スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

へレス → グラナダへ

IMG_3787.jpg
ヘレス・デ・フロンテーラからセビーリャに戻ってきました。
20:00にPLAZA DE ARMASからグラナダへの高速バスに乗るので、
ホテルの近くのユダヤ人街で夕食を食べました。

食べ終わった後、ホテルに戻るまでの道、虹が!
思わずシャッター切ってしまいました☆

ホテルで荷物を受け取り、バス停へ。
バス停はホテル前の道路の向こう側、少し歩いたところに。
ホント、ホテルはいい場所だったわ~♪

IMG_3793.jpg
乗るのはこのバスです。
運転手さんにもらった紙袋に軽食が入ってました。

DSC02833.jpg
20:00で外は明るかったけど、さすがに夜なので、
すぐ暗くなって。。。
車中ほとんど寝てました。

予定通り23時頃グラナダのバスターミナルに到着。
バスターミナルが2階だったかな?
地上に降りるとタクシーが待っていたのでタクシーに乗り込みました。

「Porfavor, lléveme al hotel Meria Granada.」
と伝えると、理解してくれました☆

IMG_3795.jpg
到着~~☆
今まで一番いいホテルです(^^)
スポンサーサイト
[ 2012/04/30 22:11 ] Spain | TB(0) | CM(0)

へレスでランチタイム

IMG_3768.jpg
お昼ご飯は、全然しゃれた感じではないお店に入りました。
まぁくんは、観光客がこなさそうな地元のバル!って感じで
すごくよかったみたいです。
帰国してからも、このお店が1番良かったって言ってました。

まずはオリーブ。
オリーブって全然好きじゃないというか、
黒いのとか見た目でおいしそうでなかったので
食わず嫌い…ではないけど、あえて食べなかったんだよね。
でもスペイン来てからこれがはまってしまって!
めちゃおいしいのです(^¬^)
(お土産でもいっぱい買うことにまります。)

IMG_3771_201312182209449b5.jpg
カタクチイワシの酢漬け。
普通ならあえてたのまないのだけど、
ガイドブックに絶対載ってるしね(笑)。

IMG_3772.jpg
トルティーヤ☆
シンプルでおいしかった~。

IMG_3776.jpg
たこ。
この記事書いたの1年以上たってるので、
たこのなんだったのか、おいしかったのかさえも忘れたなぁ(^^;

DSC02821.jpg
写真はお店の雰囲気がちょっと写ってるかな。
地元の人は立ち食いで軽く飲んでました(^^)

DSC02824-.jpg
昼から2件目~~(笑)
1件目のお店でサングリア飲んじゃったので、
せっかくへレスにいるのだし、シェリー酒飲まなきゃね。

お店はTaberna del Volapiéというところでした。

DSC02826.jpg
ボデガでシェリー酒試飲してるし、これで3杯目なのでまぁくん真っ赤っか(笑)
私には量的に少ないし、全然酔わなかったけどね~~~。
[ 2012/04/30 12:08 ] Spain | TB(0) | CM(0)

ゴンザレス&ビアス

IMG_3678_201312182149387c8.jpg
左手にアルカサル、右手にはカテドラル(写真はの建物)。
シェリー酒のティオ・ペペを生んだゴンザレス&ビアス社のボデガは
カテドラルを超えたところすぐ。

見学ツアーは午前中はなく、一番早くて12時のツアーです。
なので時間的には余裕があったのですが、
12時のツアーに参加できないと、帰りに余裕がなくなるので、
ちゃんと12時のツアーに参加できるよう、早めに行きました。

IMG_3681.jpg
ツアーは一人11€。
説明は英語とスペイン語です。

IMG_3696.jpg
まずは、薄暗い所に置かれたたくさんの樽!
まだ手前にいるのに、もうシェリー酒の甘い香りが漂ってきました!
と~~ってもいい匂い(^^)
早く試飲したい~(^0^)

この奥で、シェリー酒の歴史とか?作り方とか?の映画を見ました。
私は英語がわからず、眠くてうとうとしてしまった...(^^;

IMG_3698.jpg
シェリーという名前ですが、実はこの「へレス」を英語読みした言い方なんだって。
だから、スペイン語ではちゃんとシェリー酒のことを「へレス」というそうです(^^)

IMG_3703.jpg
観光列車で敷地内のボデガを巡ります。
赤い列車、かわいらしい(^0^)





IMG_3716.jpg
このボトルが赤い帽子と上着を着用しているキャラクター、なんだかかわいいです☆
見つけるたびに、写真撮っちゃいます(笑)

IMG_3722.jpg
シェリーの作り方は、ブドウを天日で乾燥させて糖分を濃縮させて発酵させます。
ここまではワインと同じだそう。
次に、これを樽の中に入れます。
ここでワインと違うのは
樽の中3/4ぐらいしか入れず、表面は空気と接しているということ。
一般的に酸化を嫌うワイン製法とは異なり、
好気的に酸化させることによって生まれる様々な風味を造り出します。
しばら置いておくと、液面にフロールという膜ができて、
その後は、空気に触れず熟成を重ねます。
またこの後、味わいに個性を持たせるためにブランデーを加えて熟成させます。

シェリー酒ってめちゃめちゃアルコール度数高い気がするけど、
ブランデー入れるから、高くなるのかな?
(アルコール度数わからないけど、シェリー酒飲むと、
いっつもめちゃよって、時には悪酔いする。。。)

ちなみに、ブランデーは白ワインを蒸留した樽熟成されていない無色透明なブランデーだそう。
なので、シェリー酒の原料は全て白葡萄のみになるんだって。

IMG_3723.jpg
敷地内にはブドウが栽培されています。

IMG_3729.jpg IMG_3730.jpg
IMG_3732.jpg IMG_3734.jpg
IMG_3743.jpg IMG_3746.jpg
有名人の樽がいっぱいありました!
王や王妃、それからピカソ、アイルトンセナ。。。
日本人では徳仁(のりひと)親王のまで。

DSC02814.jpg
これはネズミさんように置かれているシェリー酒。
甘い香りに誘われて、ネズミさんも飲んでしまうほどおいしいのだとか(笑)

IMG_3750.jpg

IMG_3757.jpg
そして、待ちに待った試飲タイムです♪
あてにはポテトチップス、ハム、チーズ。

IMG_3755.jpg

IMG_3759_20131218220405105.jpg IMG_3760.jpg IMG_3761_201312182204079c2.jpg
IMG_3762_20131218220408527.jpg IMG_3763.jpg IMG_3765.jpg

IMG_3751.jpg

お土産もたくさん買って帰りました☆
60€くらい使ったかな。。
会社用にもいくつか買ったしね。
詳しくはこちらの記事で。
[ 2012/04/30 10:39 ] Spain | TB(0) | CM(0)

ヘレス・デ・フロンテーラ

DSC02829.jpg
ホテルからセビーリャ・サンタフスタ駅までは
バスで行けることがわかったので、バスで行けました♪
節約~☆

時刻表は調べてあったのでばっちり☆

Sevilla Jerez de la Frontera
9:45 → 10:44
16:57  ←  15:38 

で、チケットもばっちり購入できました☆
Dos billetes de ida y vuelta par Jerez de la Frontera, par favor.
「ヘレス・デ・フロンテーラ行きの往復チケットを二枚ください。」

