FC2ブログ



東福寺

IMG_8979
ゴールデンウィークは京都旅行、またまた京都です。
今月頭に行ってきたばかりなのに(笑)。
でも今回は女一人旅じゃないです、彼も一緒です♪
彼との京都は1年半ぶりくらいで、今回で5度目。
今回は普段一人では味わえない京都を企画してるので楽しみです♪♪(^▽^)

IMG_8988
スタートは彼のリクエスト、東福寺。
実は初めて一人で京都へ行った時に、思い立ってタクシーで東福寺へ行ったんですが、
拝観時間終わってたというエピソードがあったりして(笑)。
私も初めての東福寺です。

まず、目に飛び込んできてたのは緑!新緑です!
東福寺って秋の紅葉でとっても有名だけれど、それがよくわかります。
だってこんなにたくさんのもみじの葉っぱがあるんだもん!!
でもきっとこの新緑も、紅葉に負けず劣らずすごくきれい!
東福寺の入り口、臥雲橋から通天橋をのぞむだけで感動です(笑)。

IMG_8996
東福寺は九条道家が「京で一番大きな寺を」との願いをこめて、
奈良の東大寺の「東」、興福寺の「福」をとって命名されたのだそうです。
歩いてみてると、とっても広大な伽藍であることがわかります。

IMG_9005
本堂と開山堂を結ぶ通天橋。
この眼下に広がる新緑は、本当に息を呑むほど美しいです。

IMG_9017

IMG_9003
橋の下におりてお散歩してみました。
たくさんの木々が生い茂る渓谷、そして風が強いからかはっぱのさわさわという音が
とても心地よくて、この季節に東福寺に来てよかったと思いました。

IMG_9004
ホントに何度も何度も「すごい緑!」と口にしてしまいました。
こんなに緑が綺麗だと思ったのは、初めてだなぁ。。

IMG_9008
重森三玲作の「八相の庭」は奥が深いです。
説明見てなんとなくわかるものの、理解が難しい。
庭園ってよくわからないけれど、小宇宙を作り出すことと何かで読みました。
形あるものにはすべて理由があるんだって。
単純そうで単純でないですね。難しいです。

重森三玲って昭和の方なんですね。
昔からあるお庭と思ったらそうでなく、現代の人が造ったお庭なんだぁ。
庭園は「八相成道」といってお釈迦様の生涯の八つの出来事に因んで名づけられたそうです。

東庭は7つの円柱の石がたち並んでますが、この配置は北斗七星。
夜空が広がるような世界を表現してるそう。

IMG_9022
北庭は苔と敷石で描かれた市松模様。
サツキが咲いていたら綺麗だったろうなぁ、まだちょっと早いみたい。

IMG_9026
南庭は八海といって渦は荒波をあらわし、八方に海を巡らした国土を表現したお庭。
「蓬莱」とか「方丈」とか、よく枯山水で島をあらわしてますよね。

IMG_9031
東福寺は禅寺。
禅宗は日常の全てが修行としているそうで、おトイレも修行なんだって。
それがわかる「東司」、たかがおトイレにも厳しい作法があったとか。

そして、三門は大きく見事でした。
東福寺の三門も「山門」でなく涅槃に達するための三解脱の意味の「三門」ですね。
この後、知恩院の三門を見に行きますが、こちらの三門内部も見てみたい。
特別公開の3月にまた来てみたいです。
あぁ、でもやっぱり紅葉の時期も来てみたいなぁ。
どのお寺も、1回だけの拝観ではすべてが見れないですね。。。
[ 2010/04/29 11:30 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yupresent.blog63.fc2.com/tb.php/1238-91c5f76d