪

IMG_0200.jpg
全国から集められた鳥獣の形をした石を配した、鳥獣の石庭。
犬、亀、像、羊、ペンギン??、りす、もぐら??かえる、うさぎ、おうむ etc...
ペンギンって昔の人は知るはずないから、明らかに最近のものだよね??

IMG_0205_20130112224601.jpg
石庭は、東山連峰を借景としています。

IMG_0212.jpg

IMG_0217.jpg
境内には桜が少し花開いていて、お寺の外には梅が咲いていました(^^)
[ 2011/03/26 22:46 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

勝持寺(花の寺)

IMG_0186.jpg
勝持寺は680年、天武天皇の勅を受けて神辺大菩薩の行者が創建。
お寺は応仁の乱で全て消失したそうですが、
写真の仁王門だけは当時のものだそうです。

応仁の乱の戦火は、市外のここまで及んでたんですね。
びっくり。

IMG_0183.jpg
鳥羽天皇に仕えた藤原義清(のりきよ)が、1140年にこのお寺で出家し、庵を結びました。
この人が歌人として名高い西行法師

勝持寺は別名「花の寺」とも呼ばれ、境内の西行桜は西行が手入れし愛したといいます。
境内には桜が450本ほどあるそうで、もう少ししたら境内は桜で彩られるんだろうな^^

IMG_0177.jpg
こちらの石は、西行が出家する時にこの石を鏡の代わりに使って、
頭を剃ったと伝えられる「鏡石」。
[ 2011/03/26 22:42 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

大原野神社

IMG_0148.jpg
まず最初に向かったのは大原野神社。
桓武天皇が長岡京に遷都する時、藤原乙牟漏(おとむろ)が
藤原氏の氏神である奈良の春日大社、春日明神の分霊を祀ったのが始まり。
その為、本殿の様式は春日大社と同じ、春日造なのだそうです。

IMG_0151_20130112222957.jpg
鯉沢の池。
奈良の猿沢の池を模して、文徳天皇が造らせたのだそう。

IMG_0152.jpg
瀬和井(せがい)といって、清和天皇産湯の清水です。
大伴家持が愛飲し、古来から歌に詠まれるほど有名なお水なのだとか。

IMG_0156.jpg
こちらの神社で変わっているのは鹿。

IMG_0163.jpg IMG_0162.jpg
狛犬でなく「狛鹿」なんです。
鹿は春日大社の使神で、春日大社の主祭神の乗り物なんだって。

IMG_0165.jpg
こんな道を通って、次の目的地へ。
[ 2011/03/26 22:35 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

大原野~長岡天神 レンタサイクルの旅

IMG_0147_20130112222952.jpg
市内から離れてるし、バスもあまり通ってないみたいだし、
なかなか思い切って行く機会がなかったのですが、
でもどうしても大原野の方面に行ってみたくって。

調べたらレンタサイクルがあるみたいなので、これだ!と思って
念願の大原野方面、レンタサイクルで散策決定♪

京都からJRで「向日町駅」で下車、「東向日駅」へ歩いていって、
そこから阪急に乗り「洛西口駅」で下車したのだけれど、
なんと・・・みぞれっぽいのが結構降ってる・・・
どうしようとウロウロしてると、幸いにもだんだんやんできて、
駅裏の洛西口レンタサイクルで電動アシスト自転車を借りることが出来ました(^^;

さぁ、出発☆
電動自転車乗るのは初めてだけれど、なかなか快適
これから目指す方向を見てみると、青空だけれど雲がかかってるかなぁ
[ 2011/03/26 22:31 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

大極殿 栖園

IMG_0139.jpg
京都の甘味処、まだまだたくさん行きたい所があるのだけれど、
ここ「栖園」もその一つ。
琥珀流しという寒天がとても有名だそうで。

小腹が空いていたので、わらびもちのセットにしちゃいました☆

IMG_0137.jpg
琥珀流しは、月ごとに蜜が替わる寒天涼菓子で、4月は「桜蜜」。
なんだか透明でキラキラしててきれ~(^▽^)
女の子ならテンション上がりますよね(*^^*)

IMG_0134.jpg
寒天にしてはつるつるのど越し良かったです。
1月から3月は置いてないみたいですが、全ての月の蜜で食べてみたい!


