FC2ブログ



法観寺(八坂の塔)


法観寺と言うと、きっと知らないと言う人はたくさんいるんじゃないでしょうか。
私もその一人。
八坂の塔はテレビでもよく目にする有名な塔なのに、
拝観客が少ないのには少し驚きました。
このお寺は聖徳太子が如意輪観音の夢のお告げによって、
五重塔を建てて、仏舎利三粒を納めて法観寺と号したそうです。




瓦には「八坂塔」と書かれていて、おもしろいな?と思って写真撮ったんですが、
縮小しちゃうと見えないですね^^;見えますか?

塔に入ると、薄暗くそして狭く、すぐに本尊五智如来像という
五体のご本尊が目の前にいらっしゃいました。
なんだか、腕がなかったり、色があせていたりで、とても歴史を感じました。
よくよく見ると壁や天井にも、飛天など描かれていたのですが、
剥離が激しくて、ほとんど元の姿がわかりません。
でもこんなに古めかしく薄暗い堂内も、いかに美しく華やかだったのか、
当時を想像すると、「すごいなぁ」の一言しかでてこないです。

塔は二階まで登ることが出来ます。
でもその階段の急なこと!!^^;
私はへっちゃらですが、ダメな人相当怖いと思います。
しかもとっても狭いので、一方通行です。

塔の中心には「柱心」といってふとぉい柱が伸びていました。
この柱は、初層の礎石から相輪の頂上まで伸びているそうで、塔の重心となっているそいう。
これは礎石に納められた仏舎利と、
お釈迦様のお墓である相輪を結ぶ動脈を意味するものでもあるそうです。
この柱は2階から上を見上げても、薄暗いだけでなく、頂上が高いこともあって、
ほとんど見えません。が、足元に鏡が置いてあって、鏡を覗き込むと、
見上げるよりも上のほうが見ることが出来ました。ちょっとした工夫ですね。


二階の窓からの風景です。
低いので、ほとんど近くの町家しかみえませんでしたが、
路地裏っぽいどこかゆっくりした景色が、京都らしいなと思いました。

[ 2008/12/13 23:19 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yupresent.blog63.fc2.com/tb.php/1122-6abf2cf1