FC2ブログ



cafe independants

IMG_1650.jpg
三条の1928ビルの地下、少しレトロな雰囲気のカフェ
星型の窓、星型に張り出したバルコニー、かわいいですよね!
昔は毎日新聞社のビルで、星形は社章に基づいたものなんだって。
4年前にここの2階、大学の友人の結婚式の2次会で来たことあるんだけど、
当時はこのビルが、京都市登録有形文化財だなんて全く知らなかったな~。

IMG_1652.jpg
店内は広々とした空間。
テーブルや椅子を置いていない、空いた空間がいい感じ。
床のタイルとか、ランプの様な色の照明がステキ。

IMG_1653.jpg
コーヒー一杯での~んびりして、疲れた体を癒しました(^^)
スポンサーサイト



[ 2011/09/22 22:06 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

茶寮 宝泉

IMG_1645.jpg
比叡電鉄の出町柳まで戻って、さぁ次は甘味を(^¬^)
疲れたもんね~甘いもの食べなきゃ♪

市バスに乗って、北洛高校前で下車。
てくてく歩いて向かったのは、前から行きたくて仕方なかった「宝泉」。
京都のわらびもちは有名なところがたくさんあって、
それぞれ特徴があるみたいなので、ぜ~んぶ食べてみたくって(^¬^)

IMG_1647.jpg
さっそくオーダーしたわらびもちは、5個でなんと950円!!(^^;たかっ・・・

オーダーしてから作るのでお時間がかかるとのこと。
で、やっと出てきたわらびもちは、黒光りしていてきれい(^^)
お箸で持つとびよ~~んって伸びる!
口の中に入れるとぷるぷるで、すぐにとろ~~っとなって喉に流れていく感じ。
早く口の中からなくなってしまうので、もったいない(笑)。

十分に味わって食べたけど、なんだか物足りない~!
もっと食べたいなぁ。
[ 2011/09/22 21:02 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

蓮華寺

IMG_1611.jpg
比叡電鉄「三宅八幡」で下車して、今度は蓮華寺に向かいます。

拝観券がちょっと変わってます(^^)

IMG_1610.jpg
こちらでは拝観者が私以外に1人しかいなくって、
ほ~んとに凛とした空間で、座って石川丈山作の
池泉回遊式庭園を眺めてると、静けさが心に響くようでした(^-^)

IMG_1618.jpg
右側には船石、真ん中には鶴石、左の方には亀石が見えます。

IMG_1616.jpg
こちらの灯篭、なんだかユニークな形ですよね。
六角形で急勾配の背の高い傘で、「蓮華寺型石灯篭」というそうです。
[ 2011/09/22 20:49 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

妙満寺

IMG_1601.jpg
道に迷って、やっとのことで到着。
パン屋さんから40分も歩きました(^^;

1389年に、日蓮上人に帰依した日什(にちじゅう)上人により回帰された妙満寺は、
最初は小さな庵でしたが、流浪の歴史を持つ寺と言われており、
その後は各地転々として、現在の岩倉の地に移されて今日に至るそうです。

IMG_1603.jpg
仏舎利塔。
道に迷ってたところ、この仏舎利が塀の外から見えたから、
最後は何とかたどり着けたという感じでした(笑)。

日什上人の骨も奉安されているとのこと。

IMG_1606.jpg
雪の庭。
誰もいないしんとした空間で、お庭を眺めるってホントに心落ち着きます。
雪の庭という名の通り、雪の降り積もる頃の景観が最も趣があるとのこと。

その他の見所は、「安珍・清姫の鐘」。
[ 2011/09/22 16:27 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

妙満寺周辺

DSC00759.jpg
貴船から木野駅で途中下車。

DSC00758.jpg
山のすぐ近くで、こういう京都もいいなぁと、
妙満寺までお散歩気分で歩いていきます♪

DSC00762.jpg
途中、パン屋さんを発見♪(^0^)
Les Freres Moutaux (レ フレール ムトウ)というお店で、
田舎っぽい場所にしてはステキなパン屋さん☆

DSC00761.jpg
お昼ご飯食べてないので、パン買いました☆

妙満寺へ向かったのですが、道に迷ったらしく、
なんだかちっちゃい山一周してしまった。。。
結構歩いたなぁ(=_=)
[ 2011/09/22 16:25 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

