FC2ブログ



大極殿 栖園

IMG_0139.jpg
京都の甘味処、まだまだたくさん行きたい所があるのだけれど、
ここ「栖園」もその一つ。
琥珀流しという寒天がとても有名だそうで。

小腹が空いていたので、わらびもちのセットにしちゃいました☆

IMG_0137.jpg
琥珀流しは、月ごとに蜜が替わる寒天涼菓子で、4月は「桜蜜」。
なんだか透明でキラキラしててきれ~(^▽^)
女の子ならテンション上がりますよね(*^^*)

IMG_0134.jpg
寒天にしてはつるつるのど越し良かったです。
1月から3月は置いてないみたいですが、全ての月の蜜で食べてみたい!


IMG_0145_20130112155358.jpg
おみやげには平安神宮にも献上されているという、白餡の大極殿と、

IMG_0141.jpg
鞍馬の奥、京の山里をイメージし、背負い籠を模して作られた粒餡の「花背」。

スポンサーサイト



[ 2011/03/25 15:53 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

一保堂茶舗

IMG_0129.jpg
ここ、いっつもお客さん待ちでいっぱいなんですよね~。
並ぶの嫌なので、今まで2回くらい諦めて帰ってるかな?(^^;
閉店近かったけれど、まだお客さんはいっぱい。
でも幸い1席だけ空いてたのでラッキーでした☆

お抹茶も好きなんだけど、後味がすっきりしないので煎茶にしました。
お茶の淹れ方、教えてくれるんですね!
ちゃんと下淹れ方なので、家でも実践できるので嬉しい(^0^)

まず大事なのはお湯の温度。
私はあっついのが大好きなので、どうしても沸騰した手のお湯を使ってしまうのだけれど、
それだと苦味が出ちゃうんだって。

お湯飲みが2客あるのは、まずはお湯をお湯飲みに入れて、
少ししたらもう1客のお湯飲みに移して、また暫くしたら、
そのお湯を急須に注ぐと、程よい80度の温度になるのだそう。

茶葉も一人分は大さじ山盛り2杯は入れるんだって!
およそ待つこと1分。

ほんと、渋みがなくってなんてまろやかで美味しいお茶(>▽<)
でもちゃんと後味すっきり!

2杯目以降は、1分待たずすぐ淹れてもいいみたいです☆

IMG_0131.jpg
お家に帰ったら、さっそくお家にある茶葉で実践してみよ~♪
[ 2011/03/25 15:51 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

村上開新堂

IMG_0127.jpg
お土産に、村上開新堂のロシアケーキを買いに行きました☆

IMG_0126.jpg
ケーキと言ってもクッキーです。
明治37年創業だそうで、店内はとてもレトロ。

IMG_0424.jpg
一応全種類購入してみました☆
厚みがあって、素朴な味のクッキーでした(^^)
[ 2011/03/25 15:50 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

仁和寺

IMG_0063.jpg
仁和寺に訪れるのも2度目。
世界遺産なのに4年前に訪れた時は、ま~ったく知識なしで行ったもので、
もう一度ちゃんとみてみたくて、やってきました☆

IMG_0066.jpg IMG_0065.jpg
徳川家光が建立した仁王門で、知恩院・何千時と並ぶ京都三大門の一つ。
とても立派な門ですね(^0^)

IMG_0072.jpg
宸殿から見える勅使門。
とても立派らしいのですが、あとで近くで見ることにします(^^)

仁和寺は888年に宇多天皇によって創建され、宇多天皇出家後、
法皇として寺内で政務を執り、「御室」と呼ばれる僧坊を建てて住まわれたことから、
「御室御所」と呼ばれるようになりました。
その後も明治時代まで皇族出身者が歴代の住職を務めていたことから
皇室との縁が深く、写真の勅使門など、随所にその面影が残っています。

IMG_0073.jpg
わぁぁぁぁ(*^▽^*)花嫁さんだぁ~!!!

IMG_0091.jpg
前撮りですね♪世界遺産で撮影なんてステキ~~~♪
私も京都で式挙げてみたいなぁ~(*^^*)

IMG_0086.jpg
心の字池の向こうに見える五重塔。
もうすぐ桜の時期だけれど、桜が咲いてたらとてもきれいだろうなぁ~。

IMG_0081.jpg
杉戸絵、桜がステキですね。
美しすぎる顔を隠す為に、鬼のお面を被って戦った中国の「蘭陵王」が描かれています。

IMG_0068.jpg IMG_0075.jpg
IMG_0092.jpg IMG_0094.jpg
仁和寺には桜の紋がたくさんあります(^^)
[ 2011/03/25 15:46 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

持等院

IMG_0041.jpg
室町時代、足利政権って正直あんまりよくわからない。
その前の鎌倉時代とか、あとの戦国時代とかは
本で読んだり、テレビでよくやってたりするのだけれど。

持等院は足利将軍家の菩提寺。

IMG_0052.jpg
霊光殿では歴代の足利将軍がずら~っと左右に並んでいました。
わかったのは、尊氏・義満・義政・義昭くらいかなぁ~。

7代目の将軍はなんと、子供でした。
義勝というそうですが、9歳で将軍職を継ぎ、第7代将軍となったそうです!

