FC2ブログ



月桂冠大蔵記念館


濠川沿いの柳並木。
そして、その川沿いの小道を歩きながら見える白壁土蔵の酒蔵。
時々川を行き来する、十石船。
ここ伏見の景色は、なんだかのんびり出来て好きだなぁ。





濠川を行き来する十石船。

ここ伏見は、良質の地下水に恵まれるだけでなく、
伏見城が築かれると城下町となり、水運の整備が進んで
京や大阪への交通の要となっていったそうです。

 
月桂冠大蔵記念館は入場すると、純米酒が記念にもらえました。
中は酒造用具、樽つくり道具、写真やポスターなどが展示されている資料館です。


大きな樽!この端に乗って、中のお酒をかき回していたんですね。



資料館の見学が終わると、利き酒が楽しめます。
3種類で、昔の吟醸酒と、今の吟醸酒、そしてプラムワイン。
私はやっぱり女性だからかプラムワインが、一番口に合いました☆
プラムワインお土産に買っていきたかったけれど、
この先もたくさん歩くし、結構重かったので断念。
なんだか、酒蔵見てお酒飲めるのって大人な旅だなぁ?って思います(笑)

[ 2008/10/11 22:34 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yupresent.blog63.fc2.com/tb.php/1062-265b77b5