DSC02789.jpg
へレスまでレンフェで1時間ほどで到着☆
スペインは時間ほぼぴったりだし、案内もちゃんとあってわかりやすかったです(^^)

IMG_3784.jpg
「ヘレス・デ・フロンテーラ」に到着☆
へレスを旅するのは多分王道じゃないので、私も知らなかったところ。
まぁくんがスペインの旅番組を録画してて、それがたまたまへレスで。
シェリー酒も飲んだことはあるし、ボデガ巡ってシェリー酒飲めるのいいね!
ってことで、予定に入れたのです♪
まぁくんは、へレスに行くのをとっても楽しみにしてました(^^)

IMG_3785.jpg
でも、ガイドブックにほとんど載ってないのよね。
載ってても1ページどころか1/2ページしか載ってない。。
地図も細かくないので、調べるのはなかなか大変でした(^^;
心配性だからね、ちゃんとどうやっていくのか、だいたい何分くらいなのか
くらいは事前に調べておかないと不安で不安で。。。

IMG_3671.jpg
駅から徒歩15分くらいで行けるのらしいけど、
まず、駅を出てどちらの方面に歩いたらいいのかわからずうろうろ。。。
多分こっちだろうと、左の方へ歩き出しました。

そしたら地元の人なのかな?
私たちがカメラぶら下げて歩いているのを見て、
聞いてもいないのに、ボデガはこっちの方面であってるよ!
と教えてくれました(^^)
優しいね~嬉しかった!ありがとうございました♪

IMG_3780.jpg
歩く道にはオレンジの木が並んでました^^

IMG_3778.jpg
アレナル広場に到着。
大きな目印なので、ここまで来れればもうわかります♪

IMG_3777.jpg
へレスはシェリー酒を造るボデガが約20ほど点在する街。
私たちはその一つ、ゴンザレス&ビアス社のボデガを見学しに行きます。
[ 2012/04/30 08:33 ] Spain | TB(0) | CM(0)

バルでサッカー観戦

DSC02781.jpg
闘牛か、レアルVSベティスの試合を見に行くかで悩んでたまぁくんだけど、
闘牛を見に行って、試合はバルで見ようと、バルでみたい!ということになりました。
ベティスは2つあるセビーリャのチームの一つらしくて、
地元で盛り上がるところを見たい!とまぁくんは楽しみにしてました。

ホテルのフロントでそういうバルが近くにないかと聞くと、
快く教えてくれて、しかもフロントの人もベティスファンらしく、
まぁくんは、「ベティス応援します!」みたいな感じで
二人の間に笑顔の会話が生まれ、とっても嬉しそうでした(^^)

バルはすぐ近くで、テレビがついていたのでわかりやすかったです。
写真は人がいっぱいいますが、最初は3人くらいしかいなかったのです。

DSC02779.jpg
サングリア飲みながら、ベティスを応援☆

DSC02784.jpg
これ、闘牛で死んだ牛でしょうか。。。

DSC02785.jpg
試合が進むうちに、通りかかった人たちがお店の中に入ってきて観戦。
おもしろいのは、注文もしないのにお店入って観戦して、
それでもOKというところ(笑)。
日本ではあり得ないよね。
地元のサッカーチーム応援するためだから、当たり前でしょ!?
みたいなサッカー文化なのかな?
おもしろいです(笑)

結局負けちゃったけど、楽しめました☆
[ 2012/04/29 18:31 ] Spain | TB(0) | CM(0)

闘牛(マエストランサ闘牛場)

IMG_3664.jpg
闘牛は日曜日に開催されているそうで、運よくこの日は日曜でした。
まぁくんは旅行書読んで知ってたみたいね。

DSC02778.jpg
チケットの買い方とかも全くわからなかったけど、まぁくん任せで(笑)
まぁくんはちゃんと買うことができました!
すごいね!!
日陰とか日向の席とか?1階とか3階とかで値段が違うみたいなんだけど、
もちろん一番安い席で十分☆

IMG_3627.jpg
向かいの上の方の席に、なんかドレスを着た女性がたくさん。

DSC02771.jpg
遠くてよくわからなかったけど、カメラの望遠で見てみたら、
多分王族?かなにか?多分すごい人たちです。

DSC02769.jpg
闘牛士たちの行進が始まりました。

IMG_3632.jpg
闘牛はテレビでちょこっと見たことあるくらい。
よくハプニング映像で、赤いマント振ってたら牛が突進してきて、
角に付かれちゃった、みたいな。
その程度。
なので、ルールとか全く知りません。

IMG_3640.jpg
見てる時は知らなかったのだけど、こうして記事を書いていて調べたこと。

闘牛ではマタドールという主役がいて、赤いマントを振る人です。
写真はピンクのマント。
マントはムレータというそう。
この人たちは、マタドールの助手でバンデリリェーロといいます。
マタドール1人に、助手のバンデリリェーロは3人いて、
マタドールの前に、バンデリリェーロ達が演技を行ないます。


塀があって、牛に追われたら逃げるんだ~。
逃げないで闘え~と思う私。


ここまでは想像してた通り、こんなものだと普通に見ていたのです。
けれども。。。


馬に乗った人が、槍で牛を・・・突いてる!?
よくよく見てみると、牛が血を流してるじゃない!!!!!?
えっ!?えっ!?何っ!?


その後、3人がかりで牛に何かたくさん刺していきました。。
血が出てなんとなく弱っていく牛さん。。。
え・・何これ。。。

その後、この3人は退場し、赤いムレータを持ったマタドールが出てきて、
弱った牛を相手に、突進してくる牛を身すれすれにかわしていました。
その格好っていちいちなんか美しくキメルのね。
観客から「ひゅ~」とか声があがったりしながら、
最後には。。。

なんと。。。

牛はマタドールの剣に刺され、倒れこんでしまいました。。。
死んじゃった。。

次の瞬間。
牛はぐるっと一周引きずられて行ってしまいました。。。

なんだかショックで、さすがにカメラは下ろしてしまっていたし、
声も出ませんでした。

これが闘牛なんて知らなかった。
マント振って身をかわして終わりだと思ってた。
牛が殺されて、引きずられていっちゃうなんて。。。
知らなかった。。。

さすがにまぁくんも知らなかったみたいでした。
二人して暫く声を失ってました。。

観客たちは、喜んで拍手を送っていました。
え・・。。
私たちは牛が殺されてショックなのに。。
観客たちは喜んでるんだ。。。

まぁくんいわく、これが文化なんだって。
これが歴史なんだって。

そうか。
そうだよね、納得。
でもやっぱり知らなかっただけにショックが大きかった私。。。(_ _)

IMG_3643.jpg
殺されて引きずられていった牛はというと。。
裏に解体所があるらしく、牛は5分以内には解体されるとのこと。
で、次の日の市場に並んだり、観光客向けのレストランなどで調理されるらしい。。。
なんてシステム。

私達もここで殺された牛さんをこの旅行中に食べることになるのかな!?
ちょっと複雑だけど、闘牛じゃなくたって牛さん食べるんだもんね。
ありがとうございますって食べなきゃいけないのよね。
なんか複雑な気持ちになってきた。。

