FC2ブログ



室生寺

IMG_4451
7月11日。
ありがたいことに、近年の仏像ブームで仏像を取り上げた雑誌が数多く出ていて、
私も益々興味津々になってしまい、居ても立ってもいられず(笑)
彼にい「行きたい!」とお願いして、日帰りで奈良に連れて行ってもらいました☆
まず訪れたのは室生寺。
女人禁制だった高野山に対して、こちらのお寺は女人を受け入れてきたことから
「女人高野」としての別名もあるそうです。

楽しみにしていたのは、もちろん仏像。
室生寺の仏像は、高校の教科書にも出ていたくらい有名。
当時そんなに興味なかった歴史も、今となってはとても興味を持つようになって、
学生時代にもっと興味持っていれば、歴史の点数ももっと良かっただろうに・・・
という思いもするんだけど、それよりも大人になったなんだなぁ・・・と
自分のことながらしみじみと思うことが多くなったように思います。


金堂内の釈迦如来像を中心とした仏像群は、平安時代の特徴である一木造。
寄木なのか一木なのか、ぱっと見ではわからないけれど、
一番左に立っていた十一面観音様の仏頂までが一本の木で作られているのは
すごいなぁ・・・・とまじまじと見入ってしまうほどすばらしかったです。
どの仏像様の光背も良く見ると、わずかに色が残ってるんですよね。
当時はどんなにか鮮やかで神々しく美しい姿だったのか、
昔に行って見てみたいと思わずには居られないです。

IMG_4492 弥勒堂の釈迦如来像も
 科書で見たことのある仏像。
 翻波式といって、身に纏っている衣文の
 表現が特徴の彫刻なんですよね。

 ちなみに左の弥勒堂の写真、
 何枚か撮っているうちの一枚だけ、
 釈迦如来像が浮き上がるように写ってたんです。
 他のは全部内部が真っ暗。
 
 一応露出とか、測光とか色々変えて撮影したけれど、
 たまたまよく撮れたみたいです。
 カメラってホント、難しいというか本当に奥が深い。
 もっとカメラの事勉強して、
 思うように撮れるようになりたいです。


IMG_4478 金堂を後にして、階段を上りながら思ったのは、
 山を登りながらお寺を巡るスタイルってなんかいいなぁって。
 急な石段が続いて正直しんどいけど、
 人里離れた静かな新緑の中を、一段一段上っていると、
 尊いものは簡単に手に届かないとか、
 思いを遂げるのに苦難を乗り越えなきゃいけないとか、
 なんだかよくわからないけど、自分の内に入っていくというか
 不思議に普段思わないような事を思ってる自分に気づきます。

 そして目の前に現れた五重塔。
 五重塔のてっぺんを見て思い浮かんだのは薬師寺の東塔。
 水煙が印象的だったけれど、
 この五重塔の水煙はちょっと違う感じ。
 入り口でもらったパンフレットを見ると、
 宝瓶をのせた珍しい作りとの事。
 今まで行ったお寺の数もここ数年で増えてきたせいもあるのか、
 自分の目の行き所に我ながら感心してしまいました(笑)。


IMG_4487 IMG_4491
長い長い階段を上って、奥の院まで行きました。
蒸し暑かったせいもあって、結構しんどかったけれど、
最後まで上りきると、本当にすがすがしい気持ちになります(^^)
[ 2009/07/11 09:32 ] 奈良・滋賀 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yupresent.blog63.fc2.com/tb.php/1137-ff6a469f