IMG_0145_20130112155358.jpg
おみやげには平安神宮にも献上されているという、白餡の大極殿と、

IMG_0141.jpg
鞍馬の奥、京の山里をイメージし、背負い籠を模して作られた粒餡の「花背」。

[ 2011/03/25 15:53 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

一保堂茶舗

IMG_0129.jpg
ここ、いっつもお客さん待ちでいっぱいなんですよね~。
並ぶの嫌なので、今まで2回くらい諦めて帰ってるかな?(^^;
閉店近かったけれど、まだお客さんはいっぱい。
でも幸い1席だけ空いてたのでラッキーでした☆

お抹茶も好きなんだけど、後味がすっきりしないので煎茶にしました。
お茶の淹れ方、教えてくれるんですね!
ちゃんと下淹れ方なので、家でも実践できるので嬉しい(^0^)

まず大事なのはお湯の温度。
私はあっついのが大好きなので、どうしても沸騰した手のお湯を使ってしまうのだけれど、
それだと苦味が出ちゃうんだって。

お湯飲みが2客あるのは、まずはお湯をお湯飲みに入れて、
少ししたらもう1客のお湯飲みに移して、また暫くしたら、
そのお湯を急須に注ぐと、程よい80度の温度になるのだそう。

茶葉も一人分は大さじ山盛り2杯は入れるんだって!
およそ待つこと1分。

ほんと、渋みがなくってなんてまろやかで美味しいお茶(>▽<)
でもちゃんと後味すっきり!

2杯目以降は、1分待たずすぐ淹れてもいいみたいです☆

IMG_0131.jpg
お家に帰ったら、さっそくお家にある茶葉で実践してみよ~♪
[ 2011/03/25 15:51 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

村上開新堂

IMG_0127.jpg
お土産に、村上開新堂のロシアケーキを買いに行きました☆

IMG_0126.jpg
ケーキと言ってもクッキーです。
明治37年創業だそうで、店内はとてもレトロ。

IMG_0424.jpg
一応全種類購入してみました☆
厚みがあって、素朴な味のクッキーでした(^^)
[ 2011/03/25 15:50 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

仁和寺

IMG_0063.jpg
仁和寺に訪れるのも2度目。
世界遺産なのに4年前に訪れた時は、ま~ったく知識なしで行ったもので、
もう一度ちゃんとみてみたくて、やってきました☆

IMG_0066.jpg IMG_0065.jpg
徳川家光が建立した仁王門で、知恩院・何千時と並ぶ京都三大門の一つ。
とても立派な門ですね(^0^)

IMG_0072.jpg
宸殿から見える勅使門。
とても立派らしいのですが、あとで近くで見ることにします(^^)

仁和寺は888年に宇多天皇によって創建され、宇多天皇出家後、
法皇として寺内で政務を執り、「御室」と呼ばれる僧坊を建てて住まわれたことから、
「御室御所」と呼ばれるようになりました。
その後も明治時代まで皇族出身者が歴代の住職を務めていたことから
皇室との縁が深く、写真の勅使門など、随所にその面影が残っています。

IMG_0073.jpg
わぁぁぁぁ(*^▽^*)花嫁さんだぁ~!!!

IMG_0091.jpg
前撮りですね♪世界遺産で撮影なんてステキ~~~♪
私も京都で式挙げてみたいなぁ~(*^^*)

IMG_0086.jpg
心の字池の向こうに見える五重塔。
もうすぐ桜の時期だけれど、桜が咲いてたらとてもきれいだろうなぁ~。

IMG_0081.jpg
杉戸絵、桜がステキですね。
美しすぎる顔を隠す為に、鬼のお面を被って戦った中国の「蘭陵王」が描かれています。

IMG_0068.jpg IMG_0075.jpg
IMG_0092.jpg IMG_0094.jpg
仁和寺には桜の紋がたくさんあります(^^)
[ 2011/03/25 15:46 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

持等院

IMG_0041.jpg
室町時代、足利政権って正直あんまりよくわからない。
その前の鎌倉時代とか、あとの戦国時代とかは
本で読んだり、テレビでよくやってたりするのだけれど。

持等院は足利将軍家の菩提寺。

IMG_0052.jpg
霊光殿では歴代の足利将軍がずら~っと左右に並んでいました。
わかったのは、尊氏・義満・義政・義昭くらいかなぁ~。

7代目の将軍はなんと、子供でした。
義勝というそうですが、9歳で将軍職を継ぎ、第7代将軍となったそうです!

IMG_0047.jpg IMG_0049.jpg
方丈の北の庭と東の庭を散策~。

IMG_0042.jpg
足利尊氏のお墓、宝篋印塔。

IMG_0054.jpg IMG_0055_20130112153648.jpg
IMG_0057_20130112153649.jpg IMG_0058.jpg
北の庭園は芙蓉池を中心に、背後に衣笠山を借景として、
義政好みの茶室「清漣亭」が配されて、四季折々の草花が咲くお庭。

東の庭園は夢窓疎石の作で、礎石を残すのみとなっています。
[ 2011/03/25 15:37 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

フルーツパーラー・クリケット

IMG_0038.jpg
平野神社の近くにある果物屋さん、フルーツパーラー・クリケット。
こちらのゼリー、雑誌でたまに見かけるので食べてみたくって(^¬^)

ゼリーはグレープフルーツ・オレンジ・レモンがあって、
どれも好きでと~っても悩んだのですが、オレンジにしました

オレンジをまるごと1個つかったゼリー
蓋になってる果汁をゼリーにしぼっていただきます♪
と~ってもジューシーで、固すぎもせず柔らかすぎもせず、
ふるふるっ♪って感じです(*^^*)
上に乗ってる甘い生クリームとの相性もよかったです♪
[ 2011/03/25 15:23 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

