FC2ブログ



長谷寺

IMG_4543

源氏物語や更級日記、枕草子、蜻蛉日記等、平安時代の女流文学に多く登場する長谷寺。
どの文学も現代語訳で読んだけれど、長谷寺詣での場面はどれもあんまり覚えてない・・・^^;
ただ、源氏物語での長谷寺の場面は私でも知ってます。
頭中将と夕顔の間に出来た子、玉鬘が
かつて夕顔に仕えていた源氏の侍女と、この長谷寺で再開することで、
源氏を取り巻く女性の物語がまたひとつ始まっていく・・・。


って、昔の恋人の娘にも手を出すなんてなんて、ホントに源氏ってやつなんだ!
と、寒気がするような思いが蘇りますが、話がずれていくので・・・(笑)。

399段続く長い回廊。
美しいこの回廊は、春には左右にボタンの花が咲き誇っていっそう美しいのだそう。

IMG_4546 IMG_4550
今回のメインは長谷寺の十一面観世音菩薩の特別拝観。
10mもの高さもある大きな観音様なのだそう。

拝観料を払う際、五色線の腕輪をしてもらいました。
白・赤・黄・青・黒は仏の五つの智慧を表しているとの事。
これを身につけることによって、観音様とのご縁が結ばれた印になるそうです。
そして、お札等もいただきました。

暗いお堂で目にしたのは大きな足!
そして、上を見上げるとなんて大きな仏像様!!!!
あまりにも高すぎて十一面観音様の仏頂が真下からは見えません。
高さは奈良の大仏様の次くらいに高いのかな??
とにかく心の迷いなど全部受け止めてくれると思える程の迫力がありました。

十一面観音様は右手に数珠と錫杖、左手に水瓶を持っていて
このスタイルを長谷寺式観音というそうです。
多くの人々に撫でられたおみ足は、多くの願いを聞いてきた信仰の証として、黒光りしていました。
私も十一面観音様のおみ足に触れ、願い事をしてきました。

IMG_4571
 長谷寺を後にして、帰りの参道で
 古代米を売っているお店があったので、
 雑穀米をおみやげに買って帰りました^^

[ 2009/07/11 21:18 ] 奈良・滋賀 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yupresent.blog63.fc2.com/tb.php/1139-ea6e86ae