FC2ブログ



幽霊子育て飴


このあたりの大学に通っていたM子が、
よくこの「子育て飴」と書かれてる看板のお店を見て、
「子育て飴」なんてなんかかわいいなぁと思っていたそう。
で、私が「幽霊ってなんやろうね?」と聞くと、
今までに「幽霊」という文字が目に入ってきたことがなく、
「幽霊子育て飴」と書いてあることに初めて気づいたらしいです。^^;
そんなわけで、どんなものだとうと一緒にお店に入ってみました。
お店の人に理由を聞くと、この飴の由来をお話してくださいました。





江戸時代のこと、お腹に赤ちゃんがいる女性が亡くなりました。
昔は火葬でなく土葬だったそうで、その女性も土葬だっのですが、
数日たって、土の中から赤ちゃんの鳴き声が聞こえてきたとの事。
ある人が掘り返してみると、
亡くなった女性の隣に産まれたての赤ちゃんがいたそうです。

そういえば、数日前から夜な夜な飴を買いに来る女性の話があったとか。
けれどもその女性は、赤ちゃんが掘り出された後は姿を見せなくなりました。
生んだ赤ん坊を育てるため、幽霊となって飴を買いに来ていたのかも…。
そしてこの飴はいつしか「幽霊子育飴」と呼ばれるようになったそう。
その後赤ちゃんは、ちゃんと育ってお坊さんになられたとのことです。

飴はべっこう飴のようで、本当に昔ながらの素朴な味がします。


お店の斜め向かいには子育地蔵尊があります。

[ 2008/09/13 22:02 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yupresent.blog63.fc2.com/tb.php/1042-88c58344