FC2ブログ



ワット・プラケオ&王宮

この日(タイ2日目)はツアーが組まれてましたが、
私たちはそれを辞退して、自分達で観光することにしました。
コースは、
ワット・プラケオ → ワット・ポー → ワット・アルン
ツアーだとワット・ポーに行かないですよね。
ワット・ポーでタイ古式マッサージもして欲しいし。
そんなわけで、ホテルを出て
BTSで「ナショナル・スタジアム」まで行き、そこからタクシーで
ワット・プラケオまで向かいました。

タクシーは比較的簡単に乗れました。
ガイドブックで交渉制は駄目だとか、英語や日本語が通じないとか、
運転が荒いとか色々書かれてましたけど、たまたまいい人に当たったのかな。
ナショナル・スタジアム駅からは大体80B位で行けました。

ワット・プラケオに到着。
ちゃんと時間見て出て来たつもりですが、
っていうか、昨晩ホテルに戻ってくるのが遅かったので、
予定より朝ゆっくり起きて、ホテルを出たつもりだったんですが、
BTSもタクシーも以外にスムーズだったので、
寺院が開く8:30よりも20分も早く着いてしまったんです^^;
朝から暑いし最悪だと思いましたが、
王宮の入り口前を、ふら??っと歩いて待ってました。
お店とかあるんですけど、とっても怪しげで、
なんかガラクタに見えるようなものしか売ってないし、
飲食店も、不衛生そうで。。。(-"-;
なんだかんだで、8:30になり入り口は開きました。


まだ入り口でチケットを購入する前です。
これぞタイ!と思わせる金色に輝く塔が見えます。


エメラルド仏寺院。
外壁は金箔や、色ガラスのモザイクが無数に装飾されてて、
ごちゃごちゃしてますが、独特できれいでした。
でもこれを貼り付ける作業を考えると、気が遠くなりますね^^;
それほど繊細で、すばらしいものでした。
中は撮影禁止だったので写真撮れませんでしたが、
中央の高座に緑色の翡翠の仏様がいらっしゃいましたが、
思ったより小さかったです。
日本の仏教とは違う雰囲気だなと思いました。

本堂内部の壁画もみごとで、
仏様の誕生の場面や、仏様が悟りを開かれる寸前の場面、
仏教の宇宙観が見事に描かれてました。
仏様のお召しになってるものとか、身につけられてるもの、
あと周りにいる神様のお顔とか、日本とは全然違うんですよね。
なかなか興味がわいてきます。


外敵の侵入を阻む鬼神と蛇神。
この鬼の神様も日本の仏教にはいない神様ですね。



本当にきれいな装飾です。


プラシ・シー・ラタナ・チェディ、仏塔です。
中には仏舎利が納められてるそう。
豪華絢爛な輝きですね。





アンコール・ワットの模型。


王宮内のチャックリー宮殿。
現在も来賓館として使用されてるそう。
屋根はタイ風の様式ですが、建物は西洋風です。


王宮内で、兵隊さんの行進に遭遇。
どこの国も独自のスタイルがあるんですね。

[ 2008/08/10 21:05 ] Thailand | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yupresent.blog63.fc2.com/tb.php/1013-432f8186