平野神社

IMG_0031.jpg
桓武天皇が平安遷都の際、奈良から移したと伝えられる平野神社。
本殿は、春日造りの4段を2段ずつ連結させた翼春日造りで、
平野造りといわれる珍しい構造になっているとのこと。

IMG_0033.jpg
そして、平野神社といえば桜の名所。
いちど桜の時期に行って見たいのだけれど、
混むからその時期の京都はどうしても避けがちです^^;

IMG_0035.jpg
境内には約50種類、550本もの桜があるそうです
桜で有名だからか、境内には桜のモチーフがあちこちに^^

IMG_0036.jpg
境内には、お花見の準備がされてました。
お店とかもなんか本格的~。
[ 2011/03/25 15:11 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

千本釈迦堂

IMG_0021.jpg
以前こちらに訪れた時は、おかめさんだけ見て終わっちゃったのだけれど、
今回は霊宝殿の六観音様を拝観しにやってきました!

IMG_0024.jpg
3月末、桜はまだ咲いておらず(_ _)
一昨年も同じ時期だったなぁ(笑)。

IMG_0025.jpg
千本釈迦堂、別名大報恩寺の本堂は国宝なんです。
鎌倉時代に建てられたのですが、応仁の乱の際には京都のほとんどの寺社が焼けてしまい、
今ある寺社は再建によるものなのですが、こちらの本堂は
応仁の乱の災禍を奇跡的に逃れて、洛中で現存する最古の建造物なのです!

本堂には刀や槍の跡がたくさん残っていました。
この辺りが西軍の陣の中心部だった為、ギリギリの攻防がありながらも守られたんですね。

IMG_0027.jpg
霊宝殿の六観音像様はどこか心に響くものがありました。
定慶の作で、鎌倉初期に流行した「六道信仰」に因んで六観音を勢揃いさせたとのこと。
この世に生きる全てのものは「地獄・飢餓・畜生・修羅・人間・天」の六道で
生と死を繰り返すそうなのですが、その六道に六観音を割り当てて、
それぞれを信仰することで、どこの世界へ行っても安心だということだそうです。

IMG_0019_20130112145152.jpg
ちなみに、
地獄・・・聖観音
飢餓・・・千手観音
畜生・・・馬頭観音
修羅・・・十一面観音
人間・・・准胝観音
天・・・・如意輪観音 だそうです。
[ 2011/03/25 14:57 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

町屋カフェ ひだまり

IMG_0014.jpg
昔ながらの町屋を利用した、いわゆる町屋カフェ「ひだまり」。
コーヒーをオーダーしたら、蕎麦ぼうろが2個ついてました(^^)

IMG_0015.jpg
店内は暗めで、なんか町屋の雰囲気が出てます(^^)
台所は2階まで吹き抜けで、いかにもって感じ。
でも寒そう。

IMG_0016.jpg
どこか懐かしさを感じるような、素朴でほっこりできるカフェでした☆

IMG_0017.jpg
[ 2011/03/25 14:39 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

老松

IMG_0009.jpg
北野天満宮の裏側から出て、上七軒を歩いてみました。

すると老松発見♪
お店の外できんつばらしきものを焼いていたので、一つ買って食べ歩き

IMG_0011_20130112143547.jpg
ピンク色で、桜の焼印があって春らしい(^^)
[ 2011/03/25 14:30 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

北野天満宮

IMG_9960.jpg
毎月25日に北野天満宮で行われる骨董市「天神さん」。
平日だというのに、大変賑わってました!
境内だけでなく、周辺の通りでもお店がたっくさん出てました!

IMG_0008_20130112140002.jpg IMG_0030.jpg
天神さん、一度行ってみたかったのよね。
とは言っても骨董に興味はないし、何が掘り出し物かもわからいので
こんなものなのね~と、最終的にはほとんど素通り(^^;

IMG_9964.jpg
北野天満宮の7不思議、探してみようと思ったのだけれど、
お店が立ち並んでいて、人も多く、結局断念して楼門まで来てしまいました(^^;

IMG_9966.jpg
楼門へ上がったところから見えた梅苑。
梅の見頃は2月の中旬~3月の中旬だそうで、今は3月末ということで、
梅も少し散ってしまったように見えます。

IMG_0002.jpg IMG_0001.jpg
境内には梅のモチーフがいろんな所にあります^^

IMG_0028_20130112140207.jpg
桜が少し咲き始めてます

IMG_0003.jpg
梅苑に入らなくても、境内にはたくさん梅があるので楽しめます

IMG_9974.jpg
IMG_9994.jpg
IMG_9977.jpg IMG_9982.jpg
[ 2011/03/25 14:07 ] 京都 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。