FC2ブログ



バリ・コピ

キンタマーニ高原を後にし、ティルタ・エンプルへ向かう途中。
ガイドさんがバリ・コピを味わえるところへ連れて行ってくれました。
そこは、田舎道のような何もないところに突然姿を表した感じでした。


入り口にはカカオの木やバナナ等の
フルーツの木が沢山植えてありました。
そこを通り抜けると、バリ・コピを作っているところが。
このコーヒー豆、2時間以上ひたすら混ぜて炒っているそう。



奥では緑が広がるテラスがあって、そこに掛けると
いきなり、4つのグラスが出てきました。
私、そんなに頼んでないのに!?
実はこれ、すべて無料サービスです。
左からココア・ジンジャー・レモングラス・バリ・コピ。
以外にレモングラスがとってもおいしく、
またバリ・コピも深いコクがあって、
ぜったいフレッシュがなくちゃコーヒーが飲めない私でしたが、
このバリ・コピはブラックで飲めちゃいました!!

バリ・コピは、挽いた豆にそのままお湯を注ぎます。
入れてすぐはコーヒーの粉が浮いて口に入るので、
少し時間を置いて、粉が沈んだら飲むバリ独特のコーヒーです。

そうそう、写真左上に箱が置いているのがわかると思いますが、
これは手作りたばこです。
たばこに中に入ってるなんていうのかわからないけど、
わらみたいなものを、紙に巻いて完成です。
私はタバコを吸わないのでわかりませんが、
彼氏はライトだといってました。


目の前に広がる緑も美しくてリラックスできました。

先程飲んだバリ・コピやレモングラス、
アロマオイルなど置いてあるお店もあったので、
私はここで飲んだバリ・コピとレモングラスを買っていきました。
バリ・コピは街で売っているのとは全然味が違うのだそうです。

また、フルーツも置いてあって、
サービスだといってただで食べさせてくれました。
ライチに似た「ランブータン」とスネークフルーツと呼ばれる「サラック」。
ライチ大嫌い、しかも南国系フルーツは一切だめな私でしたが、
食も文化なので、思い切っていただきました。
そしたら意外。
ランブータンはぜんぜんライチと味が違うし、
スネークフルーツは酸味がきいてなかなかおいしくいただけたのです。
やっぱり、食わず嫌いはだめですね☆

[ 2008/01/02 19:25 ] Bari | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yupresent.blog63.fc2.com/tb.php/873-ddb5e9fb