FC2ブログ



ルーヴル美術館#4

IMG_5873

最後はリシュリュー翼の3階へ向かおうとすると、彼が「行きたいところがある」とのこと。
ほとんど私が計画立てて、彼がついてくる…
みたいな感じだったんですけど、ちゃんと勉強してきたみたいです(笑)。
しかも、私はほとんど絵画と彫刻のことしか予習しておらず、
彼が私の知らないことを知っていたことに、ちょっと驚き(笑)。

リシュリュー翼の2階にナポレオンの3世の居室があるとのこと。
予定にはなかったけれど、せっかくだし私も興味があるので行ってみることにしました。
写真は、大食堂。もう豪華さに圧巻です。
長い長いテーブルに豪華な椅子、そして大きなシャンデリア。
当時、ナポレオンはどんな思いで食事をしたのかな。
この豪華さに満足していたのか、それともそれが当然だったのか。。。
とにかくすごくすごく豪華絢爛です。

IMG_5876 IMG_5870

IMG_5874 もうお昼を回ってました。
 予定ではルーヴルは午前中で回るつもりでしたが、
 とても広大な美術館、予定通りには行かないです^^;
 まだ3階も鑑賞したいので、
 午後もそのまま鑑賞することに。

 時間も時間だしお腹が空いてきました。
 館内にあるカフェで並んでみましたが・・・
 結構な行列というか、高いですよね(>_<)
 ランチちょっととっただけで、
 2000円くらいはしてしまう・・・。
 諦めて、とりあえずお腹は我慢して
 3階へ向かいました(__).。

 ルーヴルは1日では回れないとは聞いてましたが、
 どんなに広いのか、想像では正直分からなかったです。
 実際回ってみて、ものすごぉく納得。。
 本当に広すぎ!!
 1日というか、1週間以上はかかるんじゃないかな・・・。
 photo

私はあまり美術に関心がなかったというか
(実際オルセーとルーヴル回ってすごく興味深いと思いましたが)
見ても何がいいとかおもしろいとか良く分からないんですよね。
ガイドを聞いて、あぁそうなんだ、すごいなぁと思うくらいで。
とくに宗教画。
聖書のこととか、キリスト教のことをもっと知っていたら、
絵画も彫刻も、もっと興味深く見ることが出来るのに・・・。
なんでもそうですが、知ってて見るのと知らないで見るのは感動の大きさが全然違いますよね。

旅行前の準備では、そこまで勉強が出来ませんでした。
前々からずっと興味があって本屋さん探したこともあるんですけどね。
今後、キリスト教のことについて基本知識くらいは学ぼう!学びたい!
と、解らないなりに一生懸命絵画を理解しようとしながら、強く思ったのでした。

IMG_5883 IMG_5888
IMG_5890 IMG_5886
3階で有名な絵画、どのガイドブックにも載っていたフェルメールの「レースを編む女」。
このあたり・・・と思ってみると、なんとセピア色のレースを編む女が。。
そう、本物はここにはなくコピーの紙が貼ってありました。
よくよく見ると・・・なんと!京都に行ってるじゃないですか。
そう言えば、京都でルーヴル美術館展やるって広告どこかで見た気がする。。
なんでよりによって日本なの??(T-T)うるるる
とても見てみたかった「大工聖ヨセフ」も京都に出張中(ToT)
ちなみに、「いかさま師」も・・・。

けれども、それ以上に興味深い絵画はたくさんたくさんありました。
乳首つかんでる絵画は、絶対目が止まりますよ(笑)。
右側の女性がガブリエル・デストレといって、フランス国王アンリ4世の愛妾。
左側が妹で、姉の乳首をつまんでいます。
どうやら浴槽に入っているようです。
このしぐさは、ガブリエルが国王の子を身ごもったことを示唆しているとか。
そして、奥に見える女性がおそらく生まれてくる子供の産着を縫っているようで、
このことも、アンリ4世の子の誕生を物語ってるそう。
なんのために女性が女性の乳首を掴んでるのかと思いましたが、
絵画にはいろんな意味が隠されていてるんですね。ホントに奥が深い。。

その他、教科書で見た「エプソンの競馬」。
見たことある、ただそれだけで嬉しくなります。
馬が疾走する描写が、非現実的だと批判を浴びたのは私でも知ってますv
IMG_5887IMG_5880IMG_5885
本当にたくさんの絵画や彫刻を見て、
ほっとんど興味がなかった美術というもの奥深さが少し分かったというか、
その奥深さが今の自分の知識では理解できないがために、
もっといろいろ勉強してみたいなと思った、ルーヴル美術館でした。

ルーヴル美術館 photo
[ 2009/08/12 09:13 ] Pari | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yupresent.blog63.fc2.com/tb.php/158-ab30aecd