IMG_3644.jpg
闘牛は、
最初にカボーテ1枚で身をかわしながら、牛の気性やスピードなどを見抜いて、
ピカドールという馬に乗った人が槍で牛を突いて適度に牛の力を奪い、
パンデリリェーロが銛を牛に突き立てて更に牛の力を奪いながらも奮い立たせ、
最後にマタドールが剣で牛にとどめを刺して(真実の瞬間)殺す、
競技ということを初めて日本に帰って調べて知りました。
真実の瞬間というのは、牛の肩甲骨のあたりを一気に剣で刺すと、
心臓まで達して、一瞬にして息絶えることだそうです。

IMG_3651.jpg
この記事書いてる時に調べたので、見てる時はわからなかったけど、
闘牛士は3チームに分かれて演技が行われるそうで、
(マタドールとパンデリリェーロと馬に乗って槍を刺すピカドールで1チーム×3ってこと)
1~3チーム順番で2回繰り返されます。
なので、1チームごとに2頭ずつの牛と闘い、計6頭の牛が殺されるのだそうです。

私たちはいつ終わるのかわかっていませんでした。
まだやるの?
みたいな。
4頭は殺されるの見たかな。。。




あんまりおもしろくなかったし、牛がかわいそうだし、途中で帰りました(^^;

DSC02774.jpg
でもこの日面白いこともありました。
それは、一般の人が乱入したこと(笑)
すぐに連れ出されたけど、この日一番の盛り上がったかも?(笑)


まぁショックの一言でしたが、これが文化のだと勉強になりました。
観なきゃわからないよね、こういうものって。
本当に勉強になりました。
そういう意味では、みてよかったです。

IMG_3665.jpg
実は翌日、電車に乗ってる時に新聞を席に置いて降りて行った人がいて、
まぁくんがその新聞を拝借して見てみると、この写真!
これって、絶対私たちが見た闘牛だよね!?
途中で帰ってしまったけど、その後マタドールが牛に突かれてしまったの!?
最後まで見ておけばよかったかな?

なんてことがありました。
[ 2012/04/29 15:18 ] Spain | TB(0) | CM(0)

コルドバ~セビリャへ (高速バス事前確認)

IMG_3620_20131218151638faa.jpg
コルドバ観光を終えて、コルドバの駅へ戻るためのバス待ちは
冷たい雨が降って、めちゃめちゃ寒くって体の芯から冷えました(;_;)
ホントに寒かった~めちゃめちゃ寒かった~。
バスはコルドバ行だったので行先も書いてあり、安心して戻ることができました。

駅では少し時間に余裕があったので体を温めるためにコーヒーを飲みました。
あと、少しショップが並んでいたので、上着がないかと探しました(苦笑)
でもこの時期、なぜ寒いのかわからないけど、やっぱり冬ではないから
半そでとかメインで冬服なんて売ってなくって。。。(_ _)
冬並みに寒いんですけど。。。

ストール屋さんがあったので、ストールを買いました。
ストールたくさん持ってるからあまりいらないのだけど、
どうしても寒くって首だけでも温かい方がましだと、やむを得ず(苦笑)。

帰りの電車もちゃんと時間は調べてありました。
しかも余裕もって2本。
CORDBA 14:05 → SEVILLA 15:25
16:35 →     17:55
14:05に乗り遅れると、その次がかなり先になってしまうため、
余裕をもって行動して、おかげでちゃんと14:05に乗れました。
今までホテルとセビーリャ・サンタフスタ駅間タクシー使っていたけど、
ホテルの近くには「プラド・デ・サン・セバチチャン」バスターミナルがあるし
わかりやすそうだし、タクシーより安価なバスで戻ることにしました。

でもその前に!
明後日、セビーリャからグラナダへの移動は高速バスになります。
高速バスは日本から事前予約ができないため、現地で手配しなければなりません。
私の、スペイン旅行最大の心配事2つのうちの1つです!(>Д<)
これちゃんと手配できないと、グラナダへ行けないばかりか、
この後の予定が全部くるってしまう。。
最悪帰れなくなるかも!?!?!(T-T)
手配する場所は「プラザ・デ・アルマス」バスターミナル。
ホテル近くの「サン・セバスチャン」からバスが出てたらラッキーなんだけどね。
それはないので、ちょっと遠くの「アルマス」バスターミナルへ下見&手配へ。


アルマス・バスターミナルの建物の中で中央にインフォメーションがあったので、
まずは時刻表をもらいに行きました。
もちろん時刻表をもらってみるということは、日本にて調べてあったので、
スペイン語で「グラナダ行の時刻表はありますか?」と聞きました。
「¿Tienen un horario par Granada con ?」
通じました(T-T)嬉しかったぁ。

PLAZA DE ARMAS 20:00 → GRANADA 23:00

そして、時刻表を確認して今度はチケットを窓口で購入。
「Dos billetes ida par GRANADA,por favor.」
グラナダ行きのチケットくださいとスペイン語で話し、
チケットは今日でなく明日のチケットが欲しいので、
間違えのないように、メモ帳に日付を書いておいたのでそれを見せました。

Mañana 30 ,abril  (明日、4月30日)

間違いなくチケットゲットです☆
ちゃんと通じて嬉しかったよ~~~(T-T)
これが海外旅行の醍醐味だね!

実はチケット売り場に並んでいる時、前に日本人の若い女の子2人と男の子が1人いました。
聞いてみると、なんとスペインで留学しているとのこと!
すごい!!!
ホントはその子たちに頼もうと思ったんだけどね。。勇気なくて(笑)
でも自分たちで買えて嬉しかった!

IMG_3621.jpg
すんなりと明日のチケットを替えて安心して、
その後の予定はまぁくんに任せてあって、ドナドナしました(笑)
もう肩の荷が下りた感じ~~☆

まぁくんはレアルマドリッド VS ベティスの試合を見に行きたかったみたいだけど、
闘牛も見てみたい、どっちにしようとのこと。
今悩むなよ。。。みたいな。。。

私は試合の場所はわからなかったし、多分まぁくんもよくわかってなかったんだろうね(--;
地図を見たら闘牛場は、なんとすぐそこっぽい!
バスターミナルから歩いて行けそうだったので、闘牛場に向かって歩き出しました。
川沿いを歩きます~。
[ 2012/04/29 13:17 ] Spain | TB(0) | CM(0)

コルドバでお昼ご飯

IMG_3619_20131218151637bd9.jpg
お土産屋さんはたくさん立ち並んでいたのだけど、
食事するところは、そうたくさんないように感じました。
というか、日本人はお昼ご飯12時前から食べたりするのは当たり前だけど、
スペインでは14時くらいからが当たり前で、
12時では早すぎてレストランが開いてなかったり。。

DSC02757.jpg
メスキータのすぐ横のお店が開いていたので、そちらで食事することにしました。
たくさんのハモン・セラーノが天井から吊るされてます☆
カウンターでタパが選べるので、まぁくんに適当に選んできてもらいました。
もちろん、サングリア飲むつもりでいたのですが、
寒くて寒くて温かいものが飲みたくて、コーヒーにしてしまいました(苦笑)。

写真はチョリソ。
柔らかくてジューシーでおいしかったぁ!
チョリソ初めて食べたけど、スペインで食べた中でこれはおいしかった!
と思う一品になりました♪

DSC02759.jpg
写真としては残ってるけど、これなんだったか忘れた(苦笑)
鶏肉かな?
[ 2012/04/29 12:14 ] Spain | TB(0) | CM(0)