貴船神社

IMG_1583.jpg
貴船神社は2回目。
初めて来たのは4年前で、彼と初めての京都旅行で
その時はあんまり歴史に興味がなくって、名所を訪れても「ふ~ん」で終わってしまって、
あまりこれといった印象も残らず終わってたので。。
そういうの多いのよね、1度訪れたことある京都の名所。
だからもう一度、少しでも知識持った上で訪れてみたいなぁって、思ってたんだよね。

貴船は「大地の気の生ずる場所、根元」ということから、
「気性根」と呼ばれる党になったとも言われる場所。

IMG_1588.jpg
貴船神社は鴨川の水源である貴船川沿いに立つ古社。
水をつかさどる神として、平安時代以降は
朝廷・皇室からの格別な崇拝を集めてきたそうです。

三社詣と呼ばれる慣わしがあって、本宮→奥宮→ 恋の道を通って・・→結社
へお参りをして、お願い事をするそうなので、その通りにお参りします☆

IMG_1592.jpg
思ひ川。
平安時代、和泉式部が夫の自分に対する気持ちが冷めてしまったことに悩み、
夫の気持ちを取り戻せるよう、貴船神社に祈願に来たそう。

その際に、この思ひ川に飛ぶ蛍を見て、切ない心情を歌に託して祈願したところ、
願いは叶えられ、夫婦仲を取り戻せたそうです。

IMG_1595.jpg
奥宮です。
どこからともなく、横笛?の音が。
なんだか平安の昔にタイムスリップしたような、不思議な感覚になりました。
気のせいかと思ったのだけれど、やっぱり微かにどこからか聴こえる。

IMG_1596.jpg
こちらは船形石。
まだ聴こえてくる笛の音。
と、駐車場?の人?一人が入れるようなちっちゃなプレハブのような小屋の中で
男の人が横笛を吹いてました!
すてきな時間をありがとうございました(^^)

IMG_1598.jpg
そして最後は結社。
磐長姫命 (いわながひめのみこと) がご神祭。
妹が選ばれて輿入れが叶わなかったことを恥じた磐長姫が、
「自分はここで縁結びの神とナリ、世の人のために良縁をつむごう」と言って、
縁結びの神様になったのだそう。
和泉式部が通い詰めたお社です。

今の彼と結婚できますように(^m^)
[ 2011/09/22 16:23 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

鞍馬寺

IMG_1563.jpg IMG_1564.jpg
IMG_1566.jpg IMG_1567.jpg
来年の大河ドラマは「平清盛」。
前から鞍馬寺には行きたいと思ってはいたけれど、始まる前に行って勉強したいな~
という気持ちでやってきました☆
つづら折の参道、若干薄暗いけれど見上げれば青色の濃い空!
はりきってのぼっていきます☆

動画

IMG_1571_20130108161342.jpg
最初に目にしたのは、金剛床(こんごうしょう)。
内奥に宇宙の力を蔵する人間が、宇宙そのものと一体化するという、
鞍馬山の教えの理想を表現している、噂のパワースポットのなのだけど、
宇宙って、昔の人のいう宇宙って今の私達の知っている宇宙とはやっぱり違うよね?
そうだとすると、あまりしっくりこないのだけれど。。。

IMG_1573.jpg
でもこの金剛床の中心になって金堂裏の山、空を見上げると、
なんとなくこのあたりに満ちる生命のパワーなのかな?
清らかな気持ちがわいてくるような感覚に(^^)

動画

IMG_1574_20130108161344.jpg
霊宝殿で仏像を拝観した後、奥の院へ向かいます。
まずは、義経息つぎの水。
牛若丸が東光坊から奥の院へ兵法の修行へ通う途中、
この水を飲んでのどを潤したと伝えられています。

IMG_1575_20130108161345.jpg
奥洲へ下る牛若丸が、鞍馬山と名残りを惜しんで、
この石と背比べをしたといわれている、背比べ石(せくらべいし)。

IMG_1577_20130108161341.jpg
雑誌の写真で見て、一度自分の目で見てみたかった「木の根の道」。
岩盤が固く、地下に根を張れない杉の根が地表から露出してるんですね。
辺りのしんとした薄暗い空間の中、ちょっと幻想的にも見えます。