IMG_0047.jpg IMG_0049.jpg
方丈の北の庭と東の庭を散策~。

IMG_0042.jpg
足利尊氏のお墓、宝篋印塔。

IMG_0054.jpg IMG_0055_20130112153648.jpg
IMG_0057_20130112153649.jpg IMG_0058.jpg
北の庭園は芙蓉池を中心に、背後に衣笠山を借景として、
義政好みの茶室「清漣亭」が配されて、四季折々の草花が咲くお庭。

東の庭園は夢窓疎石の作で、礎石を残すのみとなっています。
[ 2011/03/25 15:37 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

フルーツパーラー・クリケット

IMG_0038.jpg
平野神社の近くにある果物屋さん、フルーツパーラー・クリケット。
こちらのゼリー、雑誌でたまに見かけるので食べてみたくって(^¬^)

ゼリーはグレープフルーツ・オレンジ・レモンがあって、
どれも好きでと~っても悩んだのですが、オレンジにしました

オレンジをまるごと1個つかったゼリー
蓋になってる果汁をゼリーにしぼっていただきます♪
と~ってもジューシーで、固すぎもせず柔らかすぎもせず、
ふるふるっ♪って感じです(*^^*)
上に乗ってる甘い生クリームとの相性もよかったです♪
[ 2011/03/25 15:23 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

平野神社

IMG_0031.jpg
桓武天皇が平安遷都の際、奈良から移したと伝えられる平野神社。
本殿は、春日造りの4段を2段ずつ連結させた翼春日造りで、
平野造りといわれる珍しい構造になっているとのこと。

IMG_0033.jpg
そして、平野神社といえば桜の名所。
いちど桜の時期に行って見たいのだけれど、
混むからその時期の京都はどうしても避けがちです^^;

IMG_0035.jpg
境内には約50種類、550本もの桜があるそうです
桜で有名だからか、境内には桜のモチーフがあちこちに^^

IMG_0036.jpg
境内には、お花見の準備がされてました。
お店とかもなんか本格的~。
[ 2011/03/25 15:11 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

千本釈迦堂

IMG_0021.jpg
以前こちらに訪れた時は、おかめさんだけ見て終わっちゃったのだけれど、
今回は霊宝殿の六観音様を拝観しにやってきました!

IMG_0024.jpg
3月末、桜はまだ咲いておらず(_ _)
一昨年も同じ時期だったなぁ(笑)。

IMG_0025.jpg
千本釈迦堂、別名大報恩寺の本堂は国宝なんです。
鎌倉時代に建てられたのですが、応仁の乱の際には京都のほとんどの寺社が焼けてしまい、
今ある寺社は再建によるものなのですが、こちらの本堂は
応仁の乱の災禍を奇跡的に逃れて、洛中で現存する最古の建造物なのです!

本堂には刀や槍の跡がたくさん残っていました。
この辺りが西軍の陣の中心部だった為、ギリギリの攻防がありながらも守られたんですね。

IMG_0027.jpg
霊宝殿の六観音像様はどこか心に響くものがありました。
定慶の作で、鎌倉初期に流行した「六道信仰」に因んで六観音を勢揃いさせたとのこと。
この世に生きる全てのものは「地獄・飢餓・畜生・修羅・人間・天」の六道で
生と死を繰り返すそうなのですが、その六道に六観音を割り当てて、
それぞれを信仰することで、どこの世界へ行っても安心だということだそうです。

IMG_0019_20130112145152.jpg
ちなみに、
地獄・・・聖観音
飢餓・・・千手観音
畜生・・・馬頭観音
修羅・・・十一面観音
人間・・・准胝観音
天・・・・如意輪観音 だそうです。
[ 2011/03/25 14:57 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

町屋カフェ ひだまり

IMG_0014.jpg
昔ながらの町屋を利用した、いわゆる町屋カフェ「ひだまり」。
コーヒーをオーダーしたら、蕎麦ぼうろが2個ついてました(^^)