コルドバ 旧ユダヤ人街

IMG_3570.jpg
メスキータの北西側のエリアは、白壁の家々の間の狭い路地がずっと続くエリア。
昔は多くのユダヤ人が住んでいたところです。

IMG_3572.jpg
白壁の両側に植木鉢が吊るされて綺麗です。
やっぱり鮮やかな色のお花のバックには、白が映えます。
お土産屋さんもたくさん立ち並んでいて、
私たちは「オーブリのパテ」をお土産に買いました☆

IMG_3596.jpg
細い路地を進んでいくと、中庭のような場所がありました。
本当に白壁をバックにたくさんのお花が等間隔に並んでいて
かわいらしく、素敵なエリアです☆

IMG_3581_20131218150911ad2.jpg
IMG_3589.jpg IMG_3591.jpg
でもね、寒かったんです、めちゃくちゃ。。
セビーリャの記事でも書いたけど、こんなに寒いと思ってなかったから
日本から上着持って来てなくて、寒くて寒くて。。。
とりあえずウィンドブレーカー着てたんだけど、
別に風は吹いてないし、ウィンドブレーカーだから温かくはないのです(T-T)
まぁくんは後に、セビーリャの夜が寒かったと言いますが、
私はこのコルドバが一番寒く感じました。。(>Д<)
この時は雨が降ってなかったけど、たまにぱらっと降ったり、
帰りは結構降ったので、雨も冷たくて冷たくて(T-T)

そんなわけで、こんなきれいな場所でも私たちはウィンドブレーカーを着て写真に写ってます。
しかも、毎日毎日同じウィンドブレーカーで写ってます。。(_ _)
これならいっそのこと毎日違う服を持ってこなければ、荷物も少なくて済んだのに(苦笑)
ホント寒かったわぁ~~~(_ _)

IMG_3610.jpg
細い路地の両側の壁にたくさんのお花が飾られた「花の小路」。

IMG_3612_201312181512178ef.jpg
歩いていく先には、カテドラルのミナレットが見ることができて
これもまたいい雰囲気でした☆

[ 2012/04/29 10:06 ] Spain | TB(0) | CM(0)

メスキータ

IMG_3519.jpg
メスキータとはスペイン語で「モスク(イスラム教寺院)」のこと。

何でヨーロッパでイスラム?っていうのは、
ハネムーン前に初めてまぁくんに教えてもらったというか、
イスラム支配時代があった歴史すら知らなかった私。。。
ここで、自分の覚えの為に簡単におさらいしておこう。

711年に北アフリカからイスラム軍が侵攻し、
イベリア半島を制していき、頃駑馬はイスラム世界で最も重要な都市へと変貌していく。

786年、アブドル・ラフマーン1世により大モスク(メスキータ)の建築を開始。
この大モスクはコルドバの繁栄とともに改修と改築を重ね、最盛期を迎える。

その後、キリスト教徒にとってコルドバはレコンキスタ(国土回復戦争)拠点となり、
1236年、フェルナンド3世がコルドバを奪還。
以後、町のキリスト教化が進められ、大モスクもキリスト教の礼拝堂と生まれ変わる。
イスラム教徒の攻撃を防ぐため、アルカサル(要塞)が建てられたのもこの頃とのこと。

1492年にレコンキスタが終了し、イベリア半島からイスラム勢力が立ち去る。

簡単に言ったら、スペインはイスラム勢力に支配された時代があって、
その後またキリスト教の時代となった、ということなのかな。


メスキータの内部へ足を踏み入れると、すぐに目の前に広がるのは円柱の森。
イスラム時代の祈りの空間で、柱はなんと約850本!

IMG_3517.jpg
重量を分散して、天井をより高くするために二層式のアーチとなっているそう。
赤と白の模様は、色を塗っているようだけど、
白の石と赤のレンガを組み合わせて造られています。
近くで見るとよくわかる!

IMG_3559.jpg

IMG_3523.jpg
中央にあるのは礼拝堂。
見るからにキリスト教の礼拝堂。
歴史通り、イスラム教とキリスト教が混在してる~!
不思議な感じ。

IMG_3521_201312181456372a2.jpg
礼拝堂は完成に1世紀以上かかったとのことで、
ゴシックやバロックなどの様式が混ざっているそうです。
荘厳な雰囲気が漂っています。

IMG_3522.jpg
煌びやかな天井の装飾。



IMG_3561_2013121814595473e.jpg
礼拝堂に背を向けて振り返ると、聖歌隊席。

IMG_3524.jpg

IMG_3526.jpg
日本ではなかなか普段お目にかかることがないパイプオルガンは、
見ると少し興奮しちゃうな~♪

IMG_3562.jpg

IMG_3565.jpg
聖歌隊席に掘られた彫刻は圧巻でした。
細かいとすごく豪華に見えるのね。
椅子は109あるそう。



IMG_3550.jpg
そしてまたイスラム!
ミフラブといって、イスラム教徒が祈りを捧げるメッカの方向を指し示すくぼみ。

IMG_3551.jpg
周囲に施された装飾は金色で細かく、色彩もあり綺麗です。

IMG_3552.jpg
マスクラといって、高窓から光が差し込むようになっているドーム状の天井。

IMG_3558.jpg
今まで旅行はイスラム圏に行ったことがなく、イスラムの建造物を見るのは初めてでした。
しかも、キリスト教徒混在してる。
それが歴史として、こうして残ってるんですね。
不思議な感じでしたが、興味深く思えました。

日本の歴史もそうだけど、私は京都で自分の足で多くの寺社を訪れ、
学んだことを確かめただけじゃなくて、学んだことがないことをそこで発見して、
また本などで調べて、納得して、自分の知識とつながって、
どんどん興味が膨らんでいきました。
日本に限らず、世界の歴史も同じことだね。
と言っても、世界史を勉強したことがないので
知るには0から勉強しなきゃいけないのだけど、
そのきっかけがこの旅行でできた気がします。
歴史、おもしろいね。

IMG_3568.jpg
ミナレットといってイスラム寺院の小塔でしたが、
レコンキスタの終了とともにメスキータがキリスト教の礼拝堂となった時、
このミナレットは鐘楼に変えられました。


メスキータ周辺の観光をしている時、ちょうど鐘楼が鳴り響いていました。
近くだったので、大迫力でした!
[ 2012/04/29 08:49 ] Spain | TB(0) | CM(0)

セビーリャ → コルドバ

マドリッドからAVEに乗って、セビーリャ・サンタフスタ駅に着いた時、
予め、時刻表をチェックして、写真も撮っておきました。

セビーリャに着いた日はセビーリャ観光だったけれど、
次の日は、この駅からコルドバへ。
そのまた翌日は、この駅からヘレス・デ・フロンテーラへ移動なので。

で、調べてあったのは
CORDBA 7:45 - 9:05 (Media Distancia 13001)
9:07 - 10:28 (Media Distancia 13003)

コルドバのメスキータは9時からOPENなので、7:45発に乗ることに。
ホテルからタクシーに乗って、サンタフスタ駅へ。
駅のカフェで朝食食べてコーヒー飲んで、難なく列車に乗れました☆

1時間ちょっとでコルドバに到着。
駅からメスキータまではバスで移動。
駅前のバス停からB3番で20分くらいのTriunfo(トゥリウンフォ)で下車と
調べてあったのですが、とりあえずバスの運転手さんに
メスキータに行きたいことを告げると、乗ってと言われました。
調べていたバスじゃなかったですが、近くまで行くっぽいです。

で、やっぱりTriunfo下車じゃなかったのだけど、
運転手さんがバスを止めてくれて、ここで降りろと教えてくれました。
ありがとうございました!!

