FC2ブログ



貴船神社

IMG_1583.jpg
貴船神社は2回目。
初めて来たのは4年前で、彼と初めての京都旅行で
その時はあんまり歴史に興味がなくって、名所を訪れても「ふ~ん」で終わってしまって、
あまりこれといった印象も残らず終わってたので。。
そういうの多いのよね、1度訪れたことある京都の名所。
だからもう一度、少しでも知識持った上で訪れてみたいなぁって、思ってたんだよね。

貴船は「大地の気の生ずる場所、根元」ということから、
「気性根」と呼ばれる党になったとも言われる場所。

IMG_1588.jpg
貴船神社は鴨川の水源である貴船川沿いに立つ古社。
水をつかさどる神として、平安時代以降は
朝廷・皇室からの格別な崇拝を集めてきたそうです。

三社詣と呼ばれる慣わしがあって、本宮→奥宮→ 恋の道を通って・・→結社
へお参りをして、お願い事をするそうなので、その通りにお参りします☆

IMG_1592.jpg
思ひ川。
平安時代、和泉式部が夫の自分に対する気持ちが冷めてしまったことに悩み、
夫の気持ちを取り戻せるよう、貴船神社に祈願に来たそう。

その際に、この思ひ川に飛ぶ蛍を見て、切ない心情を歌に託して祈願したところ、
願いは叶えられ、夫婦仲を取り戻せたそうです。

IMG_1595.jpg
奥宮です。
どこからともなく、横笛?の音が。
なんだか平安の昔にタイムスリップしたような、不思議な感覚になりました。
気のせいかと思ったのだけれど、やっぱり微かにどこからか聴こえる。

IMG_1596.jpg
こちらは船形石。
まだ聴こえてくる笛の音。
と、駐車場?の人?一人が入れるようなちっちゃなプレハブのような小屋の中で
男の人が横笛を吹いてました!
すてきな時間をありがとうございました(^^)

IMG_1598.jpg
そして最後は結社。
磐長姫命 (いわながひめのみこと) がご神祭。
妹が選ばれて輿入れが叶わなかったことを恥じた磐長姫が、
「自分はここで縁結びの神とナリ、世の人のために良縁をつむごう」と言って、
縁結びの神様になったのだそう。
和泉式部が通い詰めたお社です。

今の彼と結婚できますように(^m^)
[ 2011/09/22 16:23 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yupresent.blog63.fc2.com/tb.php/1537-f9a3b122