IMG_1580_20130108161402.jpg
奥の院魔王殿に到着!
650万年前!?に金星から地球の霊王として天降り、
地上の創造と破壊を司るという護法魔王尊を安置してるとのこと。

この裏に続く山を500メートル程おりていくと、貴船へ出ます。
くだりの階段、のぼりより苦手なんだよね~(^^;
昨日の台風の雨のためか、足元もぬかるんでて歩きにくかった~~
[ 2011/09/22 16:15 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

由岐神社

IMG_1555.jpg
鞍馬寺への道の途中にある由岐神社。
見上げると、大きな木!
このご神木は「大杉さん」と親しまれていて、なんと樹齢800年だそう。

IMG_1559.jpg IMG_1562.jpg
由岐神社は平安京の北方の鎮めとして940年に創設された、
火難除、子授安産などで有名な神社です。

この狛犬、写真で見にくいのだけれど子供を抱いているんですよ。
子授安産の神様として古くより信仰されているとの事。

そして、豊臣の家紋発見。
秀吉の信仰が厚く、秀頼がのちに本殿と拝殿を再建したのだそう。
拝殿は入母屋造桧皮葺の舞台造りで、中央をくり抜き通路にした
珍しい「割拝殿」と呼ばれる形式で、国の重要文化財になっているそうです。

[ 2011/09/22 16:10 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

比叡電鉄

IMG_1539.jpg
出町柳から鞍馬まで比叡電鉄の旅。
いつもバスなので、のんびりした感じで新鮮

IMG_1545.jpg
鞍馬駅では大きな天狗さんがお出迎え
平家討滅の望みを達せられるように、牛若丸に兵法の秘伝を授けたという山伏は、
自分を大天狗だといっていたところからきてるのかな。

IMG_1546.jpg
昨日は台風だったけれど、青空が見えます(^^)

IMG_1552.jpg
ケーブルカーは使わず、上まで歩いていきまぁす
[ 2011/09/22 16:02 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

下鴨神社

IMG_1524.jpg
早朝の糺の森は訪れる人も少なく、とっても静かで幻想的な空間。
京都でも好きな場所のひとつです(^^)

IMG_1526.jpg
お参りする前にまずは、手水。
下鴨神社の手水舎は少し変わってて、舟形なんですよね。
石の先端部の吐水は,樹齢600年のケヤキなんだって!

IMG_1527.jpg
正面鳥居くぐって・・・。

IMG_1531.jpg
下鴨神社の神様に、妹の安産祈願(_ _)

IMG_1536.jpg
縁結びのご神木、連理の賢木があるがある、相生社です。
二本の木が一本に結ばれていることから、縁結びにご利益があることで有名ですね。
下鴨神社を訪れるのは2回目なので、説明省きます~。

IMG_1537.jpg
さざれ石。
さざれ石って、いろんなところにあるんだね。
覚えてるところでは歓修寺かな?

ちいさな石という意味で、年とおもに成長し、
岩となると信じられている神霊の宿る石だそうです。
[ 2011/09/22 02:08 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

河合神社(下鴨神社)

IMG_1520.jpg
今日のメインは「鞍馬山」ですが、その前に朝一で
美人祈願で有名な下鴨神社の摂社、河合神社へ足を運びました。

お祀りされてるのは、女性守護で
日本第一美麗の神といわれる玉依姫命(たまよりびめのみこと)。

IMG_1521.jpg
境内にずら~~っとかわいいお顔が並んでます(^^)
これは「鏡絵馬」といって、お顔を自分に見立てて、
クレヨンや手持ちの化粧品などで綺麗な顔にし、
裏に名前と願い事を書いて奉納します。

私も鏡絵馬書いて、身も心も美人になりたかったのだけれど、
残念ながら朝一過ぎて、奉納できませんでした(v_v)

IMG_1523.jpg
鴨長明ゆかりの社「方丈の庵」もありました。
世の無常と人生のはかなさが綴った方丈記の作者、鴨長明は
各地転々として、ここの住処をつくったそうなのですが、それがこの「方丈」。
写真撮るの忘れちゃったんだけど。。
広さは一丈(約3m)四方。畳約五畳半くらいでとてもちいさな庵でした。
[ 2011/09/22 00:45 ] 京都 | TB(0) | CM(0)