でも。。。
どこに下ろされたのかわからない…(>Д<)
周りに誰もいないし。。。

暫く地図見ながら困ってると、男の人が通ったのですかさず
「ドン デスタ メスキータ?」
(メスキータはどこですか?)¿Dónde esta メスキータ?
と聞いたら、指さして教えてくれました。
すぐ近くみたいです。

ドンデスタ~? ~はどこですか?
はめちゃめちゃ使ったなぁ。
よく道に迷ったし(^^;
やっぱり英語じゃなくて、現地の言葉でできるだけしゃべってみないとね!
帰ってきた答えがスペイン語なので困るのだけど、
ジェスチャーでわかるし、最終的には英語でしゃべってくれたりするしね(^^)
[ 2012/04/29 06:02 ] Spain | TB(0) | CM(0)

サンタ・クルス地区で夕食 寒い夜

DSC02732.jpg
セビーリャの春祭りで何か食べるところあるかと思ってたら全くなかったので、
サンタ・クルス地区の方へ行って何か夕飯を食べることにしました。
方向的には路面電車が走ってる方に歩いて行ったのだけど、
行ったら行ったであんまりなくて(^^;

しかももう暗いし、雨降ってめっちゃ寒い。
そうそう、寒いのです!!!(>Д<)
るるぶとかまっぷるとか調べたら、
ゴールデンウィークの時期のスペインは温かいと書いてあったのに!!!
冬並みに寒いのです!
上着いらないと思って日本に置いてきちゃって(T-T)
まぁくんがウィンドブレーカー2つ、持って来てくれてて
それを着ていたのだけど、風よけじゃなくて、温かい上着が欲しいの(T-T)

実はこの日以降ずーーーっと、寒さに悩まされることになります(苦笑)。
ちなみにまぁくんは、この日の夕飯食べに行こうとお店探してる時が
一番寒かったと、後から語るのですが、
私はまだまだこの日より寒いと思う日がありました。。。
それはおいおい。。

DSC02733.jpg
で、お店は団体の若い人たちで賑わってました。
雰囲気はおしゃれだったけど、全然スペインのバル!って感じではないところでした。

DSC02728.jpg
パエリアと何かのお肉(写真残ってるだけで何なのか忘れた…)と、
トルティーリャ(スペイン風オムレツ)を食べました。
もちろん、サングリアもね!
[ 2012/04/28 22:27 ] Spain | TB(0) | CM(0)

セビーリャ 春祭り

IMG_3481.jpg
ホテルのロビーでセビーリャの春祭りをやっている場所を聞きました。
サンタ・クルス地区でぐるぐるしてたけど、全然方向違うみたい(苦笑)
もっと南東の方角。
ホテルを出て南にまっすぐ行って川を越え、左に曲がりしばらくすると
その辺りいったいでお祭りをやっているとのこと。
歩いて行けそうだったので、歩いていきました。

大きなバスターミナルを超え、左手にずーっと公園を見ながら進むと、
やっと川が見えてきました。
たくさんの人がある方向に向かっていたので、もうわかりました!
暫くすると、見えてきた見えてきた!
(結局何分歩いたか。。。歩けたけど結構歩いたよ(苦笑))。

IMG_3478.jpg
入り口を超えると、ひたすら仮設小屋のような建物が続いてます。
その中でも外でも、飲んでいたり、手拍子を打って歌ったり、踊ったり。


私たちもテーブル席に座って飲みたいのだけど、
なんだか入り口にはチェックしてる人がいるし、入れなさそう。。。
多分入れる小屋が決まってるのかな?
観光客は参加できない感じです。

IMG_3503.jpg
馬車がたくさん通っていました。


色鮮やかなフラメンコの衣装を着た女性が乗ってたり、
正装した男の人が乗ってたり。

IMG_3498.jpg
馬車に乗っていなくても、本当に見渡す限りフラメンコ衣装の女性がたっくさん!!
ちっちゃい女の子から、おばさん達まで!

IMG_3499.jpg

IMG_3485.jpg
隅から隅まで行くには距離がありすぎる程の広大な敷地で、
本当にたくさんの小屋が並んで、たくさんの人たちがあちらこちらで踊っていて、
とってもにぎやかで、楽しそうでした!




スペイン三大祭の一つが見れてよかった☆
(あとの二つは、牛追い祭りと火祭り)
一緒に参加できるような感じでなかったのがちょっと残念だったけどね。

帰りはバスに乗って帰りました。
「プラド・デ・サン・セバチチャン」バスターミナルが、ホテルのすぐ近くだからね。
行き先書いてあったので、心配することなく乗れました☆
[ 2012/04/28 15:23 ] Spain | TB(0) | CM(0)

サンタ・クルス地区散策

IMG_3460.jpg
サンタ・クルス地区は、アルカサルの北側に広がる旧ユダヤ人街。
白い壁の家々が立ち並んでいて、絵になる光景が見ることができます。

IMG_3464.jpg
壁が白いので、縁どりされた黄色やピンクなど様々な色が映えてかわいらしく見えます^^

IMG_3469.jpg
お土産屋さんもたくさん立ち並んでいました。
私たちは、ある食器屋さんで2枚お土産を買いました
包装もしっかりしてくれて、安心して持って帰れましたよ☆

IMG_3475.jpg

IMG_3470.jpg
この日、セビーリャのお祭りをやっているそうでどこでやっているのか探し回っていました。
お昼にご飯食べたところで、お店の人が親切に地図を描いてくれて
方向まで教えてくれたのですが・・全然わかりません(>_<)

IMG_3466.jpg
で、踊ってる人たちがいました!
これじゃない!?と思ったけどここしかやってないし。。
全然お祭りでもなんでもなさそうな雰囲気・・・?
(でもさすが、スペイン!フラメンコ踊るんだね^^)

IMG_3477_2013120922201253e.jpg
とりあえず、ホテルに一旦帰りました。
ホテルのロビーで聞いてみるつもりで。
[ 2012/04/28 14:20 ] Spain | TB(0) | CM(0)

アルカサル(セビーリャ)

IMG_3388.jpg
「アルカサル」はスペイン語でお城、アラビア語で宮殿のこと。
14世紀後半、残虐王で知られる(って私世界史全く駄目だから知らないのだけど。。。)
ペドロ1世によって建築された宮殿。
写真はペドロ1世宮殿で、彼の住まい。

IMG_3389.jpg
青く鮮やかなモザイクタイルが、イスラムを思わせます。
この住まいはグラナダの職人を呼んで造らせたとか。

IMG_3392.jpg
漆喰で象られた幾何学模様のなんて緻密ですばらしいこと☆
アーチもきれいですよね。

IMG_3393.jpg IMG_3394.jpg
透かし彫りというのかな?
本当に繊細でまじまじと見入ってしまいます。
直線や曲線で表された文様を、アラベスク文様というそうです。

IMG_3398.jpg
乙女の中庭。

IMG_3403.jpg
大使の間の天井。
金色の格天井はとっても豪華。

IMG_3404.jpg
やっぱりイスラム支配時代もあってか、ヨーロッパ=キリスト教のイメージ
でないことに、少し驚きを感じます。
実際、イスラム支配時代があったなんて、旅行前にまぁくんに教えてもらうまで
全く知らなかったもんね(^^;

