FC2ブログ



青蓮院門跡

IMG_7140
青蓮院・・・漢字から見て美しいと感じます。
青い蓮ってなんだか神秘的というか、涼やかというか、しとやかさを感じると言うか・・・。
そんな素敵なイメージを勝手に抱いて、前から行って見たいと思っていて、
今回「青不動」の初公開があると知り、この絶好の機会に初めて訪れました。

天台宗総本山比叡山の山門跡青蓮院は、古くから皇室とかかわり深く、
江戸時代に御所が大火にあった際には仮御所ともなった格式高いお寺。
まず入り口では樹齢800年の大きな楠木があって、思わず「すごい」と口にしてしまいました。
波打つような根、その上には鮮やかな緑の苔が生えていて、まるで精霊が宿っているかのよう。
そして、どこか包み込むんでくれるような温かさと迫力があるようにも思えました。

「青不動」の特別公開ということで、なんと拝観料1000円です(^^;
いやいや・・・タイとかバリ島行った時は、観光客は有料だけれども
確か現地の人は無料だった気がするんだけれど・・・。
日本にもそういうのってないのかしら。
日本人には信仰心があまりないと言えばないかもしれないけど、
全くなしではないと思うんですが。。。仏様を拝むのに、何故結構なお金を払うんでしょうね??
って言っても見たいものは見たいので、払わざるを得ないですけど(^^;

IMG_7156
そんなわけで、中も結構混み合っていました。
60面もある鮮やかな青い蓮の絵の襖の部屋を静かに眺めたかったのですが、
あいにく団体さんががやがやと群がっていまして・・・(_ _)
特に庭園を眺めるのに、団体さんが縁側を陣取ってしまっていたのでゆっくり見れなくて・・
う?ん、私の抱いていた青蓮院のイメージが人がたくさんいるだけで崩れてゆく(苦笑)
実際、部屋の中から庭園の写真を撮ったのだけれども、
どうしても足を投げ出しているおば様方の足が写りこんでしまってダメでした(_ _)うぅ


今回の青不動初公開は、実は過去に3度公開されたことがあるらしいんですが、
ここ青蓮院でのご開帳は、平安時代の創建以来初めてなんだそう。
なんだかわくわくというより、どきどきします(^^)

ちなみに不動明王というのは、怖い顔をしていますが仏様です。
大日如来の化身で、大日如来様を直接拝むのはあまりにも崇高なため登場しました。
(崇高な大日如来様を直接拝んだ方がいいのではないかという気がしないわけでもないですが・・・。)
よく「お不動さん」っていうけれど、やっぱり崇高な如来様を拝むよりも親しみがあるんでしょうね。
そんな不動明王が怖い顔をしているのは、災難や煩悩に揺ぎ無い心(不動心)で立ち向かっているから。
人間の煩悩を焼き尽くして、正しい仏の道へ導くのが不動明王なんです。
ここまでは、仏像好きな私も勉強して知っていましたが、
さすがに色まで意味があるなんて知りませんでした。
青・赤・黄の不動明王があって、その中で青蓮院の青不動は最上位なんだって。
明王院の赤不動、三井寺の黄不動と共に日本三大不動と呼ばれているそうです。


そんな青不動を拝む前に、青不動のお守りとお札のような用紙をもらいました。
その用紙には

一、国家の繁栄
一、皇室の安寧
一、天変地異並びに疫病、事変の沈静
一、私の願い事(           )

と書かれていました。
願い事を書いて、青不動の前の祭壇に奉納してお願い事をしてきました。

その青不動ですが、実際「え?これが青???」と思ったのが本音(^^;
部屋が薄暗いせいもあると思うけれど、青黒いと言うのか、黒いと言うのか・・・。
平安の中期から秘仏として大切に守られてきたといっても、
やっぱり1000年もの長い長い年月を超えて残ってるんだもんね。

大日如来の化身である不動明王を拝むのは、直接大日如来様を拝んでいると同じこと。
「オン バサラ ダルマ キリ ソワカ」
って、祈りの言葉らしいんだけど、これって天台宗の?
よくわからないので、じっと青不動様を見つめてお願い事をしてきました☆

IMG_7217
 青蓮院では金運のお守りを買いました。
 ちっちゃな銭亀です(笑)。
 対になっているので、彼と私の分。
 お財布に入れて持っていようと思います^^

[ 2009/10/24 19:38 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yupresent.blog63.fc2.com/tb.php/1171-71a3e919