IMG_0015.jpg
店内は暗めで、なんか町屋の雰囲気が出てます(^^)
台所は2階まで吹き抜けで、いかにもって感じ。
でも寒そう。

IMG_0016.jpg
どこか懐かしさを感じるような、素朴でほっこりできるカフェでした☆

IMG_0017.jpg
[ 2011/03/25 14:39 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

老松

IMG_0009.jpg
北野天満宮の裏側から出て、上七軒を歩いてみました。

すると老松発見♪
お店の外できんつばらしきものを焼いていたので、一つ買って食べ歩き

IMG_0011_20130112143547.jpg
ピンク色で、桜の焼印があって春らしい(^^)
[ 2011/03/25 14:30 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

北野天満宮

IMG_9960.jpg
毎月25日に北野天満宮で行われる骨董市「天神さん」。
平日だというのに、大変賑わってました!
境内だけでなく、周辺の通りでもお店がたっくさん出てました!

IMG_0008_20130112140002.jpg IMG_0030.jpg
天神さん、一度行ってみたかったのよね。
とは言っても骨董に興味はないし、何が掘り出し物かもわからいので
こんなものなのね~と、最終的にはほとんど素通り(^^;

IMG_9964.jpg
北野天満宮の7不思議、探してみようと思ったのだけれど、
お店が立ち並んでいて、人も多く、結局断念して楼門まで来てしまいました(^^;

IMG_9966.jpg
楼門へ上がったところから見えた梅苑。
梅の見頃は2月の中旬~3月の中旬だそうで、今は3月末ということで、
梅も少し散ってしまったように見えます。

IMG_0002.jpg IMG_0001.jpg
境内には梅のモチーフがいろんな所にあります^^

IMG_0028_20130112140207.jpg
桜が少し咲き始めてます

IMG_0003.jpg
梅苑に入らなくても、境内にはたくさん梅があるので楽しめます

IMG_9974.jpg
IMG_9994.jpg
IMG_9977.jpg IMG_9982.jpg
[ 2011/03/25 14:07 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

七味唐辛子 長文屋

IMG_9941.jpg
目の前で材料を混ぜ合わせて、お好みの辛さに七味を作ってくれるという
長文屋さんで、七味のお土産を買いに行きました☆

IMG_9945.jpg
店内に入ると、なんて香ばしい匂い!!(^-^)
辛口で、山椒多めに作ってもらいました☆

IMG_4844.jpg
自分のリクエストでオリジナルの七味が出来るの楽しいですね!
[ 2011/03/25 13:44 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

大将軍八神社

IMG_9935.jpg
一条通商店街をてくてく歩いていると大将軍八神社があります。

平安京の北に位置するこの一条通は、平安京の内部と外部の境界線でした。
内部には人間が住み、外部には怨霊や魑魅魍魎が住んでいると信じられていました。
なので、この通りは人間と妖怪の世界の境界線。
内部に災いが入ってこないように、
北西の方角を守護する神様として、この神社が建てられました。

そうそう、商店街は「妖怪ストリート」の幟があちこちに立っていて、
お店の前には手作りの妖怪がいっぱいいました(笑)。

IMG_9936.jpg

IMG_9939.jpg
この神社に祀られているのは方位の神様です。
八角形の石は方位をあらわすそう。
[ 2011/03/25 13:22 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

澤屋の粟餅

IMG_9931.jpg
以前に北野天満宮に行った時、なんと定休日でショックだった澤屋。
念願の澤屋で朝ごはん代わりに粟餅をいただきます☆

IMG_9930_20130112124459.jpg
こし餡で丸い形のが3個、きなこで細い形のが2個。
きなこのいい香りがして、食欲をそそります(^¬^)
とお~っても柔らかいです!
お餅につぶつぶしたのが入ってるのが粟のようです。

ペロッと感触しちゃいました(^^)
[ 2011/03/25 12:43 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

市比賣神社

IMG_9908.jpg
今年は前厄なので、厄除けは女人厄除けで有名というここ市比賣神社に来ようと
前々から思っていて、やってきました!
前回は朝一過ぎておみくじ引けなかったので、
あのかわいい姫みくじを引いてみます。

IMG_9921_20130112122917.jpg
わ~~い、やったぁ!大吉(^0^)v
彼との将来のことも良さそうなこと書いてある♪♪
前厄でもちゃんと身を慎んで行動してればよさそうです(^^)

IMG_9925.jpg
天の真名井の上にたくさん置いてある姫みくじの中に、
私もお願い事を書いた姫みくじを置いてお願い事(-人-)

IMG_9910.jpg

来年は本厄なので、お祓いをしに来ようと思ってます!
[ 2011/03/25 12:29 ] 京都 | TB(0) | CM(0)