IMG_3417.jpg IMG_3418_20131209221508900.jpg IMG_3425.jpg
17世紀のフィリップ3世の時代に、イタリアの建設家によって造られた
広大な庭園もお散歩してみました。
緑がいっぱいで、本当に広いです。

IMG_3443.jpg
ベンチのタイルも青が基調の細かな文様でイスラムな感じ。

IMG_3444.jpg

IMG_3450.jpg

IMG_3456.jpg
写真撮影中の花嫁さん発見♪
[ 2012/04/28 13:47 ] Spain | TB(0) | CM(0)

セビーリャでランチタイム

IMG_3385.jpg
ユダヤ人街をブラブラして適当なお店でランチ。

IMG_3382.jpg
早速お昼間からサングリアです(笑)
このお店はグラスで出てきました。

IMG_3386.jpg
私はカタクチイワシが食べてみたかったので、
カタクチイワシのフライ、ボケロネス フリートス。

IMG_3387.jpg
で、まぁくんはジャガイモのアーリオオーリオ。
おいしかったけど、ひったすらイモでした(苦笑)。

(アリオリ、おいしかったので、最後にお土産にスーパーで買いました。)
[ 2012/04/28 12:00 ] Spain | TB(0) | CM(0)

セビーリャのカテドラル

IMG_3323.jpg
無事にAVEでセビーリャに到着☆
駅からはタクシーでホテルに向かい、荷物を預けて早速出かけました☆

ホテルはアルカサル庭園の東側。
なので、カテドラルやアルカサル、旧ユダヤ人は徒歩圏内。
めちゃくちゃ近いわけではないけど、便利なところです。

路面電車を横目に見ながらカテドラルに向かうと、
右側に飲食店が少し並んでいて、スタバがありました。
カテドラルは11時からなので、オープンまで少しだけ時間があるのでコーヒーブレイク。
その後すぐにカテドラルへ。
オープン前は、少し並びました。

IMG_3324.jpg
カテドラルはヴァチカンのサン・ピエトロ大聖堂、
ロンドンのセント・ポール寺院に次ぐ規模のキリスト教聖堂。
イスラム支配時代のモスクを取り壊した跡に、
1402年から約1世紀かけて建てられたとのこと。

IMG_3337.jpg
写真はコロンブスのお墓。
コロンブスは新大陸を発見後、セビーリャに滞在してたんだって。
スペイン4つの王国、カスティーリャ・レオン・ナバラ・アラゴンを象徴する
4体のに担がれています。


主祭壇には聖書のエピソードを1000体以上の彫刻と
45のレリーフで再現されたとても豪華な飾り壁。

IMG_3330.jpg
パイプオルガン。

IMG_3341.jpg
聖歌隊席。
とっても豪華です☆

IMG_3344.jpg
主聖具納室。
職者達が着替えをするための部屋です。

IMG_3348.jpg IMG_3345.jpg IMG_3347.jpg
中央の絵は「十字架降下」。

IMG_3350.jpg

IMG_3354.jpg
参事会室。
楕円形の部屋で、浮彫の装飾がきれいでした。
写真の絵は、ムリーリョの「無原罪の御宿り」だそう。

IMG_3353.jpg IMG_3349.jpg
カテドラル内部はとって広いです。
さすが、ヨーロッパで第三の規模!

IMG_3358.jpg
色々な装飾品が展示されてました。
この王冠!すごくきらびやかで綺麗だったぁ(*^^*)

IMG_3355.jpg

IMG_3375.jpg
ガラスで仕切られてましたが、結婚式が行われていました!
こんな大きな教会で結婚式挙げるなんてステキすぎる~~(>▽<*)

IMG_3362.jpg
ヒラルダの塔の鐘。
24もの鐘があるそうです。

IMG_3369.jpg
オレンジのパティオ(中庭?)から見た建物の装飾。
パティオは噴水があったり、オレンジの木が並んでしました。

IMG_3360.jpg
塔からの眺めです。
セビーリャの白い家々が並ぶ街が見下ろせて、とってもいい眺め☆

IMG_3376.jpg
ヒラルダの塔は高さ98m鐘楼。
イスラム様式で、上の鐘楼部分がキリスト教徒が付け加えたもの。
塔の内部は階段がなく、スロープになっていました。
変わってますよね。
王様が馬にまたがったまま乗り入れられるようにしたためとも、
戦闘を頭に入れて設計されたとも言われてるそうです。

IMG_3380.jpg
[ 2012/04/28 08:30 ] Spain | TB(0) | CM(0)

3日目 AVEにのってセビーリャヘ

IMG_3154.jpg
スペイン3日目は、朝一からマドリッド→セビーリャヘ移動です。
移動手段は高速列車のAVE。
ホテルはアトーチャ駅から徒歩ですぐの所だったので、楽々移動☆
ちなみに、朝一でバタバタすると困るので、前日に駅は下見してました。
(写真は、前日に撮ったもの)

ホテルの朝食が食べれなかったので、駅で軽食とコーヒーを急いで食べました。

IMG_3302.jpg
チケットは、日本で予め「RAIL EUROPE」のサイトで手配。
日本語のサイトだし、早期割引もあったし、色々心配事も調べられたし、
とっても助かりました。
ホントは早めに見てたので1等席が安かったのだけど、
あれこれ色々調べてるうちに日数が経ってしまって安くなくなっちゃってたので(T^T)
今回はツーリスタ2等席です。
電子チケットで、お家でプリントアウトしたものがチケットになります。

でも紙のチケットだから、どう改札を通るのか不安で。。。
前日に下見に来たもののよくわからず、何かあったらいけないと、
出発の1時間前には駅にいました(^^;

一番下のフロアで手荷物チェックの場所があったので、ここだ!
と思って並んでチケットを見せると、
「Upstair」と言われて、一つ上の階へいかなければならないことがわかりました。
よかった~教えてくれて。(^.^)

上の階へ行き、入り口で係員が乗車券をチェックして、手荷物はX線検査されました。
手荷物は重量制限があって20キロまで。
重量は移動の旅に気になりますね。。

IMG_3304.jpg
やっぱり、海外の長距離鉄道に乗るとわくわくする!
自分たちだけで乗り降りするから緊張感あるしね!

IMG_3309.jpg
7:30発のセビーリャ・サンタフスタ行きに乗ります。
到着は9:59予定。
心配してたけど、スペインは時刻通りです☆

DSC02691.jpg
スーツケースを棚に乗せて、さぁ出発です☆
[ 2012/04/28 05:15 ] Spain | TB(0) | CM(0)

マドリッドのスーパーで買ったイチゴ

IMG_3301.jpg
スペイン3日目はマドリッドからセビーリャへ移動のため、
7時20分発のAVEに乗らなくてはならないので、
ホテルの朝食が7時だからホテルで食べられない。。。
(朝食付きの値段で宿泊費払ってるのに(T-T))

なので、前日にマドリッドのスーパーで買ったサンドイッチとイチゴを食べました。
このイチゴ、かなり大きいんだけど1パックで€1もしないの!!!
日本円で100円ちょっとだよ!?
日本だったら500円以上はするよね???
かなり衝撃的でそりゃ買っちゃうわよ。

日本のイチゴよりは甘くなくめちゃくちゃおいしいわけじゃなかったけど、
大満足です!!!!
朝からこんなにイチゴたくさん食べれるなんて幸せだった~~(^0^)
[ 2012/04/28 04:38 ] Spain | TB(0) | CM(0)

マドリッドの晩餐

DSC02672.jpg
マドリードでは"(チャンピニョン・アル・アヒーリョ)マッシュルームの鉄板焼き"
が食べたくて、マヨール広場の真下のお店にあることをチェックしてました。
いくつかお店が並んでて。。。。

ここだ!と思ったお店がどうやら違ってて、オーダーせず出てきちゃいました(^^;
っていうか、すぐに飲み物聞かれてサングリアたのんだのだけど出てきちゃった(><)
ごめんなさい!
で、隣の店だと思って入ってマッシュルームの鉄板焼きたのんだのだけど、
メニューの写真を見てみるとちょっと違うかんじ。。

DSC02675.jpg
マッシュルームは切らずに、そのまま串を刺して焼いてあるのが良かったんだけど。。
このお店も間違っちゃったみたい(^^;
これはこれでおいしかったのだけど、いかんかったなぁ~(_ _)
お昼に通った時、確か日本語でマッシュルームの鉄板焼きって店頭に書いてあったから、
多分そこだと思ったのだけど、壁が一つながりで入り口はどこも同じ感じだし、
どのお店かわからなかった(_ _)

DSC02676.jpg
お店がわからないので、ミゲル市場で飲みなおし、食べなおし(笑)

DSC02678.jpg
お昼に食べて美味しかったうなぎの稚魚のタパ♪
塩気がきいてておいしかった☆

DSC02680.jpg
新鮮なエビも食べました☆
写真撮り忘れちゃったけど、パエリアもタパでいただきました☆

マドリッド観光はこの日1日のみ。
翌日はAVEに乗って、アンダルシア地方へ向かいます!
[ 2012/04/27 21:37 ] Spain | TB(0) | CM(0)

プラド美術館

IMG_3294.jpg
SOL駅から歩いてプラド美術館へ行きました。
地図ではすぐだと思ったのだけど、けっこう歩いてしまったな(^^;
18時から無料で見学できるので、もちろん18時以降に♪

IMG_3292.jpg
でも18時前に到着。
雨が降ってきて、時間あるしホテル近いし傘取りに行くか
行かないかで少し言い合いになっちゃった(>Д<)
結局通り雨っぽくて、必要なかったのだから私が悪かったわ。。。

IMG_3293.jpg
プラド美術館は、世界三大美術館の一つとる〇ぶに書いてあるんだけど、
ルーブルとメトロポリタンとエルミタージュじゃないの?
作品所蔵数2万点以上とのことで、世界で見たら多いのかな?
三大美術館がどれだけの規模なのかわからいのだけど。。。

IMG_3296.jpg
中は撮影禁止。
18時過ぎて無料だからか、人は多かったです。

有名どころはちゃんと鑑賞しました。
ゴヤとベラスケス、あとエル・グレコ。
ゴヤの裸のマハはまぁくんが結構感動してました。
私はあんまり絵心がないので、感動とかないのだけど。。。
わが子を喰らうサトゥルノ」は雑誌で見るより実物の方が
迫力あって、怖かった。。。

あとベラスケス最高傑作と言われる「ラス・メニーナス」。
ベラスケス本人が画家としてキャンバスに向かい肖像画を描いているのだけど、
実はこのベラスケスの目線でなく、中央のマルガリータ王女の両親、
王と王妃の視点で表現されています。
その王と王妃、奥の方の鏡に映ってるんです。
絵って、奥深いですね。
[ 2012/04/27 15:31 ] Spain | TB(0) | CM(0)

ソル駅周辺

IMG_3266.jpg
マヨール広場からソル駅の方までふらふらウィンドーショッピングなどしながらお散歩。
途中、ハモンセラーのがずら~~~っとぶら下がったお店が!
すごぉぉい!
けっこう大きなお店で、見上げてるだけでわくわくしてきたちゃった(笑)

IMG_3284.jpg IMG_3287.jpg
IMG_3285.jpg
やっぱりヨーロッパだね~。
行くところ行くところ、こういう人達が目を楽しませてくれます。

IMG_3288.jpg
あ、このくま!
お土産のポストカードとか、
はたまたサッカーのどこかのチームのユニフォームで
見たことあると思ったら、ここのくまさんだったんだぁ。


そして、お土産と言ったらやっぱりスーパー!!
SOL駅のちかくに「エル・コルテ・イングレス」というデパートがあったので、
さっそくデパ地下へ♪
(スペインも食品は地下なんだぁ。たまたま?)

初日で荷物増えると。。
バルセロナへの格安航空のる時の荷物制限が不安なので少しだけ(^^;
イチゴが日本では考えられないくらい安かったので、翌朝に食べようと買って帰りました♪
[ 2012/04/27 13:28 ] Spain | TB(0) | CM(0)

マヨール広場でカフェ

IMG_3263.jpg
四方ぐるりと4階建ての建物に囲まれたマヨール広場。
1階はお店が多いけど、2階から上は住居なのだそう。

IMG_3279.jpg
昔は王宮の儀式や闘牛も行われたみたい。

IMG_3281.jpg
フェリペ3世の騎馬像。

IMG_3269.jpg
広場でカフェって、確かベネチアのサンマルコ広場でもやった~。
だからなんとなくやってみたくて、コーヒー飲んじゃった(笑)
でもまぁくんは、またサングリア。
弱いのに大丈夫か?(笑)

IMG_3267.jpg
[ 2012/04/27 12:15 ] Spain | TB(0) | CM(0)

ミゲル市場

IMG_3256.jpg
マドリッドで一番楽しみにしていたのは、サン・ミゲル市場☆
ここはフードコートのような感じで、お肉・魚・お酒・ケーキ・ピンチョ等のお店と
バルやワゴンがあって、真ん中のテーブル席で買ったものを食べれるのです☆

IMG_3254.jpg
見てるだけでも楽しい!

IMG_3251.jpg
何食べようか、めちゃくちゃ目移り(^¬^)

IMG_3245.jpg
サングリア!
お昼から飲むよ~~♪

DSC02646.jpg

DSC02662.jpg
天井から吊るされたハムとか、テンションあがる~♪
日本ではなかなかないもんね。

IMG_3272.jpg
みんな食べたいものを選んでます。
テーブル席で食べたり、そのお店にカウンターがあってそこで立って食べてる人も。

IMG_3243.jpg IMG_3257.jpg
IMG_3273.jpg IMG_3244.jpg
DSC02644.jpg DSC02645.jpg

IMG_3247.jpg
ここが中央のテーブル席。
結構どこもいっぱいで、狭いスペース見つけて席を確保☆

IMG_3252.jpg
悩んで悩んで色々買ったよ~タパス☆
右側の写真の怪しい食べ物、見た瞬間から気になって気になって。
食べたら塩味が効いておいしいの!
これはうなぎの稚魚だそう。
うなぎの稚魚って、日本では絶対食べれないよね!
うなぎ自体、近年あまり取れなくなって高騰してるし。

IMG_3248.jpg IMG_3250.jpg
DSC02647.jpg  DSC02652.jpg
オリーブのピンチョスや生ガキ♪
レモン味のつぶつぶをかけて食べました(^¬^)
うぅ~どれもおいしい!
もちろん、お昼間っからサングリアのんで気分上々だわ(笑)。

それから隣で飲んでいたドイツ人の人が上着の下にユニフォームを着ていて、
まぁくんがサッカーの話を持ち掛け、盛り上がりました☆
といっても、私はよくわからないしまぁくんだけなんだけど、
外国人の人と英語でサッカーの話ができるのはすっごく楽しいみたい(^^)
よかったね☆

DSC02666.jpg
アイスクリームは、食べた後その辺お散歩して、また戻ってきておやつとして食べました☆
[ 2012/04/27 11:40 ] Spain | TB(0) | CM(0)

王宮周辺 ~アルムネダ大聖堂~

IMG_3228.jpg
王宮の正面に周りました。
正面はアルメリア広場。
毎月第1水曜日には、王宮の衛兵交代式が見れるそう。

IMG_3229.jpg
王宮の南側にはアルムネダ大聖堂。

IMG_3230.jpg
こちらも見学はパスしました。

IMG_3231.jpg

IMG_3233.jpg
マヨール通りを通って向かうのは、お昼ご飯♪

IMG_3237.jpg

IMG_3235.jpg
[ 2012/04/27 09:39 ] Spain | TB(0) | CM(0)

王宮周辺 オリエンテ広場

IMG_3207.jpg
サンチャゴベルナベウから、地下鉄で「Opera」駅へ。
王宮周辺をお散歩しながら周ります。
写真は駅の階段出口すぐに建っている王立劇場。

IMG_3210.jpg
少し歩いて見えてきたのが王宮の東側に位置するオリエンテ広場。

IMG_3212.jpg
向こう側に見えるのが、王宮。
1738年にフェリペ5世の命により建設された白亜の宮殿。

IMG_3215.jpg
バロック様式と新古典主義が調和する建物で、
装飾とか素晴らしいそうなのですが、見学はパスです。

IMG_3225.jpg

IMG_3224.jpg

IMG_3221.jpg

IMG_3223.jpg

IMG_3218.jpg
海外に来たら、こういう動かない人、絶対いますよね!

IMG_3226.jpg
こちらの人は、顔がない!?
珍しくて一緒に写真撮ってもらったんだけど、
その後、街歩いてたら顔がない人あちこちで見かけた(笑)
[ 2012/04/27 09:30 ] Spain | TB(0) | CM(0)

サンチャゴベルナベウ

IMG_3162_20131025212423984.jpg
ハネムーン初日の観光はマドリッドのサンチャゴベルナベウのスタジアムツアー。
地下鉄でアトーチャ駅1号線に乗って、トリブナール駅で10号線に乗り換え。
そこからサンチャゴベルナベウ駅へ。
駅の階段上ったらそこはもうスタジアム。
簡単に行けました☆

DSC_0237.jpg
10時からのツアーに参加。
ツアーと言っても別にガイドはいないので、自由です。

IMG_3166.jpg
まずは最上階に行ってこの眺め!
8万人収容の巨大なスタジアムです。
私は豊田スタジアムしか行ったことがないのだけど、豊田スタジアムの倍だね。

IMG_3174.jpg IMG_3176.jpg
IMG_3179.jpg IMG_3180_20131025212458cee.jpg
IMG_3181.jpg IMG_3184_2013102521255731d.jpg
DSC_0243.jpg DSC_0248.jpg
続いてミュージアム。
選手のユニフォームだとか優勝カップなど展示されてます。
が、私はサッカー自体あんまり知らないし、ましてやリーガエスパニョーラや
レアルマドリッドも名前くらいしか知らないので、よくわからず(^^;
まぁ、いっつもWOWWOWでリーガエスパニョーラ観てるまぁくんが
とても楽しみにしてて楽しそうだったので、それでいいのです(^^)

IMG_3202.jpg
そして、ベンチ。
普通のベンチじゃなくて、背もたれなんてあるのね。
さすが一流の座るベンチだわ。

IMG_3203.jpg
まぁくんは座って、スペイン人がブーイングする時にするポーズなんかしてました(笑)
入りきってたわ~(笑)

IMG_3204.jpg
一流のチームのホームスタジアム。
まぁくんはここで試合見たかっただろうなぁ。

帰りはお土産屋さんに寄って、次はマドリッドの街を観光です。
[ 2012/04/27 08:22 ] Spain | TB(0) | CM(0)

ホテル朝食

DSC02601.jpg
ホテルの朝食は7時から。
早く出発したかったので7時ちょっきりに行ったらまだ誰もいませんでした(笑)

DSC02605.jpg
別にスペイン料理ではなかったかな?
普通においしくいただきました☆

DSC02606.jpg
翌朝も朝食食べたかったけど。。。。
7時にはもうセビーリャ行きのAVEに乗る為、駅にいなくちゃいけないので。。
食べることができませんでした(T-T)
[ 2012/04/27 05:05 ] Spain | TB(0) | CM(0)

マドリッド到着 ~ 初めての現地料理

DSC02592 - コピー
マドリッドに到着☆
さぁ、早速喜びより不安です。
空港から出ているバスに乗って、宿泊先近くのバス停で降りれるか。。。

到着ロビーを出た右側にタクシー乗り場、その1本先の通りにバス乗り場。
目的のアトーチャ駅は終点なので大丈夫だと思うけど。。。
15分間隔で出発してるので、すぐに乗れました。
念のため、バスの運転手さんにアトーチャ駅に行くか聞いたら
頷いてくれたので大丈夫そうでした。

バスを降りてからも、ちゃんとホテルが見つけられるか心配でしたが、、
ホテルの建物の上の方に大きな文字でホテル名が!!
無事に到着です☆
よかったよかった☆

早速夕飯を食べに出かけました。
が。。
そんなにお店もなさそうで。。(^^;
見つけたお店でいっか!って感じで入っちゃいました。

DSC02595.jpg
サングリアを頼んだら、ピッチャーごと出てくるのね(^0^)
わぁい、本場って感じ♪

DSC02596.jpg
スペイン来たら食べよう!と思ってたムール貝。
さっそくオーダーしちゃったわ(笑)
お店の雰囲気はいい!って感じじゃなかったけど、
地元のバルって感じだし、まぁくんはこの雰囲気でおいしいものが食べれて
とっても満足してました(^0^)

DSC02600.jpg
そして、小エビのアヒージョだよ~。
王道中の王道で(笑)
パンはサービスで付いてきました。

これで30€でした☆
明日から観光です!!
[ 2012/04/26 16:03 ] Spain | TB(0) | CM(0)

ヘルシンキ空港

DSC02590.jpg
セントレアから10時間ちょっとでフィンランドのヘルシンキ空港で乗り継ぎ。
待ち時間は2時間程あります。

フィンランドって私たちの大好きな北欧♪
スウェーデンハウスに似合う雑貨とかあってすごく買いたくなった~♪
でも免税とはいえやはりそんなに安くなかった(^^;
マリメッコとかムーミン、欲しいのがあったので帰りに買ってるよ♪

搭乗ゲートの近くにバーがありました。
外国の人達が飲んでてかっこよかったので、私たちも混ざって飲んじゃいました(笑)
普段、昼間っから飲むことなんてないので、これぞ海外旅行♪
って感じでちょっとテンションアップです(笑)
[ 2012/04/26 16:00 ] Spain | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。